カテゴリ:アフタヌーンティー&ティー( 170 )

ホームメイド クロテッドクリーム

子供の頃好きな絵本に 「おいしいおにぎりをたべるには」 というのがありました
主人公はおにぎりを食べたいおおかみ
お話しは おおかみが春に田んぼで稲を育てるところからスタート
雨の日も風の日も 稲の世話をして 秋にようやく実った稲穂
脱穀してご飯を炊いて~ようやく食べることができた白いおにぎり
おにぎりって なんておいしいんだろう!! ~というもの

ある日クロテッドクリームを作り始めて思い出しました
美味しいものを食べるには時間がかかるのよね と思ったから
おおかみと違って 牛を育てて牛乳を絞るところから始まるわけでもなく
暖かい部屋で
たかがオーブンで12時間 + たかが冷蔵庫で12時間 待つだけなのだけれど(笑)

a0107981_10205097.jpg

表面積が大きい陶器の器に生クリームを入れて
85度くらいのオーブンに入れること 12時間
そして粗熱が取れたら そ~っと冷蔵庫に移動して さらに12時間
固まったクロテッドクリームを 掬い取れば完成☆
以前ブログに書いた湯煎で作る方法もあるけれど
こちらのほうがロスが少なく クロテッドクリームが沢山できるよう
a0107981_1021147.jpg

1 リットルの生クリームのうち 7割くらいクロテッドになりましたから
なかなかの取れ高です
翌日が週末だったので 次の日まで我慢しよう~と思ったけれど
あ~無理でした(笑)
誘惑に勝てず ひとりクリームティー

a0107981_1021897.jpg

黄色のパリパリのクラストの下は しっとりなめらかなクリーム
どこまでもミルキーでくどくなく 優しい甘さのクロテッドクリームは
これで太るなら それも本望と思える美味しさ(笑)

a0107981_1021169.jpg


出来立てミルキーなクロテッドクリームを スコーンにアイスクリームのようにてんこ盛りにして
食べた~い!
という欲求に負けて 面倒くさがりのわたしがクロテッドクリームを作るのは
1年に1度くらい?
ありがたいことに近頃はスーパーで手軽に買えてしまいますから

a0107981_10212437.jpg

この日ふとたまには作ろうかな思い立ったのは
レッスンの後片付けが終わって落ち着いた午後2時半頃
おかげでオーブンから取り出せたのは 夜中
次はもっと早くに始めようと 固く誓ったのでした

海外のオーブンのように ず~っと付けっぱなしにできるのならいいのだけれど
うちのオーブンは何故か 90分で勝手にきれてしまうので
またスイッチオン しなければいけないのです
安全なのはいいけれど
こういう時はちょっと面倒、、、
a0107981_10214245.jpg


とにもかくにも無事 上等なクロテッドクリームが大量にできたのでした~
そしてひたすら連日のクリームティー三昧・・・
朝ごはんとランチとおやつは ほぼほぼ毎日スコーン&クロテッド(^^;)
夕食後のデザートもクリームティー(笑)

a0107981_10213236.jpg

メイド in 宇都宮のクロテッドクリーム
この頃ちょうどレッスンだった人たちには 消費に一役かってもらい~
クロテッドクリーム好きの人ならラッキー ^^

a0107981_10215098.jpg


今回のクロテッド作りは我ながら上出来☆
クロテッドクリーム消費量では 日本人男性だけなら10本の指に入ると豪語する我が家の旦那さまからも
「美味しい~!」 のお褒めの言葉
ほんとうに美味しかったけれど
久々に 血中クロテッド濃度マックスに至った気がします(笑)
先日 病院にコレステロールの薬をもらいに行きながら
先生に 「あれ 今日は採血しないの?」
「来月にしておきます」(^^;)


そうそう ちょっとマニアックなイギリス菓子話し「イギリスおかし百科」
本場コーンウォールやデヴォンの美味しいクロテッドクリームの食べ方について書いているので
こちらもどうぞ



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-02-08 08:55 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

宿と朝ごはん

こちらのB&Bもまた 住宅としてはこの街一番の古さを誇るお宅
なんとオリジナルは1584年の建築物
a0107981_14553849.jpg

そして表からは想像のつかないインテリアに
今回もまたワクワクしてしまいます
こちらはご主人が大のアンティーク陶器好き
東洋柄が美しいティーボールなどがそこかしこに飾られています
a0107981_22162122.jpg

真っ赤に塗られた階段の両サイドや 各部屋の壁にもアンティークの陶器がたくさん
それにしても 築1584年とのプレートがかけられた外観からは
まさか室内がこんな鮮やかに飾られているとは思いませんよね、、

a0107981_22163035.jpg

ダイニングスペースは 白黒タイル&古~いオーブン
あ~わたしの夢のダイニングです(笑)
a0107981_22163925.jpg

朝食も完璧
落ち着いた食器にシルバーのカトラリー
フレッシュなフルーツに手作りのジャム
a0107981_22164920.jpg

AGAで調理されるヨークシャーブレックファストに
この旅一番の美味しいスモークサーモン&スクランブルエッグ
a0107981_22165832.jpg

写真で見る限りは どこも同じゃないの?と思われるでしょう
でもこれが違うんです
完璧な硬さのスクランブルエッグに しっとりのサーモン
a0107981_2217748.jpg

あんまり美味しいので 思わず何故?って聞いたら
そりゃ~サーモンはスライスしたてだし(ふつうはスライスされたものを買ってきます)
ずっとシェフをしていたからねって
a0107981_22171447.jpg

聞くとなんと 日本の有名ホテルでシェフをしていたことも、、、
なんとまぁ どおりで卵の味加減も火入れも完璧なはずです
a0107981_22172261.jpg

しかもわたしが 日本でイギリスのお菓子を作っているんだよ と言ったら
うちのお菓子食べた??~ ちょっと待ててと
出際に ケーキを沢山タッパーに詰めて持たせてくれました(^^)
a0107981_22173099.jpg


フルーツケーキにパーキン
レモンドリズルケーキにフラップジャック
その日の午後 アンティークフェアで1日中歩き回って疲れた後
紅茶と一緒にお外で食べたら
この旅中 どこのティールームで食べたお菓子より どれも本当に美味しくて
疲れも一気に吹き飛びました ^^

いい人 いい味 いい景色
旅ってやっぱり止められません
~って
まるで〆のようなセリフですが もうちょっとだけ続きます



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-01-21 14:56 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(2)

tea place in UK

見慣れた景色の広がるコッツウォルズに戻り
ここは安心してお茶を楽しめる
Lucknam park hotel

a0107981_16365992.jpg

雨に濡れ しっとりとしたお屋敷とガーデン
5エーカーもあるという広々としたガーデンは
お茶の前に散歩してもよし お茶の後の腹ごなしにそぞろ歩いてもよし、、
ちなみにこのウォールガーデンは1830年ごろまで遡れるそうです

a0107981_1637104.jpg


天井の高い明るいお部屋でいただくアフタヌーンティー
以前はアフタヌーンティーに来ても
軽くお茶か せいぜいクリームティーをしている人がいるくらいで
わたしたちのところに運ばれてくるアフタヌーンティースタンドを見て
「あら豪華ね~」 なんて目配せされるくらいだったのに
a0107981_16373436.jpg

今は Reserved の札と
アフタヌーンティーを楽しむお客さんでほぼ満席状態

a0107981_16374344.jpg


アフタヌーンティーブームがなお続いているイギリス
美味しい所はみな知っています
特に週末の予約はお早めに、、、
a0107981_16375077.jpg

カントリーサイドですが ここのアフタヌーンティーは
お菓子もお茶もとても美味しく
サービスもスマート
a0107981_16375991.jpg


都会のアフタヌーンティーのように時間制限など無論なく
心ゆくまでのんびり☆

贅沢し過ぎてバチが当たるんじゃないかと思うくらい
神さまお許しを~





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-01-12 15:45 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(2)

tea place in UK

イギリスのお茶処シリーズ
今日ご紹介するのはイングランド北部
世界遺産にも指定されている大聖堂とダラム城で有名な街 Durhamと
Newcastle の間くらいの場所
Beamish museum を歩き回ってきっとクタクタになるにちがいない~と
お茶処に選んでおいたそこは
ビーミッシュのすぐ近くにあるLumely castle

a0107981_1632147.jpg

今はホテルとなっていますが 元々は築600年の領主の居城
堅固な石造りのそれはなかなかの迫力
a0107981_16322558.jpg

ワインのカーブさながら陽の光の入らないフロントで
「アフタヌーンティー予約しているのですが〜」
a0107981_1632335.jpg

ほぼ貸切状態 かつスタッフの人も少ないため
贅沢ながら 妙にリラックス…
そして程なく運ばれてきたアフタヌーンティーのスタンド

a0107981_16324215.jpg

紅茶も含め ロンドンの洗練されたそれとは違いますが
素朴な田舎のアフタヌーンティーの方に惹かれる私としては
正直 これで充分
だって15ポンド以下でこの空間と雰囲気を心行くまで満喫できるのですから
a0107981_16325148.jpg


ある意味こちらの方が贅沢なくらいです

a0107981_1633056.jpg

ビーミッシュで歩き疲れた足も休まり
お腹も大満足

さぁ 明日はどんなお茶処に出逢えるのか
*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*


にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-01-10 08:31 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(4)

tea place in UK

ピークディストリクトから来ると
あ~街にやって来た~と思えるここは Lincoln
威容を誇るお城や大聖堂が相当有名ですが
a0107981_16293019.jpg

わたしにとっては
ティールームが妙に多い町☆ というイメージ(笑)
チェーンのカフェなどに押されぎみで
意外とどこにでもあるというわけではないティールーム
こんなにどこに入ろうか迷うほどあるのは結構貴重だったりします
a0107981_16294310.jpg

どこに行ってもスコーンははずせませんが
その地方地方のお菓子ももちろんはずせず
ここで選んだのは リンカーンシャープラムブレッドのチーズ添え
a0107981_16295449.jpg

ブレッドというだけあって ドライフルーツたっぷりのイースト生地
それにひとかたまりのチーズとバターが添えられます
こういったドライフルーツ入りのケーキにその地方のチーズを添えるのは結構あり
お茶には少々ヘビーとは思いつつも 見つけるとつい頼みたくなってしまいます
例えば先日のBuxton のティールームで魅力的だったのは
ダービーシャーティーローフのセージダービーチーズ(緑のひびひびチーズ)添え

a0107981_1630485.jpg

こういった地方の 次いつ来れるか分からないようなティールームを訪れるたびに毎回思うのは
あ~胃袋があと2つ欲しい☆
あれもこれも 気になるケーキは沢山並んでいるのに
食べることができるのはひとつか2つ (がんばって3つ)

a0107981_16301435.jpg


じゃあスコーンは止めればという話しですが
スコーンもどのお店も違うし美味しいクロテッドも捨てがたい
クリームティーなしもまた 考えられないのです(ため息。。)




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-01-08 08:28 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(2)

tea place in UK

ここもまたピークディストリクトの南端
ジンジャーブレッドでも有名な Ashbourne 近くのものすご~く小さな
でも広々とした村 Tissington
a0107981_1624136.jpg

目の前に広がるのは 夏のホリデーをすごす老夫婦やファミリーが
あてどもなくただのんびり散歩しているのどか過ぎる光景

わたしたちもこのまた近くのファームに泊まることにしていたので
ぷらぷら

a0107981_16241388.jpg

1日1 ティールームはマストのこの旅(笑)
今日のお目当てはここ

カウンターに並ぶケーキからひとつチョイスしてお願いするアフタヌーンティー
a0107981_16242290.jpg

スコーンも嬉しいビッグサイズでしたが
それ以上に サンドイッチがどんと来ました(笑)

a0107981_16243171.jpg

チーズサンドイッチには嬉しいチャツネ添え

a0107981_16272332.jpg

こんなにカントリーサイドなのに
ヴィンテージ風のこんなにお洒落なティールーム
a0107981_1624431.jpg

イギリスのヴィンテージティールームブームは まだまだ拡大中のようです





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-01-06 07:20 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

tea place in UK

ここは同じくピークディストリクトの山の中
でも前回のちょっとした観光地でもある Buxton とは違って
笑っちゃうくらいに田舎の緑の中にある小さなちいさな村の
そのまた端っこにあるおうちのお庭の中にあるティールーム
その名も 「Garden tearoom」

a0107981_16211279.jpg

近所の人たちや ハイカーの人たちが気持ち良さそうにのんびりお茶を飲む
ワンちゃん達もくつろぐ憩いの場
a0107981_1621221.jpg

本当に普通のお宅が ケーキを作るのが好きだからオープンしているの
そんな感じのお店
入っていいの?と思わず聞いてしまう そんな普通のおうちのキッチンのテーブルには
大きく美味しそうなケーキが並んでいるので
「これと紅茶下さい~」 とお願いします

a0107981_16213615.jpg

程なくやって来たのは 超ビッグサイズにカットされたハンドメイドのケーキたち
写真ではよく伝わらないかもしれませんが
ここのケーキ 多分少なくともわたしが遭遇した中で最大かも、、、
とにかくそれくらい大きい☆
a0107981_16214759.jpg

トリークルタルトなんて 冗談抜きに わたしの顔くらいありそう
ちょっとやそっとの大きさでは 驚かないつもりでしたが
ここのだけは 運んできてくれた瞬間
「大きいね~!!!」 目をまん丸にして奥さんに言っちゃいましたから(笑)

a0107981_16215552.jpg

しかも全部2ポンド、、、
やはり趣味以外の何者でもありません
美味しいケーキをみんなに食べて お庭を眺めてのんびりして欲しい
それだけなのでしょう
こんなティールームがご近所にあったらいいな
そんな気をまったく使わない寛ぎの場所
a0107981_1622677.jpg

ちなみにケーキは
トリークルタルトと レモンドリズルケーキ
そしてチョコレートブラウニー
どれも美味しいです
~でも食べきれなかったら アルミホイル 持ってきてくれます(笑)




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-01-04 09:07 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

tea place in UK

Happy New Year !!
2017年も 穏やかな楽しい一年になりますように☆

さて今年のブログはじめは~
お正月気分でのんびりリラックスしておりますので
書きそびれていた夏のイギリスの残り写真をずらずらとUPしようかと目論んでおります
(決してこのお休みで行っているわけではありません 念のため)

とりあえずお茶所シリーズ~

イギリスで一番といっていいほどに目にするミネラルウォーターに Buxton というものがあります
ここはその発祥の街 Buxton

a0107981_16173838.jpg
温泉の湧き出る保養地としても有名だったここは リトルBathのような
ピークディストリクトのちょっとした観光地
まさにバースのロイヤルクレセントを模した弓形の建物があったり
オペラハウスがあったり
スコットランド女王メアリースチュワートのお気に入りのホテルがあったりと
ちょこちょこ見どころもあるので
a0107981_16174897.jpg
小さな観光バス~といっても8人も乗ればきゅうきゅうの
昔のミルク運び車で観光してみたりするのも手
坂の多い町なので ものすご~く進まないこののんびり感が楽しい車です(笑)
a0107981_1617562.jpg

あとは観光地らしく ティールームも沢山あるので
歩きつかれたら お茶を楽しむのも楽しみのひとつ
a0107981_1618412.jpg
オペラハウスのすぐそばにあるこのティールームで
一番おいしかったのが 自家製鯖パテ
ものすごいボリュームでやってきますが それもまた嬉しい
スモークサーモンは日本でも大分手に入りやすくなりましたが
次は鯖
是非 「スモーク鯖」 をどんどん作って欲しい、、、

さて 鯖話しはさておき
ティールームですから甘いもの☆
どうでしょう ↓ おひとりさま用アフタヌーンティー
a0107981_16181138.jpg

こんなに小さくカットされたサンドイッチは初めて見ました
ひとくちサイズです(笑)

そしてここはピークディストリクトDerbyshireですから
いつぞやレッスンでも作った ダービーシャーオーツケーキも食べておかないと、、
ここのブレックファストメニューは トーストかオーツケーキを選べるようになっていたり
チーズ&マッシュルームのせのオーツケーキがあったりとどれも魅力的だけれど
一応ティータイムということで
今回は甘いオーツケーキをチョイス
ベリー&ハニーのせ
a0107981_16182453.jpg

やっぱり美味しいモチモチのオーツケーキ
また朝ごはんに おうちでも作ろう、、、、




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-01-02 08:16 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

クリスマスクリームティー

ぽっと時間の空いた穏やかな日曜の午後
「クリームティーにでもする?」

そうだ クリスマスクリームティーにしよう~
festive afternoon tea はこの季節よく聞くけれど
クリスマスクリームティー?
う~ん なんとなくクリスマス気分のクリームティーってこと(笑)
a0107981_1605992.jpg

今我が家は テーブルの上も部屋の中も浮かれた感じにクリスマス
普通のスコーンを並べても充分クリスマス気分にはなれそうだけれど
スコーンを作りながら 遊び心が、、、

a0107981_1611192.jpg


焼きあがったのが チェリーとアンゼリカ入りのクリスマスカラースコーン
スコーンがほのかに甘くなって 意外と美味しいんですよ これ
そしてクリスマスの星ひとつ
ちょっとヒトデみたいだけれど それもご愛嬌☆
a0107981_1612255.jpg

この季節の我が家の常備菜 ミンスパイと ジンジャーブレッドも並べたら
クリームティーが クリスマスらしくちょっぴり豪華になりました(^^

a0107981_1613128.jpg


何かと忙しない12月だけれど
よしなしごとばかりでバタバタしているのも勿体ない
楽しいことでもバタバタしたい歳の暮れ






にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-12-21 08:37 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

クリスマスお茶会@Tiny Toria tearoom

とある日曜の午後
我が家はスパイスと焼き菓子の香りでいっぱい☆
オーブンからはおもちゃの行進ならぬ お菓子の行進のように
クリスマスのお菓子がぞくぞくでてきます(笑)

ブランデーとりんごに ドライフルーツ
ナッツやミックススパイスもたっぷりのミンスミート
美味しいものを全部詰め込んだこのミンスミートをたっぷりサンドする
「ミンスミートクランブルスクエア」
a0107981_1533279.jpg

同じくミンスミートとサクサクのペストリーがたまらない
定番 「ミンスパイ
a0107981_15334386.jpg

キャロットケーキも焼けました
我が家のキャロットケーキはミックススパイスとオレンジの香りもたっぷりだから
そのままでもうクリスマスの香り~
いつもは丸型ですが 今日は訳あって四角
a0107981_15335321.jpg

ほかにも沢山のお菓子を持って 向かうは人形町のティールーム
タイニートリアさん
前回訪れた時と違い すっかりクリスマスの装いの店内です
a0107981_1534417.jpg

この日ここで開かれたのは 「クリスマスお茶会」☆
ふだん宇都宮から出ることのないある意味貴重な(笑)Galettes and Biscuits のお菓子で
ゆっくりたっぷりクリスマスのティータイムを楽しんでいただこうというイベントです

a0107981_15341496.jpg

先ほど登場したミンスミートクランブルスクエアや ミンスパイの他にも
「ジンジャーブレッドマン」 や
ブランデーを塗り塗り熟成させた「クリスマスケーキ」
このドライフルーツたっぷりのクリスマスケーキに マジパンとシュガーペーストという
相当手ごわいどっしり感は The イギリスの味☆
これに慣れたら 日本のフワフワショートケーキのクリスマスケーキはホールでもペロリといけそう(笑)
a0107981_1534246.jpg

甘いものだけではさすがに辛かろうと
スティルトンとりんごのプチオードブルやサンドイッチも用意してくださっていた
タイニートリアさん
マルドワインも美味しかったです(^^)
おかげで体はポカポカ 頭もほかほかのままおしゃべり
a0107981_15343492.jpg

キャロットケーキには いつものクリームチーズのフロスティングですが
ジンジャーブレッドのおうちや木をデコレーション
キャロットケーキが一気にクリスマスの雰囲気に (^^

a0107981_1534571.jpg

そして先日の Stir Up Sunday のプディングテイスティングでも1番人気だった
「トフィーアップルプディング」
熱々トフィーとりんごの組み合わせはここでもだんとつの一番人気☆
今日のメニューの中では 一番クリスマスじゃないお菓子なのですが(笑)
でもそれも仕方ない
クリスマスものってどれもドライフルーツいっぱいでヘビーなものが多いですから~
a0107981_1535567.jpg

もちろんトリは クリスマスプディング
7時間蒸し上げた大きなプディングは圧巻の存在感
ブランデーをかけて青い炎を灯した後は
お好きなだけセルフで取り分けてもらいます
~というのも 今回もプディングにシックスペンスをひそませてあるから、、
なぜか私が取り分けると 1スクープ目にコインが入ってくることが多いんです
ふだんはくじ運なんてまったくないのに、、、
(もしかしてここで全てのくじ運を使い果たしている??)

a0107981_15351629.jpg

今回の私からのプチプレゼントは
今はもうあまり見かけなくなってしまったメイソンキャッシュのクリスマス柄のプディングベイスンと
おまけのジンジャーブレッド君 ^^

この日いらしてくれたのは
ふだんからこのティールームに足繁く通っていらっしゃるファンの皆さんなど
わたしのほうがお客さん気分で すっかり寛いで クリスマス気分を楽しんでしまいましたが
みなさんも こてこてのクリスマスのイギリス菓子
楽しんでいただけたと嬉しいな~と思います

こんな素敵な企画をしてくださったタイニートリアさん
ありがとうございました(^^)




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-12-13 09:06 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(2)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

フォロー中のブログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧