<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

RHUBARB ルバーブ

春先の 真っ赤な forced rhubarb に続き
今は 露地物の ルバーブの最盛期

a0107981_730640.jpg

大きな葉を いっぱいに広げ すくすく育っています
太陽の光を浴びて 太く立派に育った 新鮮そうなルバーブ

a0107981_7303487.jpg







日本ではなかなか手に入らないので うちで育てていたルバーブが
こんなに 手軽にどこでも 買うことができるなんて 嬉しい限り
お店屋さんで 見つけると ついつい 手に取らずにはいられません

a0107981_731028.jpg

これは お友達のお庭で 巨大に育っていた ルバーブ
まるで forced rhubarb のように きれいな色

さてさて どんなお菓子を作りましょう (^^

フキ のような 形からは 想像もつかない
その爽やかな 酸味と香り
日本では タルトやパイ にすることが多かったけれど
せっかくなので 今回は 「イギリス風」に

a0107981_7312742.jpg
「 rhubarb & ginger jam 」
ルバーブと ジンジャー
よく見かけるだけあり
お互いを引き立てあって好相性☆

a0107981_7315587.jpg

「rhubarb sponge pudding」
イギリス人の好きな 蒸して作るプディングの
ルバーブバージョン
レシピを見つけたので ちょっとチャレンジ
「ん~ これは まぁ まぁ かな ^^;」


a0107981_7321685.jpg

そして
「 rhubarb crumble 」
ルバーブデザートの 王道
やっぱり これが 一番 簡単でおいしい ♪

ルバーブの季節も そろそろ終盤
そう思うと またつい 店頭のルバーブに 手が伸びてしまう
今日この頃です。。。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-05-29 08:25 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

コッツウォルズで Afternoon tea

コッツウォルズ には 素敵な 「アフタヌーンティー」 を楽しめるところが 沢山ありますが
今日は 中でも 特に 印象的な 2軒をご紹介☆

まずは 「Barnsley House」
a0107981_7515199.jpg
このホテル なんといっても ガーデンが 素敵です
それもそのはず
ここは チャールズ皇太子の私邸の庭や
エルトンジョンの庭も手がけていたという
イギリスを代表する ガーデンデザイナー
ローズマリー・ヴェアリさんの 作ったお庭

a0107981_7522296.jpg
ちょうど満開だった
「キングサリ」 の小道


a0107981_7524813.jpg











なんとも可愛らしい かかしの立つ ポタジェ(野菜畑)
色とりどりの 小花の咲き乱れる ボーダー
自分が 絵本の中にでも 迷い込んでしまったような錯覚に 陥ります。。。

a0107981_7531474.jpg
そんなガーデンで いただく アフタヌーンティー は
お庭のイメージのように とても 「イギリス的 」
パンが とてもおいしい ボリュームたっぷりな サンドイッチ
ドライフルーツのかたまりのような 「フルーツケーキ」と 「ジンジャーケーキ」
そして 大量の ビスケット・・・
a0107981_7534325.jpg



ここは ガーデンと
サンドイッチ を楽しみに
是非 (^^ 。。。





もう1軒は ケーキや スコーンを楽しみたい人にお勧めの
「Lower Slaughter Monor」a0107981_7542026.jpg

このマナーハウスの アフタヌーンティー
紅茶の種類も 豊富ですが
ケーキが コッツウォルズのアフタヌーンティーの中では
ぴか一☆のおいしさ

a0107981_7545391.jpg
どこにいっても 素朴な
ケーキが 主流の中
ひとつひとつ 手をかけて
作られたケーキが
きれいに 並んでいます

a0107981_7551950.jpg











さてさて 素敵なアフタヌーンティーが出来るところは 数々あれど
お庭や お部屋の雰囲気 のいい所
紅茶や ケーキ・スコーン のおいしい所
どちらも完ぺき☆ というところは そう多くはないので
この どちらも捨てがたい 2大要素

どちらを重視するか 悩むところです。。。
(贅沢な 悩みですが・・・(^^;)





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-05-26 09:16 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

英語でお散歩

先日参加した 「Village discobery Day」
なにかというと
英語の先生の住む 小さなちいさな村を お散歩しながら 英語で学びましょう~という企画

a0107981_3113482.jpg
ふむふむ と説明を 聞きながらの 散策
ふだん いかに何も見ずに
素通りしてしまって いたことか・・・

鍛冶屋さんの屋根を見上げると そこには
風見鶏ならぬ 風見 「馬に蹄鉄をつける人」


a0107981_3124944.jpg


モルトやさん の屋根には 「モルト(麦芽)をすくう人?」

「上を見て歩くと 色々発見があるでしょ」
「かやぶき屋根の てっぺんの模様が みな違うのは
屋根葺き職人の サイン代わり だからとかね・・・」

・・・ふ~む
a0107981_3131597.jpg
「あの 納屋の下の 『マッシュルームストーン』 は
ねずみ返しのためなの 」

・・・なるほど 日本の高床式倉庫 にも
似たようなのが くっついていたっけ・・・

そして 村の教会を 見ているとき
たまたま居合わせた 初老の紳士

村のお勉強(?)を しているというと
「是非 うちにもいらっしゃい」 となんともうれしいご提案
a0107981_319971.jpg

伺ったお宅は 17世紀に建てられたという
「まさにコッツウォルズ」なお屋敷
私が興味を示すのは相変わらず
キッチン&オーブンまわりですが (^^;
こちらでは
暖炉の内側の壁には その昔パンを焼いていたという 「パン焼き炉」 がそのまま残っていたり→

キッチンには
a0107981_319368.jpg

やはり イギリス人の憧れ「AGA(アガ)」 が。。。

こんなオーブンで
「不恰好でもおいしければいいのよ~」 的な
ケーキを焼く 老後もいいかも・・・と

見ず知らずの日本人を 親切に招き入れてくれた
ご夫婦にお礼を 言いながら
お宅を 後にしたのでした。。。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-05-22 03:55 | イギリスで学ぶ | Comments(0)

これは なに ?



a0107981_3132379.jpg
肌色をした 謎の物体
What is this ?

正解は ラストに(^^




いつも 不便に思うのは 「ごみ回収サイクル」
びん缶・紙などの リサイクル系の 週1回収 はいいとして
生ごみが2週に1回のみ!
いくらイギリスが涼しいとはいえ それはちょっと….

車輪のついた大きなゴミ箱 を回収の日に
自分の家の前に 出しておくだけなので それは楽なのですが
2週に1度の その日に 用事があって 出せなかったら 生ごみ1ヶ月放置状態~?!
腐らない びん缶のほうが 2週に1回でもいいのに.. と 私なんかは思うのですが
イギリス人に言わせれば それは どうもNO らしいです


a0107981_3144553.jpg
なぜかというと スーパーに積み重なる
びん詰め 缶詰め類の 多さを見れば一目瞭然
日本なら レトルト(袋入り)にしたり
それは 「びんや 缶詰めにはしないでしょう~」
的なものまで
全部缶詰にしてしまうから
1週間で 大量なびん缶 がでるのは当然 と言えば当然
スーパーの棚を 見るに
イギリス3大缶詰は
「ベイクドビーンズ」 「マッシュピー」 「パスタ缶」

a0107981_3151941.jpg

言い換えれると
「オレンジ色の 味のうす~い豆煮缶」
「塩味のグリンピースの 半つぶし缶」
「トマト味の パスタ缶」
(保形しているのが不思議なほど ぶよぶよの
ロングパスタか 小さな丸い輪っか型が 多い)
とにかく 食材で 缶詰めになっていないものはあるの?
と 思うほどの バリエーション

ところで 最初の写真の 正解は・・・

この前 思わず買ってしまった 「たらこ缶」☆
コンビーフのように くるくる缶を開けると ....
そこには ぎっしり詰まった 「たらこの 円柱」 ...
ラベルの説明には
「輪切りにして パン粉をつけて フライにどうぞ~」 と書いてあります(^^;
たらこフライ・・・

・・・・・食べられなくはないです・・・ でも1 回でいいかな ^^;
というか これがたらこである必要は まったくない★ という お味です
ご興味のある方は 一度 ぜひチャレンジを 037.gif




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-05-20 03:39 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

春になると 出現するもの

ここ数週間 車を走らせていると
突如 「 蛍光黄色の海 」 に 突入することがあります

a0107981_2324830.jpg



どんなに遠くまで見てみても
ひたすら 見渡す限りの 菜の花畑


a0107981_23233319.jpg


ある場所では
逆サイドを見たら これまたまっ黄色
「タンポポじゅうたん」でした・・・


a0107981_2324381.jpg

黄色の服を着て 飛び込んだら 楽しそう..



a0107981_2325381.jpg
そして
春になると 出現するのは
「菜の花畑」 だけではないようです

オープンで走れる季節を 待ちわびたように
へんてこりんな車が でるわでるわ...

a0107981_23253443.jpg




ついでに へんてこりんな車 関連で....

これまた 突如出現する 移動遊園地
これの 「メリーゴーラウンド」が...


a0107981_2326323.jpg

見つけるたびに 覗くのですが
大抵 回っている この 「くちびるカー」

イギリス人のセンスが 分かりません~







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-05-18 00:14 | イギリス散歩 | Comments(0)

Scones Scones Scones...

「 スコーン 」
基本の レシピが シンプルな分
作り手の 好みや 雰囲気がでていて 面白いなぁといつも思います

a0107981_043291.jpga0107981_0572178.jpga0107981_0451014.jpg










a0107981_0453679.jpga0107981_0544391.jpg







a0107981_047479.jpga0107981_0481373.jpga0107981_049668.jpg










キレイに 積み重ねられていたり
ドサドサっと かごに 入れられていたり・・・
売り手のセンス(お店の雰囲気)もでやすいし


食べ方にも 本当に人柄がでていて面白い (^^
親指くらいのかけらに その倍くらいの クリームをのせて
しあわせそうに 口に放り込むイギリス人
バターとジャムを 間に挟んで サンドイッチみたいに かぶりついているおじ様(?)とか


先日 マーケットで見つけて うれしかったのは
クレソン屋さん が売っていた
「クレソン&チーズ&カイエンペパー」 のスコーン

甘いものも しょっぱいもの もあって
昔から親しまれていて 子供から おばあちゃんまで大好きで
3時の お茶のお供で
しっかり腹持ちがいいので 軽食的な感もある
日本の 「おだんご」 みたいかな・・・(ちょっと ちがう??)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-05-15 01:00 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(4)

Hampton Court Palace sanpo

ロンドンから 南西に下ったところに
ハンプトンコートパレス」 という 豪華な 宮殿があります

a0107981_22231095.jpg

ここは 色々な意味で 有名な ヘンリー8世
(在位1509~1547年)が 暮らした宮廷
当時がしのばれる 豪華な宮殿の中
当の ヘンリー8世も!歩いています↓

a0107981_22591542.jpg




しかも 相当 似ています...

この パレス 内部も 立派ですが
建物を取り囲む ガーデンも 立派☆


a0107981_2226421.jpg
その広大な 庭園と 建物を
ゆっくり見ていると
ほぼ 丸1日かかります
しかも 例のごとく カフェで
スコーンやケーキで ひと休み。。。
などと しているから なおのこと

a0107981_22271073.jpg
さて
今回 ここに来た 一番の目的は
「チューダーキッチン」 と呼ばれる 当時のキッチン
現在 見ることができる 16世紀の厨房としては
ヨーロッパ1 の規模を誇るそう


a0107981_22275939.jpg




どんなに立派な 宮殿やお城でも
いつも一番気になるのはキッチン

絢爛豪華な 寝室や居間での 暮らしぶりよりも
そこで 忙しそうに せっせと 食事を作る様子が 身近に想像できるから
見ていて楽しい のかもしれません
このオーブンで どんな ケーキやパンを どうやって 焼いていたんだろう.. と

a0107981_22272843.jpg
ヘンリー8世は 美食家で知られた 王様
生きた魚を放しておく池や
食肉解体用の 部屋
ワインセラーに 大きな炉
かなりの充実度

このキッチンを見るため だけでも
お料理好きの人は 訪れる価値 ありです (^^




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-05-12 23:16 | イギリスイベント | Comments(4)

bluebell

「 ブルーベル のきれいな頃だよ。。。 」

のんびり 草を食む 羊や 牛を 横目に
家から 車を走らせること 約30分
着いた所は 静かな林の中....

咲いていました 「ブルーベル」
その名のとおり 小さな 紫色のベル型 のお花

a0107981_5103449.jpg



ひとつひとつは 派手な花ではないけれど
一面に広がる様は まさに 紫色のカーペット


a0107981_5173033.jpg



.... 本当に 見渡すかぎりの ブルーベル...




a0107981_515676.jpg



この日は イギリス特有の ぐずついた曇り空
そこに 新緑の間から 陽が 一瞬 差し込んできました...

.... 息をのむ 光景です



a0107981_5115085.jpg


息をのんだ後 は
思わず ため息 です・・・





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-05-10 05:37 | イギリスの花 | Comments(0)

Typical English Food

イギリスにおける 「パブ」の存在は
日本で言うところの ・・・・
・・・う~ん ぴったり当てはまる ものが無いかも・・・

社交場であり お酒を飲めるところであり
食事や お茶 をする所
だから 大人だけでなく 子供も 大抵OK

そして パブに行けば 「THE イギリス」 な食事に巡りあえます
というか そういうメニュー しかない という方が 正解かも・・・

今日はそんな 「Typical English Food 」 をご紹介

a0107981_6224427.jpga0107981_6231896.jpga0107981_6241137.jpg










a0107981_6261251.jpga0107981_624344.jpg







a0107981_6263874.jpga0107981_6273340.jpga0107981_6275722.jpg










1.2.3.
4.5.
6.7.8.


1. 「ラザニア」・・・ イギリス人は ラザニア大好き☆
そしてパスタは スプーンで 切って 食べている人がいるほどヤワヤワ(^^;
2. 「フィッシュケーキ」・・・お魚入りコロッケ
よく スイートチリソース が添えられています 結構おいしい ♪
3. 「フィッシュケーキ 2」・・・まん丸バージョンも
これは珍しく おしゃれな感じです
4. 「フィッシュ&チップス」!・・・ 何は無くても これだけはあります
イギリス人のソウルフード?
5. 「ビーフ&エールパイ」・・・牛肉のビール煮のパイ包み焼き
こちらの人は何でも パイに包んで焼くのが大好き
6. 「ローストビーフ&ヨークシャープディング」・・・イギリス料理といえば これ!
日曜日のパブメニューは「サンデーロースト」 といって どこにいっても こればかり・・・
7. 「ジャケットポテト with ベイクドビーンズ」・・・巨大じゃが芋をオーブンで焼いたもの
トッピングはお好みで (でも ベイクドビーンズは お勧めしません・・・)
8. 「ジャケットポテト with マッシュルーム」・・・トッピングの定番はチーズですが
たまには マッシュルームや 海老のマヨネーズ和え もなかなか

この他にも 色々ありますが
ご覧になって お分かりになるように
どの料理にも もういいよ というほど 添えられてくるのが
chips (フライドポテト) と pea (グリンピース)
じゃが芋は パンと並んで いえ パン以上に イギリスの 主食

これでもかというくらいの チップス(フライドポテト)に
これでもかというくらいの モルトビネガー(香りの強い穀物酢)を かけて
おいしそうに食べている 我が家の旦那様は
味覚だけは もう立派な イギリス人です(^^;




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-05-07 07:12 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

RYEでのさがしもの

日本のようなゴールデンウィークはないけれど
イギリスは 昨日の月曜日がお休みだったので3連休
いつもよりは足を伸ばして ロンドンの南東にある 「RYE」という町に遠足へ

a0107981_0561669.jpg
「RYE」 は 中世の面影を残す 小さな町
女の子が好きそうな アンティークショップや
ティールームがたくさんあって
日本人に とても人気がある というのも納得

今回 「ライ」 に来た 一番の理由は
ずっと前から 気に入って使っている
マグカップ の仲間を 探すこと

a0107981_0563993.jpg

買い足したくて 日本でずっと探していたけれど
見つからずじまい・・・
底には 「Rye Potery in England 」の文字がある
そのマグカップ
ここに来れば きっと見つかるはず・・・
a0107981_121151.jpg
ライは 陶器も有名なので 陶器屋さんもちらほら

そして 大変なことに
ティールームは ちらほらどころか そこかしこに

ライに来た 第2の目的は ティールームめぐり
どこにしようか迷いながら入ったのは
ライで 一番古いという ティールーム

a0107981_181276.jpg

昔ながらの定番お菓子がずらり・・・
目移りしてしまいますが
今回は 「ホット ブラックベリー&アップルパイ」
イギリスの パイや タルトの多くは
パイと タルト の中間のような 「ショートクラストペストリー」
がベース になっており こちらもそう
↓ 意見の分かれるところですが a0107981_185947.jpg
私は好きです


半日もいれば すっかり見終わってしまうかしら
と思っていたけれど
あっちの道も~こっちの道も~と歩き回っていたら
気づくと夕方
・・・もちろんこの間 ランチの他に もう1軒ティールームで
しっかり休んで(栄養補給して) いますが...


この町の特徴の
まるで 健康サンダルを履いて 歩いているような 感触の
小石を敷き詰めた細い道
たくさん歩いたけれど
結局 捜し求めていた カップには巡り合えず...
これは
「もう1度 いらっしゃい」 ってことかしら と勝手に 解釈056.gif

034.gifRye にいかれる場合は 健康サンダル道が とっても歩きづらいので
スニーカーを お勧めします


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-05-06 01:54 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧