カテゴリ:アフタヌーンティー&ティー( 163 )

憩いのひととき

林の中の細い道
確かこの辺だったよね?とちょっと不安になる頃に現れるのが
森栖(モリス)ティーハウス さん

a0107981_16302021.jpg

仙台からは車で1時間以上かかるので
もうちょっと近かったらいいのにな なんて思っていたけれど
この距離感と移動時間がちょうどよい小トリップ感を生み出しているのだな と
数回目にしての気づき
a0107981_16302963.jpg

いつもバタバタしている間に過ぎてしまう仙台滞在から
束の間エスケープ
ミルクティーの優しい色と香りに癒され
a0107981_1630374.jpg

丁寧さが伝わる
これまた優しい味のティーフーズに心もお腹も満たされ
a0107981_16304593.jpg

巷の喧騒や
しなきゃいけないことリストを忘れないようにと 頭の中で反芻する日常から
束の間 意識を解放
a0107981_16305296.jpg

目の前にある美味しいものと 他愛のない会話だけに集中できるというのは
何気に貴重な時間です

最後の紅茶をカップに注ぎ終わったら
a0107981_1631123.jpg


ティーストレイナーの中で茶葉が「またおいでね」 という顔をしていました(^^)
作ってないですよ(笑)
嬉しくなって思わずパチリ
ミルクティーもなんとも言えずいい色合いで 今回お気に入りの1枚

憩いのひととき ありがとうございました
また エスケープしに来ます(^^)



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-03-10 08:29 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(2)

Golden birdcage afternoon tea @Shangri-La hotel

バンコクのアフタヌーンティーの充実ぶりには ほんとうに驚かされます
ただひとつ難点があるとすれば(わたしに限っての)
週末はビュッフェ形式になったり
チョコレートアフタヌーンティーになるホテルも多い点
それが人気なのも分るのですが
たまたまわたしが それほどチョコレートファンではないのと

a0107981_8343256.jpg

ゆっくり腰を落ち着けたらもう立ち上がりたくない無精者なので
ビュッフェ形式は避けたいなと、、、
周りで人がざわざわウロウロしているのも 少々落ち着かないし
「あれ?新しいケーキ来たんじゃない?」 なんて気になっちゃうし(笑)
a0107981_8344168.jpg

ということでこの日は 人気のビュッフェ形式のアフタヌーンティーとは別に
普通のアフタヌーンティーも選べるシャングリラホテル
ここの 「ゴールンデンバードケージアフタヌーンティー」 一度見てみたかったのです(^^)
近頃イギリスなどでも見かけるようになったこの鳥かごスタイルのアフタヌーンティースタンド
どこかリゾートっぽいので
バンコクのような南国系の雰囲気にはとってもしっくり
a0107981_8345040.jpg

運ばれてきたのは圧巻のカラフルフードたち
トロピカルな小鳥が鳥かごの中で元気に飛び回っているようです☆

ちょっと色が派手すぎない?と思われるかもしれませんが
色はともかくどれも 一つ一つ手が込んでいてほんとうに美味しいのです
a0107981_8345948.jpg

サンドイッチ類は8種類
・Rougie foie gras
・Riceberry and garden herb philadelphia cheese
・Radish and honey roasted ham
・Nova scotia lump king crab with on pink brioche
・Fillo crown stuffed with garden herb roasted duck griotte
・Slow smoked chikchen breast and scotia salmon british cucumber accented with season cream cheese
・Tasmania bay scallops micro green honey mustard bacon chips

a0107981_835815.jpg

バニラスコーンとブラックカラントのスコーンに添えられるのは クロテッドの他に
ローズ&ライチにパイナップル&バニラのジャム
その上ケーキ類はなんと10種類
これでひとり分、、、
ものすご~くたっぷりですが どれも見た目から味が想像できなくて気になるものばかり
ついつい手が伸びてしまうのでした

わたしたちがのんびりお茶を楽しんでいる脇のフロアでは
5~6人のバンドによる生演奏
そしてホールでは踊り続けるたくさんのお客さんたち
優雅なティーダンスというより
年齢や国籍はおろか性別すらも分らない人も多いという ちょっとミラクルな光景
さすがはバンコク、、、
a0107981_8351895.jpg

のんびりしすぎて気がつくと チャオプラヤー川が夕陽でキラキラし始めています

そう言えばこの日の夜はバンコクの屋台めぐりの予定、、、
タイ料理・アフタヌーンティー・タイ料理・アフタヌーンティー
そしてまたタイ料理と繰り返す
ひたすら食い倒れな駆け足バンコク週末なのでした☆




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-02-22 10:28 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

小さなお客さま

この週末の主賓は会う度にキュートになっていく Mioちゃん☆

さぁ 何を作ろうかなぁ~
若干3歳にして早くもクロテッドクリームとフムスがお気に入りというので
サンドイッチはフムス
スコーン&クロテッドクリーム だけは決まったけれど~

と迷ったわりには いつもとそう変わりないテーブルがこの日も完成
a0107981_1433995.jpg

↑ ビーツ入りのピンクのフムス 食べやすいかなとクルクル巻いたら
サイズといい 色といい これはそう まるで「なると」^^;

a0107981_1433049.jpg

結局
キャロットケーキや クロテッドクリームのビスケットなどいつものイギリス菓子ラインナップなのでした
形だけは 気持ち可愛くしたつもりだけれど、、(笑)
a0107981_14325088.jpg


形はともかく スパイスたっぷり 食べ応えどっしりのイギリス菓子
大丈夫かなという心配をよそに
目をキラキラさせて元気にパクパク食べてくれる様子に ほっと一安心^^

a0107981_14331821.jpg

チョコレートといちごのパブロバに
a0107981_14332755.jpg

ほかほかのスティッキートフィープディング&冷たいバニラアイス

甘いものは大人も子供も
気持ちをリラックスさせて笑顔にしてくれる
ある種鎮静剤みたいな存在
a0107981_14333627.jpg

Nigel Slater が以前どこかで
Pudding is important for our wellbeing, our soul. Pudding is not a treat but a necessity. Pudding is not a food, it is medicine.
みたいな事を書いていたけれど
わたしもそう思う~と 握手をしたいくらい全く賛成☆
ご褒美じゃなく 必要不可欠なもの
ただの食べ物じゃなくて 癒しの薬

甘党のひとにしか効かないかもしれないけれど
それでも世界中の半分くらいの人には効くのじゃないかと思いながら
白い粉やら液体を調合し 今日もせっせと美味しいお薬作っています

Mioちゃんまたお菓子の家に遊びに来てね~^^







にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-02-16 08:40 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

ホームメイド クロテッドクリーム

子供の頃好きな絵本に 「おいしいおにぎりをたべるには」 というのがありました
主人公はおにぎりを食べたいおおかみ
お話しは おおかみが春に田んぼで稲を育てるところからスタート
雨の日も風の日も 稲の世話をして 秋にようやく実った稲穂
脱穀してご飯を炊いて~ようやく食べることができた白いおにぎり
おにぎりって なんておいしいんだろう!! ~というもの

ある日クロテッドクリームを作り始めて思い出しました
美味しいものを食べるには時間がかかるのよね と思ったから
おおかみと違って 牛を育てて牛乳を絞るところから始まるわけでもなく
暖かい部屋で
たかがオーブンで12時間 + たかが冷蔵庫で12時間 待つだけなのだけれど(笑)

a0107981_10205097.jpg

表面積が大きい陶器の器に生クリームを入れて
85度くらいのオーブンに入れること 12時間
そして粗熱が取れたら そ~っと冷蔵庫に移動して さらに12時間
固まったクロテッドクリームを 掬い取れば完成☆
以前ブログに書いた湯煎で作る方法もあるけれど
こちらのほうがロスが少なく クロテッドクリームが沢山できるよう
a0107981_1021147.jpg

1 リットルの生クリームのうち 7割くらいクロテッドになりましたから
なかなかの取れ高です
翌日が週末だったので 次の日まで我慢しよう~と思ったけれど
あ~無理でした(笑)
誘惑に勝てず ひとりクリームティー

a0107981_1021897.jpg

黄色のパリパリのクラストの下は しっとりなめらかなクリーム
どこまでもミルキーでくどくなく 優しい甘さのクロテッドクリームは
これで太るなら それも本望と思える美味しさ(笑)

a0107981_1021169.jpg


出来立てミルキーなクロテッドクリームを スコーンにアイスクリームのようにてんこ盛りにして
食べた~い!
という欲求に負けて 面倒くさがりのわたしがクロテッドクリームを作るのは
1年に1度くらい?
ありがたいことに近頃はスーパーで手軽に買えてしまいますから

a0107981_10212437.jpg

この日ふとたまには作ろうかな思い立ったのは
レッスンの後片付けが終わって落ち着いた午後2時半頃
おかげでオーブンから取り出せたのは 夜中
次はもっと早くに始めようと 固く誓ったのでした

海外のオーブンのように ず~っと付けっぱなしにできるのならいいのだけれど
うちのオーブンは何故か 90分で勝手にきれてしまうので
またスイッチオン しなければいけないのです
安全なのはいいけれど
こういう時はちょっと面倒、、、
a0107981_10214245.jpg


とにもかくにも無事 上等なクロテッドクリームが大量にできたのでした~
そしてひたすら連日のクリームティー三昧・・・
朝ごはんとランチとおやつは ほぼほぼ毎日スコーン&クロテッド(^^;)
夕食後のデザートもクリームティー(笑)

a0107981_10213236.jpg

メイド in 宇都宮のクロテッドクリーム
この頃ちょうどレッスンだった人たちには 消費に一役かってもらい~
クロテッドクリーム好きの人ならラッキー ^^

a0107981_10215098.jpg


今回のクロテッド作りは我ながら上出来☆
クロテッドクリーム消費量では 日本人男性だけなら10本の指に入ると豪語する我が家の旦那さまからも
「美味しい~!」 のお褒めの言葉
ほんとうに美味しかったけれど
久々に 血中クロテッド濃度マックスに至った気がします(笑)
先日 病院にコレステロールの薬をもらいに行きながら
先生に 「あれ 今日は採血しないの?」
「来月にしておきます」(^^;)


そうそう ちょっとマニアックなイギリス菓子話し「イギリスおかし百科」
本場コーンウォールやデヴォンの美味しいクロテッドクリームの食べ方について書いているので
こちらもどうぞ



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-02-08 08:55 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

宿と朝ごはん

こちらのB&Bもまた 住宅としてはこの街一番の古さを誇るお宅
なんとオリジナルは1584年の建築物
a0107981_14553849.jpg

そして表からは想像のつかないインテリアに
今回もまたワクワクしてしまいます
こちらはご主人が大のアンティーク陶器好き
東洋柄が美しいティーボールなどがそこかしこに飾られています
a0107981_22162122.jpg

真っ赤に塗られた階段の両サイドや 各部屋の壁にもアンティークの陶器がたくさん
それにしても 築1584年とのプレートがかけられた外観からは
まさか室内がこんな鮮やかに飾られているとは思いませんよね、、

a0107981_22163035.jpg

ダイニングスペースは 白黒タイル&古~いオーブン
あ~わたしの夢のダイニングです(笑)
a0107981_22163925.jpg

朝食も完璧
落ち着いた食器にシルバーのカトラリー
フレッシュなフルーツに手作りのジャム
a0107981_22164920.jpg

AGAで調理されるヨークシャーブレックファストに
この旅一番の美味しいスモークサーモン&スクランブルエッグ
a0107981_22165832.jpg

写真で見る限りは どこも同じゃないの?と思われるでしょう
でもこれが違うんです
完璧な硬さのスクランブルエッグに しっとりのサーモン
a0107981_2217748.jpg

あんまり美味しいので 思わず何故?って聞いたら
そりゃ~サーモンはスライスしたてだし(ふつうはスライスされたものを買ってきます)
ずっとシェフをしていたからねって
a0107981_22171447.jpg

聞くとなんと 日本の有名ホテルでシェフをしていたことも、、、
なんとまぁ どおりで卵の味加減も火入れも完璧なはずです
a0107981_22172261.jpg

しかもわたしが 日本でイギリスのお菓子を作っているんだよ と言ったら
うちのお菓子食べた??~ ちょっと待ててと
出際に ケーキを沢山タッパーに詰めて持たせてくれました(^^)
a0107981_22173099.jpg


フルーツケーキにパーキン
レモンドリズルケーキにフラップジャック
その日の午後 アンティークフェアで1日中歩き回って疲れた後
紅茶と一緒にお外で食べたら
この旅中 どこのティールームで食べたお菓子より どれも本当に美味しくて
疲れも一気に吹き飛びました ^^

いい人 いい味 いい景色
旅ってやっぱり止められません
~って
まるで〆のようなセリフですが もうちょっとだけ続きます



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-01-21 14:56 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(2)

tea place in UK

見慣れた景色の広がるコッツウォルズに戻り
ここは安心してお茶を楽しめる
Lucknam park hotel

a0107981_16365992.jpg

雨に濡れ しっとりとしたお屋敷とガーデン
5エーカーもあるという広々としたガーデンは
お茶の前に散歩してもよし お茶の後の腹ごなしにそぞろ歩いてもよし、、
ちなみにこのウォールガーデンは1830年ごろまで遡れるそうです

a0107981_1637104.jpg


天井の高い明るいお部屋でいただくアフタヌーンティー
以前はアフタヌーンティーに来ても
軽くお茶か せいぜいクリームティーをしている人がいるくらいで
わたしたちのところに運ばれてくるアフタヌーンティースタンドを見て
「あら豪華ね~」 なんて目配せされるくらいだったのに
a0107981_16373436.jpg

今は Reserved の札と
アフタヌーンティーを楽しむお客さんでほぼ満席状態

a0107981_16374344.jpg


アフタヌーンティーブームがなお続いているイギリス
美味しい所はみな知っています
特に週末の予約はお早めに、、、
a0107981_16375077.jpg

カントリーサイドですが ここのアフタヌーンティーは
お菓子もお茶もとても美味しく
サービスもスマート
a0107981_16375991.jpg


都会のアフタヌーンティーのように時間制限など無論なく
心ゆくまでのんびり☆

贅沢し過ぎてバチが当たるんじゃないかと思うくらい
神さまお許しを~





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-01-12 15:45 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(2)

tea place in UK

イギリスのお茶処シリーズ
今日ご紹介するのはイングランド北部
世界遺産にも指定されている大聖堂とダラム城で有名な街 Durhamと
Newcastle の間くらいの場所
Beamish museum を歩き回ってきっとクタクタになるにちがいない~と
お茶処に選んでおいたそこは
ビーミッシュのすぐ近くにあるLumely castle

a0107981_1632147.jpg

今はホテルとなっていますが 元々は築600年の領主の居城
堅固な石造りのそれはなかなかの迫力
a0107981_16322558.jpg

ワインのカーブさながら陽の光の入らないフロントで
「アフタヌーンティー予約しているのですが〜」
a0107981_1632335.jpg

ほぼ貸切状態 かつスタッフの人も少ないため
贅沢ながら 妙にリラックス…
そして程なく運ばれてきたアフタヌーンティーのスタンド

a0107981_16324215.jpg

紅茶も含め ロンドンの洗練されたそれとは違いますが
素朴な田舎のアフタヌーンティーの方に惹かれる私としては
正直 これで充分
だって15ポンド以下でこの空間と雰囲気を心行くまで満喫できるのですから
a0107981_16325148.jpg


ある意味こちらの方が贅沢なくらいです

a0107981_1633056.jpg

ビーミッシュで歩き疲れた足も休まり
お腹も大満足

さぁ 明日はどんなお茶処に出逢えるのか
*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*


にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-01-10 08:31 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(4)

tea place in UK

ピークディストリクトから来ると
あ~街にやって来た~と思えるここは Lincoln
威容を誇るお城や大聖堂が相当有名ですが
a0107981_16293019.jpg

わたしにとっては
ティールームが妙に多い町☆ というイメージ(笑)
チェーンのカフェなどに押されぎみで
意外とどこにでもあるというわけではないティールーム
こんなにどこに入ろうか迷うほどあるのは結構貴重だったりします
a0107981_16294310.jpg

どこに行ってもスコーンははずせませんが
その地方地方のお菓子ももちろんはずせず
ここで選んだのは リンカーンシャープラムブレッドのチーズ添え
a0107981_16295449.jpg

ブレッドというだけあって ドライフルーツたっぷりのイースト生地
それにひとかたまりのチーズとバターが添えられます
こういったドライフルーツ入りのケーキにその地方のチーズを添えるのは結構あり
お茶には少々ヘビーとは思いつつも 見つけるとつい頼みたくなってしまいます
例えば先日のBuxton のティールームで魅力的だったのは
ダービーシャーティーローフのセージダービーチーズ(緑のひびひびチーズ)添え

a0107981_1630485.jpg

こういった地方の 次いつ来れるか分からないようなティールームを訪れるたびに毎回思うのは
あ~胃袋があと2つ欲しい☆
あれもこれも 気になるケーキは沢山並んでいるのに
食べることができるのはひとつか2つ (がんばって3つ)

a0107981_16301435.jpg


じゃあスコーンは止めればという話しですが
スコーンもどのお店も違うし美味しいクロテッドも捨てがたい
クリームティーなしもまた 考えられないのです(ため息。。)




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-01-08 08:28 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(2)

tea place in UK

ここもまたピークディストリクトの南端
ジンジャーブレッドでも有名な Ashbourne 近くのものすご~く小さな
でも広々とした村 Tissington
a0107981_1624136.jpg

目の前に広がるのは 夏のホリデーをすごす老夫婦やファミリーが
あてどもなくただのんびり散歩しているのどか過ぎる光景

わたしたちもこのまた近くのファームに泊まることにしていたので
ぷらぷら

a0107981_16241388.jpg

1日1 ティールームはマストのこの旅(笑)
今日のお目当てはここ

カウンターに並ぶケーキからひとつチョイスしてお願いするアフタヌーンティー
a0107981_16242290.jpg

スコーンも嬉しいビッグサイズでしたが
それ以上に サンドイッチがどんと来ました(笑)

a0107981_16243171.jpg

チーズサンドイッチには嬉しいチャツネ添え

a0107981_16272332.jpg

こんなにカントリーサイドなのに
ヴィンテージ風のこんなにお洒落なティールーム
a0107981_1624431.jpg

イギリスのヴィンテージティールームブームは まだまだ拡大中のようです





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-01-06 07:20 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

tea place in UK

ここは同じくピークディストリクトの山の中
でも前回のちょっとした観光地でもある Buxton とは違って
笑っちゃうくらいに田舎の緑の中にある小さなちいさな村の
そのまた端っこにあるおうちのお庭の中にあるティールーム
その名も 「Garden tearoom」

a0107981_16211279.jpg

近所の人たちや ハイカーの人たちが気持ち良さそうにのんびりお茶を飲む
ワンちゃん達もくつろぐ憩いの場
a0107981_1621221.jpg

本当に普通のお宅が ケーキを作るのが好きだからオープンしているの
そんな感じのお店
入っていいの?と思わず聞いてしまう そんな普通のおうちのキッチンのテーブルには
大きく美味しそうなケーキが並んでいるので
「これと紅茶下さい~」 とお願いします

a0107981_16213615.jpg

程なくやって来たのは 超ビッグサイズにカットされたハンドメイドのケーキたち
写真ではよく伝わらないかもしれませんが
ここのケーキ 多分少なくともわたしが遭遇した中で最大かも、、、
とにかくそれくらい大きい☆
a0107981_16214759.jpg

トリークルタルトなんて 冗談抜きに わたしの顔くらいありそう
ちょっとやそっとの大きさでは 驚かないつもりでしたが
ここのだけは 運んできてくれた瞬間
「大きいね~!!!」 目をまん丸にして奥さんに言っちゃいましたから(笑)

a0107981_16215552.jpg

しかも全部2ポンド、、、
やはり趣味以外の何者でもありません
美味しいケーキをみんなに食べて お庭を眺めてのんびりして欲しい
それだけなのでしょう
こんなティールームがご近所にあったらいいな
そんな気をまったく使わない寛ぎの場所
a0107981_1622677.jpg

ちなみにケーキは
トリークルタルトと レモンドリズルケーキ
そしてチョコレートブラウニー
どれも美味しいです
~でも食べきれなかったら アルミホイル 持ってきてくれます(笑)




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-01-04 09:07 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧