カテゴリ:イギリスのおいしいもの( 309 )

イースターお花見

数年前まで それほど興味のなかった桜の花
それはもちろん綺麗だし 春らしくていいなとは思うけれど
毎年必ず咲くのだから 多少数日開花時期が前後しようと
ニュースや天気予報で 何もそんなに大騒ぎすることもなかろう くらいに正直思っていました
が ここ数年 分ってしまいました

冬の間の寒々とした風景を まるで手品のように一変させる桜の存在感
地球の養分を吸いとって 一気に放出するかのように咲き誇り
「はぁ 満足」 とばかりに散っていく姿
その美しさ以上に 蕾から散っていくまでの一連の流れが何故か妙に心に染みる桜の風景
a0107981_15174397.jpg

そんなこんなで 遅ればせながら 桜好きに仲間入りしたわたし
そろそろ桜の見頃も終わりというので
時間があれば 否 無理やり時間を作ってでも 眺めに行っていました
折りしも 今年はイースターと重なったので
卵だらけの我が家そのままに
お花見もイースター気分
a0107981_15172467.jpg

イースターと言えば 卵にチョコレート
食料は何がいいかなぁ
何でもいいけれど美味しくて簡単なもの、、、

すぐに頭に浮かんだのは
鳥の巣をモチーフにしたイースターネストのチョコレートタルトに
Coddled Egg (コドゥルドエッグ)
a0107981_15173416.jpg

エッグコドラーに卵を割り入れ
クレームフレッシュやチャイブ
そして近頃卵料理にひっぱりだこのトリュフソルトもぱらぱら
あとは蓋をして 10分ほど茹でれば 器ごと食卓に出せるポーチドエッグもどきの完成
しっかりした蓋がついているから ピクニックにもぴったり☆なはず

お花見場所はうちから徒歩3分
お弁当を詰めて持って行くより お鍋ごと持っていったほうが良さそうな距離(笑)
a0107981_15175494.jpg

この日作ったのはその2つだけ
あとは冷蔵庫にあったものをバスケットに詰め込んで GO☆

コドゥルドエッグは 思ったとおりピクニックにぴったりでした ^^
スプーンですくって食べられるのでとっても簡単
半熟卵をパンにのせても美味しいし
a0107981_1518478.jpg

他には残り物のキッシュやコロッケ
生ハム・チーズ・ぶどうにオリーブ
そう お弁当というより この日は飲む気満々のおつまみメニュー
先日 お花見の時にでもどうぞ〜といただいた 桜柄エチケットのワインが
この日の主役なのでした(^^)
a0107981_15181235.jpg


桜越しの陽のもとでいただくワイン は最高に贅沢で
面倒な事やご託は抜きに
単純に生きてて良かったと(笑)

a0107981_15182299.jpg


〆はデザート エッグネストチョコタルト
気づくと上のチョコエッグだけ食べられて
代わりに桜の花がのっていました
はらはらはらはら 雪のように舞ってくる花びら

a0107981_15183196.jpg


もう1度くらいお花見したいから
もう少しだけ待っててね~





☆★ お知らせ ★☆
今月から次回(翌々月)のレッスンの日程UPと参加者募集開始の日時を HPとブログで前もってお知らせするようにします
(トライアル的に、、、
もしこれで難しいようだったら 次回からは日にちとamかpm か位になる可能性も、、、
ハッキリしなくてごめんなさい)

一応今月は4月25日(火)21:00頃の予定です



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-04-20 22:04 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

イースターの香り

イギリスでイースターは クリスマスに次ぐ大きなイベント
祝祭日の少ないイギリスの貴重な4連休 & 春の訪れを
今の世の中 教会に行く人は少ないけれど
みんな心待ちにしていることには間違いない、、、
a0107981_1453351.jpg

昔から伝わるイースターのお菓子を見れば
どんなに昔の人が イースターを特別に思っていたか
どんなに春の訪れを待ちわびていたか

a0107981_14531118.jpg

普段は口にすることのできない
当時にすれば貴重なドライフルーツや スパイスをたっぷり入れて
大切な日をお祝いしたのが分ります

a0107981_14532095.jpg

Derbyshire Spiced Easter fruits Bread
ダービーシャーのイースターのためのフルーツブレッドには
サルタナにデーツ そしてミックススパイスがたっぷり
でも昔らしく バターではなくラード
ブレッドといってもイースト入りの食事用のパンではなく
お茶のため あるいは食後のデザートとしてのケーキ的なポジション
スライスして バターをたっぷり塗っていただきます ^^

やはりミックススパイスや カランツがたっぷり入る
イースタービスケットはイギリス南西部のお菓子
a0107981_14532980.jpg


その昔はカシアオイルで風味をつけていたそうだけれど
今は大抵ミックススパイスで香り付け

a0107981_14533861.jpg

カランツは多産や豊穣のシンボルだとか
3枚重ねてリボンで結んで 三位一体を表すとか
季節の行事にかかわるお菓子にはそれにまつわる話しがいろいろあるけれど
a0107981_14534759.jpg


わたしとしては
「イースタービスケット」 という名前を改名して欲しいくらいに
1年中食べたい大好きなビスケット
その名前がゆえに このシーズン以外はめったに作れない
どんなにクリスマスプディングが好きでも 夏にはそれを作らないように

でも だから余計に美味しく感じるのかな

****************

そうそう 前回の 「今 うちに卵はいくつあるでしょう~」 の答え
どうでもいいって言われそうだけれど 一応数えたので、、、

A: 飾り用のたまご118個 + 冷蔵庫のリアル卵 72個 =190個でした ♪








☆★ お知らせ ★☆
今月から次回(翌々月)のレッスンの日程UPと参加者募集開始の日時を HPとブログで前もってお知らせするようにします
(トライアル的に、、、
もしこれで難しいようだったら 次回からは日にちとamかpm か位になる可能性も、、、
ハッキリしなくてごめんなさい)

一応今月は4月25日(火)21:00頃の予定です



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-04-17 13:53 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

Hot cross buns sandwich

この時期になると思い出す ホットクロスバンズの存在
ちょっと時間の空いた土曜の夕方
やおら思いついてホットクロスバンズの作成開始
パンというと時間もかかるし 捏ねるのも大変そうだし~と思うけれど
面倒な時は 文明の利器にフルに頼り
フードプロセッサーでが~っと1~2分混ぜるだけ

a0107981_15285941.jpg

天然酵母で どこそこのオーガニックの小麦じゃないと とか
湿度や生地温度も考えないとね とか
そんなことを細かく考えているのは性に合わないので
いつもイギリス家庭のおおらか(適当~)なパン作り のスタンス
あまり考えすぎず適当に 楽しく
そうして焼き上がったパンは充分に美味しい☆
(おうちで食べるくらいには)

a0107981_15295228.jpg

普段はトーストしてバターをたっぷり塗って食べるだけのホットクロスバンズ
意外とサンドイッチにしても美味しいもの

ミックススパイスの香りと ドライフルーツ入りのホットクロスバンズ
そこに ベーコンとキャロットサラダ そしてルッコラ&サワークリーム
甘い×しょっぱい そこにスパイスも効いて結構 乙な味


a0107981_1530184.jpg


もうひとつ
ホットクロスバンズ+甘くないピーナッツバターそしてスライスバナナ
本当は ここでオーブンでちょっとグリルしたいところだけれど
面倒だったので
メイプル風味のゴールデンシロップをたらり
そして ミックススパイスをふりかけて ごまかす、、、

a0107981_1530982.jpg

せっかくの4月
ほんとうはお花見っぽいものを持って 桜を見に行きたいところだけれど
この寒さで宇都宮の桜のつぼみは固いまま
まだ残念ながらお花見という雰囲気でもないので
今日は普通のピクニック


a0107981_15301867.jpg


ピクニック?
というか お昼のサンドイッチをお外で食べるだけ
デザートは~
マクヴィティーの フルーツショートケーキ(ドライフルーツ入りビスケット)で
こちらも気楽に (笑)

a0107981_15302796.jpg


出来上がったホットクロスバンズのサンドイッチを
あらお弁当箱にちょうど良さそう~と ふと目に付いたビスケットティンに詰め
濃~く淹れたヨークシャーティーをポットに入れて
忘れずにミルクも持ったら
さぁ 出発 ☆

a0107981_1530356.jpg

ぽかぽかで お天気も最高にいいけれど
頭上の桜はまだつぼみがあるのかすらも 怪しいくらいに冬の枝のまま
今週はお花見の予定もあるのに
そちらもやはりお花見ではなく ただのピクニックになりそうな予感、、、
a0107981_15304416.jpg


早く桜 咲いてくれないかなぁ。。。
咲いてあげて欲しいなぁ。。





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-04-04 15:28 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

メレンゲ

春になると メレンゲものが食べたくなります
夏ではなく 春
かしゃっと割れる薄氷のように軽やかで甘くて
a0107981_10323992.jpg

こんなに食べているかいないか分からないほど 羽毛のように軽いなら
きっとカロリーもないに違いない

都合のよい思い込みは 大得意分野(笑)
a0107981_10331888.jpg

この日のパブロヴァは
ほろにがコーヒー味のメレンゲに 甘みゼロの生クリーム
ブランデーを効かせたマロンのクリームにチョコレートとアーモンド
モンブラン風の大人味
その昔アンジェリーナのモンプランのメレンゲが甘いと思っていた頃が懐かしい、、、

a0107981_10332540.jpg

そして もう一品のメレンゲものは
「レモンメレンゲパイ」
きゅっと酸っぱいレモンの上に こちらはパブロヴァとは違うふわふわメレンゲ
こんなに雲のように軽いのなら やっぱりカロリーはないに違いない、、、

a0107981_10333235.jpg

フランスのバターたっぷり重~いレモンフィリングと違い
イギリスのレモンパイはお水やコーンスターチの入るプルプル軽めのフィリング
ということで残念ながら 飽きることなくいくらでも食べられてしまいます
a0107981_10334014.jpg


でもそうは言っても わたしも結構な歳
食べすぎでよく胃痛に悩まされているこの頃
いくらなんでもこの二品 週末の我が家のおやつだけにしては多過ぎ
実は今宵のゲストと楽しむ お楽しみ用なのでした

a0107981_10334761.jpg


お客さんが来る時の甘いもの
もちろん季節や時間帯
みんな何が食べたいかな~なんて考えるけれど
結局自分の食べたいものを ワクワク作っている気がします

a0107981_10335582.jpg

この日は夕方から軽~く飲みましょうかということだったので
おつまみに作ったのは 軽くつまめるパイのようなものだけ
あとはチーズやフムスや 瓶詰めやらそんなものを並べて準備は終了

a0107981_1034336.jpg

ちなみにセイボリーのタルトは ペストリーの上にオニオンマーマレードをのばし
ビーツとモッツァレラを並べて焼くだけ
味付けはお塩とオリーブオイルくらい
仕上げにくるみやグリーンをちらしてハイ出来上がり☆

メインがなくて デザートがメイン代わりの軽い飲み会
のはずだったのだけれど、、、
いやぁ~完全に飲みすぎました
翌日残っていたデザートをしっかり食べきったのが悪かったのか
しばらくまた胃痛に悩まされましたから~

でも〜都合のよい思い込みにより またすぐに食欲だけは復活しましたけれど(笑)
これから来るお花見シーズン
みなさんも暴飲暴食にはくれぐれも気をつけましょう☆



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-04-01 07:12 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

ビスケットモンスター

わたしの体の三大構成要素はおそらく
小麦粉に砂糖にバター
どこかの甘いもの好きの神さまがこの三つをこねくり合わせておやつを作っているとき
ジンジャーブレッドマンのようにすたこらさっさ
オーブンから逃げだしたのかもしれない

a0107981_8114888.jpg

あるいはビスケットをエネルギー源に動く新種の人間を作ってみようと思ったのか、、、

ビスケット電池は切れると大変なので基本は常備
日本の市販ビスケットは安定の品質で誤作動を誘引する事は少ないけれど
イギリスビスケットのほうが 多少出来にバラつきがあっても
気分を穏やかにする作用も含まれているため
イギリスビスケットが望ましい、、

甘いティーケーキも ジャミードジャーも 食後のデザート(?)にはいいし
a0107981_812125.jpg

チョコがけのダイジェスティブや ジャムクリームサンドイッチも
ちょっとおなかが空いた時の 紅茶のお供には最適
a0107981_8121710.jpg

ブルボンやカスタードクリームはナポリタンやオムライス的存在
毎日はいらないけれど 時々無性に食べたくなる懐かしの味
a0107981_812968.jpg

↑ いつか巨大なブルボンやカスタードクリームが食べたいと思っていたら
ある日 waitrose で夢が叶いました
このミルクはポーションが大分大きいので分りづらいけれど
お砂糖のスティックと比べてもらえればその大きさが分るかな?

でもやっぱり主食(?)にするなら
シンプルにリッチティーか ショートブレッド
そしてナイスビスケット(ココナッツビスケット)
a0107981_8122669.jpg

ホブノブか モールテッドミルク
モーニングコーヒー(シンプルなビスケットでコーヒーは入っていません)も
やはり飽きずに食べられる白米あるいは食パン的存在

a0107981_8123829.jpg

でも近頃 一番シンプルで美味しいと思ってしまうのは
Thin Arrowroon (アロールートビスケット)
リッチティーやモーニングコーヒーよりもろく
薄い優しい味の
ど~ってことない 究極にシンプルなビスケット

a0107981_81247100.jpg

arrowroot は日本語にすると 「クズウコン」
日本の葛とは違うけれど 使い方は似ていて
パイのフィリングやソースのとろみ付けに使うと コーンスターチのように白濁しないで透明に仕上がるので
イギリスのお菓子材料売り場にはよく置いてあります
この粉はグルテンがないため焼き菓子に入れるとほろっと脆い食感が生まれるので
ビスケットに入れれば サクサク軽い仕上がりに

とにかくシンプルなのでアロールートビスケットをご飯に 他のおかずが食べられる(笑)
おかずは~ジャファケーキがいいかな
なんて
こんなことばかり書いていると
明日の朝目覚めたら ビスケットモンスターになっているかも、、、

a0107981_8185369.jpg






☆★ お知らせ ★☆

3月24日(金)10:00~のレッスン
空席1つできました












にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-03-18 08:09 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

新年会

2017年も 気づくともう3月も半ば
あれよあれよという間に4分の1が過ぎ去ろうというのに
のんびり我が家では 今頃 新年会

さぁ何を作ろうか
人が大勢集まる時
時間はかかってもいいから手数をかけたくないずぼらなわたしが選ぶのは
たいていオーブン料理

a0107981_1730242.jpg

Gordon Ramsay のレシピ本をパラパラめくっていて
ふと目に止まったのは 最近ずっとはまっているスモークパプリカを使う
Slow cooked smoky pulled pork
要は スモークパプリカやタイムやガーリックなどでマリネした豚肉を
ゆっくりゆっくりオーブンで焼くというもの
a0107981_17303269.jpg


まずは焦げないように玉ねぎとタイムを敷いた上に 一晩マリネしたお肉の塊を置き
140度くらいの低温で1時間ロースト
その後 アルミホイルでカバーして5時間ほど蒸し焼きにします
a0107981_17304974.jpg

焼き時間はトータル6時間
長いといえば長いけど その間手間はゼロ

クリスマスプディングをゆでるのに7時間とか
クロテッドクリームを作るのに オーブンで12時間とかやっているせいか
6時間なんて 近頃は何の抵抗すらもない
むしろその間 出かける以外は何でもできるのだから
ありがたや~という感覚 です(^^)

その間に何年かぶりのショートケーキ モンブランバージョンなるものを作成
ふわふわのスポンジを焼いたのはなんて久しぶり
a0107981_17304191.jpg

生クリームをナッペしたのもあまりに久しぶりで
感覚 すっかり忘れてます(^^;)
最近はめっきりイギリスのなんちゃってバターアイシング ぺたぺた~くらいしか
デコレーションしていませんから、、、
でも この日のメンバーの好物だったので 今日は6時間もあることだしと
珍しくデザートに作ってみたのでした
a0107981_17305861.jpg

さて 6時間後の豚肉は~
ワクワクしながら 蒸気で膨らんだアルミホイルをはずしてみると~
あの巨大な2kgのお肉の塊はシュリンクし
玉ねぎの下にはた~っぷりの脂とグレイビー
触るとホロホロに繊維にほどけていきます
なるほど pulled pork
そして
この日来てくれるパン作りの得意な友人にちゃっかりピタパンを頼んでいたので
それに先ほどのお肉の下でトロトロになった玉ねぎと
スモークパプリカやチリの入ったマヨネーズベースのソースと共に詰め込んでいただきます
a0107981_1731622.jpg


この日は持ち寄り新年会
食べきれないほどのご馳走とワインで
あっという間に宴はたけなわ 夜は更けていったのでした
でもどんなにお腹は一杯になっていても 我が家に集まるメンツは甘いものは別腹
デザートなしはありえません
〆はジャパニーズモンブランショート
何年かぶりに食べたけれど 前より好きかも、、、
この食事とお酒の後に ヴィクトリアスポンジはさすがに辛いけれど
これなら軽く入りますから(^^)

そんなこんなの遅ればせながらの我が家の新年会


今日は珍しくミーティーなブログだったので
甘いもののお話しを ご所望の方は こちらをどうぞ☆






にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-03-14 15:35 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

宿と朝ごはん

ピークディストリクトから ヨークシャーに抜ける辺り
見渡す限り 緑と点在するひつじ
そしてヒースの花で紫に染まった大地

a0107981_8442347.jpg

もう1月も最終日
いつまでもお正月気分で 朝ごはんとお宿話しを続けているのもなんなので
そろそろ終わらせようと思いますが~
a0107981_8443276.jpg

ここまで
フルブレックファストか スモークサーモン&スクランブルエッグ
あるいはエッグソルジャーくらいしか登場していなかったので
イギリス朝ごはんにはこんなものもあるよ~ということで
a0107981_844422.jpg

スモークハドック(燻製タラ)& ポーチドエッグ with メルバトースト(薄いカリカリトーストのこと)
とか
a0107981_8445184.jpg

スモークキッパー(燻製ニシン)にバター付きパン
とか
マッシュルームオムレツとか、、、
a0107981_8445977.jpg

B&Bによっては選択肢が結構あります
そういうところでは 前の晩にあらかじめ
「明日の朝は何が食べたい?」 と聞かれることも多々
お魚メニューがあると ちょっと嬉しい
ポリッジは、、好きだけれど それだけでは寂しいので頼まない

あ~次は スコットランドで abroath smokie (美味しい燻製タラ)を出してくれるB&Bに泊まりたいかも
美味しい地方菓子を巡る旅もいいけれど
美味しい朝食を巡る旅もきっと楽しいだろうなぁ
イギリスでB&Bに泊まるなら
ゆで卵印 (Breakfast award) を看板に掲げているお宿を選ぶといいですよ(^^







にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-01-31 08:43 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

宿と朝ごはん

古いお屋敷と可愛らしいB&B
ファーム
どれも幸せですが 難点があるとすればひとつ
他所のお宅にお邪魔するのでちょっぴり気を使うことと
近くにパブがないと 夜に車で移動しなくてはいけないこと

イギリスパブの楽しみは まずはエールにスタウト そしてサイダー
帰りの運転の心配がなければ 心置きなく飲めるというもの
a0107981_8421538.jpg

そこで最高なのが 「イン」 と呼ばれるパブに併設の宿
パブの2階だったり 別棟だったり
とにかく 夜遅くまで飲んで食べて楽しんでも 後は寝るだけというこの安心感が堪りません(笑)
a0107981_8422436.jpg

なので インも大好きなのです☆

いくら玄関の鍵を渡されていても
B&Bに夜おそ~く静かに帰るのもちょっと気が引けますから

普段は見れない静かなパブの朝の顔
a0107981_8423530.jpg

薄暗い落ち着いたトーンのパブで食べる朝ごはんもおつなもの
ちゃんとフードの美味しいパブを選んでおけば
朝ごはんも間違いありません

a0107981_8424458.jpg

スモークサーモンとスクランブルエッグ
トーストにバターとマーマレード
そしてたっぷりのミルクティー
a0107981_8425380.jpg


そういえばイギリス旅の間中
野菜って夜に食べる付け合せの人参とインゲンかブロッコリーくらいしか食べていないかも、、、
ランチにクリスプス(ポテトチップス)を食べながら
「これは野菜だよ」 って言っていたイギリス人
それはどうなのよっていつも思っていたけれど
確かにこの国にいると 「お野菜食べなくちゃ」 という気持ちがなくなるから不思議
おすしを食べながら 「お米もベジタブルだよ」 とも言っていたけれど
ならわたしもケーキを食べながらこう言おう
「小麦もベジタブルかもよ?」



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-01-29 08:41 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

宿と朝ごはん

今宵のお宿もファーム
ひたすら広がる牧草地 無数に散る白い点々はひつじさん
目の前の木の下でも眠っています
a0107981_8391891.jpg


「ピンポ~ン」
呼び鈴を鳴らして 出てきてくれたのは優しそうな奥さん
「荷物置いたら お茶はいかが?」
「お部屋に持っていってもいいし それとも表のテーブルにする?」
「じゃあ せっかくなので表でお願いします~」

a0107981_8392924.jpg

美味しいケーキと 紅茶でほっと一息。。

ファームにしてもB&Bにしても 予約をした際聞かれるのが大体の到着時間
今か今かと待ち構えていて
門をくぐり 砂利道をじゃりじゃりじゃりじゃり~っと音を立てながら車で入っていくと~
飛び出してくるオーナーさん
かと思えば呼び鈴を鳴らしても 全然反応はなく
あれ~このおうちじゃないのかなぁ~とちょっぴり不安になりながら 家の周りをぐるぐる探すと
「ごめんごめん~気づかなかったよ」 とお庭で作業をしているご主人などなど
それぞれで面白い ^^

お部屋ももちろん色々
a0107981_8393782.jpg

ここはとてもファームとは思えないほど
きれいなお部屋
でも大体共通するのが おいてある食器やグッズに動物柄が多いこと(笑)

田舎だと大抵はその村唯一のパブで夕食をとり~
熟睡
で 目覚めた朝 窓の外の景色と 空気の冷たさに心を洗われる思いをします
朝靄に包まれた牧草地
a0107981_8394495.jpg

朝日が昇り 徐々にピンクに染まっていく大地
こんな清清しい空気を吸えば お腹も空くというもの

朝食は絵のような眺めの広がるダイニングで
a0107981_8395322.jpg

日頃 あ~また朝が来ちゃった起きなくちゃ、、なんて生活をしているけれど
こんな景色と朝食が待っているのなら
「わ~い朝だ~」 と爽やかに飛び起きられそう
a0107981_84007.jpg

ファームならではの とびきり新鮮な朝ごはんが並ぶ食卓
卵も黄色が濃いこと☆

a0107981_840981.jpg

で またもや私はエッグソルジャー
ファームでゆで卵をお願いするとよく登場する このニワトリさん型エッグスタンドに
思わず笑顔 ^^

a0107981_8401723.jpg

爽やかに広がる外の景色を眺めながら
美味しいねと言いながら ゆっくり食べるこんな朝食は 何よりのご馳走

あくせくバタバタしても
のんびり穏やかにしても 1時間は1時間
持ち時間は変わらないし
実は自分の持ち時間も分からない
効率よくこなせばこなしただけ 余計に忙しくなるのなら
はじめからのんびりしたほうがいいんじゃない~とこんな瞬間だけは思うのだけれど、、




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-01-27 08:38 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

宿と朝ごはん

カントリーサイド
ひたすら長閑な光景が眼前に広がります

a0107981_836640.jpg

まずはパカパカのんびり歩く馬に前を阻まれ
お次は悠然と前を横切る大きな牛
そしてウズラ?鳥たちにもとおせんぼされ…
a0107981_8361651.jpg

ようやく目指すファームのサインを発見☆
どんどん動物が増えていきます
「お邪魔しま〜す」動物たちにジロジロ見られながら進んで行くと
a0107981_8362645.jpg

見えてきました
緑の丘の上にぽつんと佇む目指すお宅
今日のお宿はこのファーム
古いお屋敷や可愛らしいB&Bも大好きだけれど
ひと旅に1泊か2泊はファームにも泊まりたい
カントリーサイドを満喫できますからね(^ ^)
a0107981_8363843.jpg

しかもこの日のお部屋はなんと このshepherds hut (移動式羊飼いの小屋)

a0107981_8365019.jpg

母屋にも泊まれますが たまにはこういう体験も旅ならでは
扉を開ければそこは緑と草を食む動物たち

a0107981_8365821.jpg

トイレやシャワーは母屋に行かないといけませんが
ベッドはもちろん 電気が通っているのでティーセットに冷蔵庫
小さな薪ストウブまで付いています
a0107981_837653.jpg

窓からは羊たちのお食事シーン
夜になってもず〜っと彼らはお食事続行

朝 彼らの声と朝日で目覚めたら〜
a0107981_8371681.jpg


お楽しみの朝食タイム☆
頼めば表のテーブルにも運んでもらえますが 寒いんですよね イギリスの朝^^;
なので ティールームも兼ねている母屋のダイニングルームでいただくことに

a0107981_8372590.jpg

朝食のプレートに添えられていたのはこの地方らしくオーツケーキ
エネルギー補充もばっちり☆

four poster の優雅なベッドで目覚めるのもいいけれど
目を覚ました瞬間 周りを見回して
ここはどこだっけ?しばしぼ~っと考える、、、そんな気分になれるのも楽しい
イギリス旅



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-01-25 08:27 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧