<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

pancake day

昨日はShrove Tuesday
別名 「Pancake Day(パンケーキの日)」

スーパーでは パンケーキミックス やフライパン
もうすでに焼きあがっている パンケーキ などが山積みに
このパンケーキデイ は毎年きまって イースターから数えて47日前の火曜日
イギリスでは昔 レントの期間中は
肉類や卵 ・乳製品などを 口にすることが禁じられていたので
その前日 家にある全ての卵や乳製品を パンケーキにして使い切っていたことから
はじまったというこの風習
今は 基本的には 「パンケーキを楽しむ日」 のようです(^^)

a0107981_23334674.jpgこの日は
パンケーキレースなるものもあります
一番有名なのは
1445年!から続いているというOlney
という町のパンケーキレース
みなエプロン姿で
パンケーキ入りのフライパン片手に疾走 !

我が家も楽しい習慣だけは しっかり乗っかり
パンケーキの夕食(^^

イギリスのパンケーキは
いわゆる日本でいう ホットケーキ風のものではなく うすいクレープ状のもの
a0107981_23354210.jpg
一番トラディッショナル(?)な食べ方は
シンプルにお砂糖とレモンを絞っての食べ方 →
最近はチョコレートソースやフルーツ
クリームなどを のせたり
お食事系に チーズやハム・ クリームソースなどで食べたり
その食べ方はさまざまなよう


a0107981_23361838.jpg

薄いので何枚でも食べれてしまいそうなこのパンケーキ

でも イギリスでも 薄いのが好き☆ というところ
ばかりではないようです

・・・マンチェスター近郊の Rochdale という町で作られたパンケーキは
なんと直径15m 重さはなんと3トン!!
もちろん世界1☆
いったいどうやってひっくり返したのでしょう??
[PR]
by lesgalettes | 2009-02-25 23:57 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

pie funnel

先日 お散歩の帰り道
個人のお庭の中で
かわいらしい スノードロップ の鉢植え や
小さく くくられた花束が 売られていました

その中の 水仙は まだまだ固いつぼみで
ゴムで無造作に 束ねられたその姿は まるで 「花ニラ」 のよう・・・
「本当に咲くの?」 という感じでしたが
そのおうちの方 いわく
「花瓶に ほんの少しのシュガーと ビネガーをいれるといいわよ」・・・
半信半疑で 一応 言われたとおりにしてみると
あらあら みるみるうちに
a0107981_18371090.jpg
花ニラが美しく変身しました(@@

そして その時 あまりにも繊細で
枯れてしまうのが もったいなくて 買えなかった
「スノードロップの鉢植え」

シュガーで 作ってみました。。。↓
a0107981_18174556.jpg
これなら 絶対枯れないから 大丈夫 (^^
多少のいびつは 目をつぶることに ・・・

この スノードロップを 挿しているのは 「pie funnel(パイファネル)」というもの
パイの中央に これを 刺し込んで 焼くと 上の穴から蒸気が 逃げてくれるので
パイが破けずに こんがり焼けるという
イギリスに昔からあるキッチン道具
a0107981_18181492.jpg
このような煙突型のほかにも
黒い鳥の形をした 「パイバード」 と呼ばれるものも 一般的ですが
珍しいところでは 人の形や 象さん型 など
アンティークの パイファネルの コレクターにはたまらないものも

でも実際 人の形のパイファネルが パイにぐさっと 刺さっていたら
いくらパイが おいしそうに焼けていても
ちょっと微妙かも~(^^;
[PR]
by lesgalettes | 2009-02-22 18:47 | 日常 | Comments(0)

Fairy cake

ここ数年 日本で人気の カラフルな カップケーキ
ここ イギリスでも大人気☆

アメリカ発祥 なのかと思いきや
実は イギリスでは 「フェアリーケーキ」 というラブリーな名前で 昔から親しまれているそう

カラフルなバタークリームや チョコレートなどでデコレーションされた
フェアリーケーキたちは
その Fairy (妖精) という名前の通り
この上なく ガーリーな デザインのものから
おもちゃ箱から飛び出したような あまりにも カラフルすぎる
「これって本当に食べ物??」 というようなものまで
バリエーション豊富

近頃は 子供たちのバースデーパーティーのケーキにとどまらず、
カップケーキをタワーのように積み上げてウエディングケーキにする人も
中には目を見張るような 芸術作品のようなものまであります。。。

a0107981_3445294.jpg


a0107981_3441877.jpg

せっかく 本場にいるのだからと
先日 「フェアリーケーキ」 のクラスに参加してきました^^
講師のSara はちょっとはにかんだ感じで 話す とってもキュートな女性
a0107981_3591492.jpg
↑エプロンも 彼女のデザインの カップケーキ柄

まずは 数人に分かれて
あ~でもない こ~じゃない?などと わいわい楽しく
いろいろな種類のカップケーキを焼きます
a0107981_3473099.jpg
↑カップケーキ自体にも 色を入れちゃいます・・・^^;
その名も 「red velvet(レッドベルベット)」・・・

そして メイン お楽しみの 「デコーレーションタイム」 ♪
「あなたのすごく可愛いわね~私のへ~ん」 などと騒ぎながら
気分は もうすっかり子供です
a0107981_348489.jpg

普段は どぎつい色のケーキには 目もくれないくせに
たまにはこんなラブリーなケーキも夢があっていいかも☆ と
すっかりイギリスナイズ?された 楽しい1日でした
[PR]
by lesgalettes | 2009-02-19 04:14 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

snowdrop

イギリスに 春の訪れを 真っ先に告げるお花
「スノードロップ」

週末 「Rococo Garden 」 へ行ってみると
先日の 雪にもまけず
その小さな 可憐な花は そこにいました
a0107981_0453681.jpg

日本では「待雪草」 の名で 知られている 「スノードロップ」
そのちょっと 神秘的な姿のせいか いろいろな 言い伝えが あります
a0107981_0461383.jpg

「エデンの園から追放された アダムとイブが 雪の中を 彷徨っていると
悲しむイブを 慰めるために 天使が 雪に息を吹きかけ
それが 地面に落ち 春の兆しを告げる スノードロップ となった・・・」

「雪には はじめ 色が無かった
そこで 雪は 花々に 色を分けてくれるよう 頼んだが
どの花にも断られ 唯一 スノードロップだけが その色を分けてくれた
そこで 雪は 春真っ先に咲く 栄誉をスノードロップ に与えた・・・」 などなど

a0107981_0463714.jpg

スノードロップの花言葉は
「希望」 「なぐさめ」

昔から 人々は
この小さな 純白の花を 見つけたとき
「長くて厳しかった冬から ようやく抜け出せるわ~♪ 」と
ウキウキ したのに 違いありません

雪解けでどろどろのガーデンを 長靴で歩く人たちも みな
ニコニコ 嬉しそうに 眺めていました (^^
[PR]
by lesgalettes | 2009-02-17 01:27 | イギリスの花 | Comments(0)

St Valentine's Day

気づくともう 2月も半ば 明日は バレンタインデー
今年の日本では どこのチョコレートに 長蛇の列が出来ているのでしょう?

a0107981_19305473.jpg
イギリスの バレンタインデーは
男性から女性にプレゼントを贈る日
お花やカードを 贈るのが 基本のようですが
近頃は どこの国も 一緒で 商売上手
お店は まっ赤や ピンクの ハートグッズ で溢れ
レストランはどこもかしこも
「バレンタインディナーの予約はお早めに!」
の宣伝でいっぱい
まぁ 男性から女性へのプレゼントなら
いくらでも 商売上手になってもらって 結構ですが ^^
a0107981_19321432.jpg

もちろん チョコレートをプレゼントする人も
そして この チョコレートを贈る習慣
実はイギリスが発祥だとか・・・

イギリスのスーパーのお菓子売り場の棚を
紫色に埋め尽くす Cadbury(キャドバリー)社
ここが 1868年に きれいなバレンタイン用の
チョコレートボックス を販売したのが始まりとか・・・


イギリス人のチョコレート好きも この頃から始まっているのかも
a0107981_19334318.jpg
なんとイギリスは チョコレート消費量世界1!
一人当たり 年間16kg!も食べているそう。。。
アメリカの10kg ・フランスの9kg
を はるかに上回る その数字

スーパーのカートにキャドバリーの大きなチョコレート缶を
何個も何個も うれしそうに 積み上げている姿 を見れば
まぁ 納得はできますが ・・・(^^;
[PR]
by lesgalettes | 2009-02-13 19:42 | 日常 | Comments(0)

Juri's Tea room

雪積もる中 ぴかぴか凍る丘 をこわごわ越えて
ウィンチカム という小さな村 へ行ってきました

目的は 「Juri's」 という ティールーム

近頃 日本でも有名なので
ご存知の方も 多いかと思いますが
ここは 日本人のファミリーが経営する ティールーム
a0107981_0501458.jpg
そして
数多ある 本場のティールーム をおさえて
2008年の 「UKトップティープレイス」
に輝いた お店
a0107981_0505125.jpg


今では 日本からの コッツウォルズを巡るツアーでも
ここに立ち寄るそう

そして イギリスに住む 日本人の間では
日本風のショートケーキ が食べられる
貴重なお店として 有名☆

a0107981_0511355.jpg
いつもは すぐに 売切れてしまうという ショートケーキと
クリームティーを オーダー ^^

スコーンはいつも 作り手がすごく表れるお菓子だな
と 思うのですが
ここのものも
作られている 樹里さんのように
ふんわり優しいタイプの スコーン です


雪の中来る 物好きは さすがに私達だけのようで
暖炉のそばに ぴたっと張り付き
貸切り状態でのんびり過ごすことが出来ました♪
[PR]
by lesgalettes | 2009-02-11 01:31 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(2)

まだまだ雪..

しかし 降りました・・・・
18年ぶりの 大雪だそうです

a0107981_184245100.jpg
まるで 樹氷のようになってしまった 林 ・・・
普段は 緑色のコッツウォルズ も
すっかり モノトーンの世界 です

a0107981_18431184.jpg


ですが
この 久しぶりの大雪に みな おとなしく
家に缶詰になっているかといえば
答えは 「NO」
a0107981_18432910.jpg
コッツウオルズ特有の 「丘陵地帯」と雪
とくれば
そう 「そり」☆ です
学校も 先週後半から 雪のためにお休み
だった子供たちは
パワー 全開☆ 最高に楽しそう^^

a0107981_1844651.jpg

しかし・・・
「普段は 雪なんて ほとんど降らないのよ~」
と みな言っているわりには
しっかり そりは持っているんですよね~
不思議です...

a0107981_1844277.jpg
この 公園の牛さんたちは みな 毛が長くて暖かそう~
中には こんな 巻き毛の子も
牛も人間も 柵 なしで一緒の空間ですが
それぞれ 勝手なことをしています

a0107981_1965238.jpg

この牛さん なんて
雪に 光が反射して
雪と同化 しちゃっています^^;
→→


寒い冬も あと少し
負けずに楽しく 過ごしましょう^^
[PR]
by lesgalettes | 2009-02-08 19:16 | 日常 | Comments(0)

春よ早く来~い

日本では 雪の積もった朝は
外が雪で光っているので
「今日は いつもより 外が明るいな~」 という感覚で目を覚ましていたのですが

ここでは 大分日が長くなってきたとはいえ
日の出は まだ 7時40分・・・
真っ暗な中 オレンジ色の街灯に 照らされた外を覗いてみると・・・
・・・今日は 派手に 雪が積もっていました・・・
今日は カレッジに行くのも ギブアップ
バスで行くほどの根性もないので・・・
引きこもり 確定です
a0107981_21342086.jpg

予定外に時間が出来たので ブログアップです ^^
とりあえず 昨日のアフタヌーンティーの 写真でも・・・
a0107981_21345072.jpg
アフタヌーンティー
といっても おうちで

ひたすら 紅茶を飲み
ひたすら 食べ
ひたすら おしゃべり
を楽しんだ
ということですが ^^;



こう 暗いお天気が続くと さすがに 春が待ち遠しくなってきました

「早く 春よ来~い」 と願いをこめて
今年も ヒヤシンスを お部屋に・・・

a0107981_21521163.jpg
ですが イギリスのおうちは
どの部屋も セントラルヒーティングなので
とても ぽかぽか

やっと 芽が出たばかりのようなヒヤシンスを買ってきても
あっという間に ぐんぐん伸びて・・・
a0107981_21333864.jpg


部屋中 酔いそうなほどの
ヒヤシンスの香り・・・

今年2個目のヒヤシンスも
またあっという間に 満開




この週末
お天気が良ければ
スノードロップの お花畑でも 見に行こうかと思っていたのですが
この雪では きっと もうしばらく おあづけ ・・・
「 春よ早く来~い 」
[PR]
by lesgalettes | 2009-02-05 22:12 | 日常 | Comments(0)

大雪・・・


日本では 火山が 噴火しているようですが
ロンドンでは 10年に1度の 大雪
ヒースロー空港も
バスも 地下鉄も ストップしているところが多く 大混乱

私が 住んでいる辺りも ロンドンほどではありませんが
だいぶ 積もってきました

a0107981_2135595.jpg
← お庭の 裸ん坊君も 寒そうです

ふだんあまり 降らないので 冬タイヤの用意もなし
だから 恐る恐るの 運転です
晴れの日でも 十分こわごわ運転なのに・・・

冬の間頑張っていた パンジーも 凍っています(><) ↓


a0107981_224738.jpg


こんな日は
おうちで 温かい甘いものを 食べるのが一番
今日は不精して スーパーで買ってきた
「sticky toffee pudding」
レンジで温めて お皿にひっくり返したら もう出来上がり

a0107981_22241.jpg
幸せなことに イギリスは 「プディング」 を筆頭に
温かいデザート の宝庫☆

「プディング」 は蒸して作る イギリス独特の デザート
その種類は 星の数ほど 存在します
そしてスーパーのデザート売り場の棚は
プディング でいっぱい(^^

a0107981_233240.jpg


これは
「rice pudding 」 「strawberry sponge pudding」
の缶詰
温めたプディングに
これまた 温かいカスタードソース を
海のように なみなみと 添えていただくのが
イギリスの 冬のデザートの定番です ☆

イギリスにいる間に 全制覇できるのか
ちょっと心配な程 種類がある
この「プディング」たち
なかなか 奥深いので
おいおい ご紹介していきたいと思っています(^^
[PR]
by lesgalettes | 2009-02-03 02:21 | 日常 | Comments(2)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

フォロー中のブログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧