カテゴリ:イギリスのおいしいもの( 329 )

Madeleine's date crunchies

イギリス滞在中のある日
田舎の村で友達に会い
そこからまた別の村の友人宅へ移動をしようと車で走っていると~
あらま 狭い道がビニールテープで通せんぼ☆
はて、、、困ったな
これをはずして通っていいのかしら? なんて思っていると
左からミルクぱんぱんの牛さん登場
a0107981_15161290.jpg

あ~草を食べて道を挟んだ反対側のおうちに帰るのね
そういうことなら待ちましょう~
約束の時間は迫っているけれど、、、

なんて悠長に構えて写真なんて撮っていたのですが~
エンドレスに続く牛さんの横断
え~~~ 一体何匹いるの??
後ろにも車が来ちゃったので 戻ることも出来ないし、、
でもさすがにもう終わるだろう もう終わるだろう と思って待つこと
a0107981_15162264.jpg

。。。30分
絶対100頭以上いたと思う、、
たま~にあるんですよね こういう事
以前出くわしたのは 狭い道で牛の行列の後についてしまい
抜かすことも出来ず ず~っと牛のお尻をみながら のろのろ運転
「牛歩」 とはよく言ったもの 牛の歩みのゆっくりさを身を持って実感、、、

a0107981_15163150.jpg

こんな経験を通して
イギリス人は列に並ぶこと 待つことに辛抱強くなるのか、、、
などと考えているうちに
刻々と過ぎていく約束の時間

大分遅れてようやく辿り着いた5年ぶりの友人の家
久しぶりだと言うのに開口一番 「遅れてごめんね 牛のせいなの」
なんてわけの分らないであろう言い訳(^^;

a0107981_15164021.jpg

相変わらず緑鮮やかな友人宅の懐かしの庭
しばしキャッチアップした後は
「さぁ久しぶりにお菓子作りますか」 と腕まくり

実はたまたま訪れたこの日の数日後
この村の教会の修繕費を集めるために 村中でチャリティーオープンガーデンするとのこと
そのためのケーキやビスケットを沢山沢山準備しなくちゃいけないのというので
この日は一緒にお菓子を焼くことにしていたのでした
a0107981_15164819.jpg


手書きのレシピを広げ
まず作り始めたのは 「デーツクランチ」
クランブルとクランブルの間に 柔らかく煮たデーツをサンドして焼くトレイベイクです
a0107981_15165742.jpg


久しぶりに使う天秤量り
しかも相変わらずのパウンド単位の錘
せめてグラムの錘が欲しいのよねなんて思う 懐かしの面倒くささ(笑)
そして
このレンガのようなブロックタイプのデーツも懐かしい~
(2つ上の写真のまな板の上にのっている茶色い塊のこと)
刻んだデーツを固めてあるのですが 煮るとすぐに柔らかくなるので便利なのです
a0107981_1517672.jpg


入場料として 例えば4ポンドとかをいただき
訪れてくれた人に 自分のお庭を見てもらい
紅茶とお菓子を出すオープンガーデン
その集まったお金で村の教会を直しましょう~なんて
なんてイギリスらしい募金の集め方

a0107981_1517161.jpg

この後いくつか一緒に作りましたが
当日までに全部でお菓子を15種類くらい作る予定なんだとか
その日の朝はスコーンを焼いてサンドイッチも作り
近くのファームショップでいちごとクリームを買ってきて
Proper English afternoon tea を準備するんだと張り切っていました (^^)

ほんとうはそのオープンガーデンの週末に来たかったのだけれど
残念ながらロンドンへの移動日
ほんとうに残念!! でもまぁ一緒にお菓子を作りながらおしゃべり出来たからいいか~
当日じゃきっとお茶いれとお客さんの案内でおしゃべりどころじゃないでしょうから

気が置けない友人と お喋りしながらのお菓子作り
オーブンにお菓子を入れて ちょっと休憩~と マグカップで飲む紅茶
なんてハッピーなんだろうと思う瞬間





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-08-17 15:11 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

湖水地方の甘いもの Sharrow Bay

湖水地方を車で走っていると
さまざまな景色が 目の前に現れては消えていきます
湖水地方というだけあり 湖が点在しているのですが

自然に囲まれた静かな湖があれば
ヨットがひしめき合うリゾート もしくは観光地的な賑やかな湖もあるし

a0107981_9354616.jpg


可愛らしいひつじさんたちが 草を食んでいるのが
いかにも牧歌的な緑広がる牧草地のこともあれば

a0107981_9394232.jpg


イギリスにしてはめずらしく
やけに起伏の激しい丘陵地帯のこともあります

a0107981_9355634.jpg


そんな景色を脇目に辿り着いたのは
先のKendal から車で北に向かい1時間弱ほどのところにある
Ullswater の湖畔沿いに佇むホテル Sharrow Bay

a0107981_9441566.jpg

全体に優しい色調で いかにものんびりした空気が漂っているシャロウベイ
ラウンジでは楽しそうに奥様方がお茶を楽しんでいます
a0107981_9364293.jpg

ここは湖水地方名物 スティッキートフィープディング発祥の地として
有名なホテル
喧々諤々諸説あるものの
"Sticky Toffee Pudding was invented here"
ここのHPにはしっかりとそう記されています
a0107981_943272.jpg


ビーフシチューでも カレーライスでも ありませんよ
これがオリジナルと言われている スティッキートフィープディング
あたたかなトフィーの海に浮かぶ
デーツスポンジとバニラアイスのふたつの島
a0107981_9363173.jpg


そこに生クリームもたらり・・・
この大きな器 そして大きなスプーンでトフィーをすくっていると
トフィーはソースというより ほぼスープ状態
でも 大丈夫 ^^最後までおいしくいただきました
もう スポンジにちょっぴりトフィーがかかったスティッキートフィープディングには戻れません~(笑)

今回はほんとうにこのスティッキートフィープディングを食べるためだけの訪問でしたが
いつかゆっくり滞在し
散歩したり ひたすらぼ~っと湖を眺めたり
そんな休日を過ごすしたいものです
お部屋もなんともラブリーそうだし☆





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-08-08 16:35 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

朝ごはんを~

朝ごはんを求めてロンドンの街を歩くと

a0107981_16274333.jpg

そこには魅惑的なものがいっぱい
お昼もどうせアフタヌーンティーなのだから
朝くらいせめて 甘くないものを食べようと思ってお店に入るのだけれど
a0107981_16275128.jpg

結構な確率で誘惑に負けます
そういう店を選ぶ自分が悪いのだけれど
朝からあんまり素敵においしそうなケーキたちを並べないで欲しい、、、
a0107981_1628345.jpg

たとえ誘惑に打ち勝って
爽やかに朝のロンドンを歩いていても~

a0107981_16281491.jpg


またもや甘い罠、、、
ファーマーズマーケットやっていますの看板にふらっと横道をのぞいたら
そこは、、、
a0107981_16282325.jpg

そこに並ぶのは おいしそうなパンたちに

「クリームもジャムももうサンドしてあるから食べるだけよ~」
と 誘ってくるスコーン

a0107981_16283067.jpg

そしてケーキたち、、、


a0107981_16284054.jpg

さっき誘惑に打ち勝ったって 思ったばかりなのに

このチェルシーバンズの艶
大きなエクルスケーキの いかにもさっくりとしたペストリー、、、
人の年齢はさっぱり当てられないけれど
そのお菓子の顔を見ただけで 美味しいかそうでもないかは分る(気がする)今日この頃

わたしの美味しいセンサーがピコピコ反応☆
でもこのあとアフタヌーンティーだし、、葛藤していると
脇から 「そのチェルシーバンズ1つちょうだい」
「あ わたしも ひとつ」
と連続のチェルシーバンズ人気
あ~やっぱり美味しいんだよね、、、

a0107981_16285076.jpg



「わたしにもその一番大きなチェルシーバンズとエクルスケーキ1つずつ下さい」
。。。



いいんです
甘いものの誘惑と自分に甘いのは百も承知★





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-07-16 21:26 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

クランペット in London

日本に帰ったらすぐにクランペットのレッスンだな~なんて 頭の片隅で思いながらのロンドン
せっかくだから話しのネタにでも~ いえいえ話題のひとつとして
美味しいクランペットでも食べていくことにしようかな
なんてことで 向かったのが
ここ
リージェントストリートにあるバーバリー本店に併設のカフェ Thomas's

実はここで AGAで焼いたティーケーキやクランペットが食べられると聞いて
ちょっと気になっていたのです
きっとどうにもバーバリーと AGAのイメージが結びつかなかったからだと(笑)
a0107981_1402296.jpg

お腹をすかせて朝ごはんへと向かいます
そう ここは素敵なことに平日は朝8時オープン
朝から美味しいクランペットをいただこうというわけです

メニューを眺めてみると~
あらまぁ なんだか美味しそうものが沢山!
・・・ でもここは初心貫徹 Hot buttered crumpets from AGA を選びます
a0107981_14031100.jpg

さぁ お待ちかねの クランペット
強めの焼き色が香ばしくてもちもち
あ~確かに 美味しいかも


a0107981_1403976.jpg

もう一品 どうしても頼まずにはいられなかったのが
「グーズベリー&エルダーフラワードリズルケーキ」
シーズンものですものね
ルバーブ&ジンジャーと同じくらい大好きな組み合わせ

存在感のある器にのせられ
入り口すぐの大きなテーブルにずらりと誘うように並べられたケーキたち
入ってきた時から気になって仕方ない(笑)
たとえ朝でも 朝ごはん直後でも これをスルーできるはずもなく、、、

a0107981_1405123.jpg

今回このお店にはAGA焼きクランペットにつられてやって来たので
正直お店の雰囲気自体にはあまり期待していなかったのですが~

この空間 かなり落ち着けます
高い天井に 素朴な大きな木のテーブル
ラフに活けられたお花が 雰囲気を上手に和らげ
ロンドンの喧騒を忘れることができます
気楽なアフタヌーンティーを楽しみたい時にもきっとお役立ち
次来ることがあったら ご自慢のロブスター&チップスも試してみたいのものです☆

もう一軒 気になっていたのが
フォートナム&メイソンのダイニング 45 Jermyn St
ここは裏のJermyn ストリート側に入り口があり 朝7時からオープン
素敵にスーツを着こなしたおじ様たちに混じって優雅に
でも かしこまり過ぎない朝食をゆっくりとることができます(笑)

a0107981_1405926.jpg



選んだのはもちろん クランペット
こちらのクランペットはバターとマーマイトを塗った上にダックエッグの目玉焼きのせ
という 朝食スタイル
エッグソルジャー好きのわたしにっとっては
マーマイトに半熟卵 それだけで充分に ご機嫌な組み合わせですが
考えてみるとここまで10日間以上のイギリス滞在中 野菜をほとんど採っていない
何故かこの朝 無性に体が野菜ものを欲し
サイドメニューに見つけた アボカド&トマトのチリサルサを追加
ABC という 体によさげなジュースも注文
(Apple, Beetroot, Carrot and Ginger でABC だそうな)


a0107981_141772.jpg

これでビタミン補給できると ほっと一安心
めったにそんな要求はないので よほどビタミン欠乏していたのでしょう(笑)
でもおかげで クランペットは彩り&味わいアップ
卵だけより こちらのほうが絶対飽きずに食べられます
それにしても クランペットにたっぷりバター&マーマイトは なんて美味しい組み合わせ
ここはちょっとマーマイトが必要非常にたっぷりで
卵があってよかったと思えるしょっぱさだったけれど(^^;)

a0107981_1411683.jpg


友人の頼んでいたバックレアビット(ウエルッシュレアビットのポーチドエッグのせ)も美味しそう^^
もう一種あった Elegant Rarebit は確かベーコンのせ
ここは次にきたら Kedegree が食べてみたいな

ロンドンは人が多すぎて疲れてしまうので10年に一度くらいでいいななんて思うのだけれど
昨今の食の充実度には目を見張るばかり
また食べ物に釣られてやって来ちゃうのかもしれないな なんて思うのでした

食いしん坊ロンドン話しもうちょっと続けます~




☆★ お知らせ ★☆
9月のレッスンの募集は 7月25日(火)21:00頃の予定です



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-07-13 22:04 | イギリスのおいしいもの | Comments(6)

Elderflower drop scones

さて お天気もよさそうだし 今日はお庭でランチができるかなという とある週末
何が食べたいかなぁ ・・・
その時 ふと目に付いたのは 「グリドル」

先月の「ウエルッシュケーキ」 今月の「クランペット」と
ここのところずっとレッスンでグリドルを使っているので
今は コンロ脇に出しっぱなしになっています

そうだ ドロップスコーンにしよう~
せっかくだからエルダーフラワーも入れて☆
a0107981_121212.jpg


イギリスの 「ドロップスコーン」とは 「スコッチパンケーキ」とも呼ばれる
日本で言うところのいわゆるパンケーキ
ベーキングパウダーをいれてふわっとさせ 気持ち小さめに焼きあげます
イギリスのパンケーキは 例のぺらぺらクレープのような薄~いものですから

a0107981_1213174.jpg

小麦粉とちょっぴりのお砂糖とベーキングパウダー
卵に牛乳という普通の生地に 今日はエルダーフラワーコーディアルを加えて 香り付け
グリドルにぽとりと落としたら
後はエルダーのお花を 散らしてあげます
味というよりは コーディアル入っていますよ~のサイン

a0107981_1214018.jpg


いつぞやもご紹介した エルダーフラワーのフリッター同様
お花は別にさして 美味しいものでもまずいものでもないので
香りだけならコーディアルさえ入れれば お花はなくてもいいけれど
なんでしょう 季節を楽しむ 雅と申しましょうか
まぁ お遊びですね(笑)

a0107981_12150100.jpg

焼きあがった お花模様のスコッチパンケーキ
表のテーブルに運んだら
ヨーグルトと コーディアルをたらりとたらして
さぁ 食べよう☆
おっとその前に コーディアルで 乾杯!

a0107981_12206.jpg



来年も同じような日が 同じような時間が持てるかもしれないけれど
ないかもしれない
先の事を案ずるより
一日一日を大切に






にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-07-01 12:00 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

Meringue roulade with elderflower syllabub

せっせと作ったエルダーフラワーコーディアル
ただ飲むだけではなく いろいろなお菓子にも活用できます
これで何が作れるかな 考えるのも楽しいひと時
ジェリー
それとも いつかレッスンでも作ったシラバブ
a0107981_884553.jpg

う~ん でも今日は何かもうちょっと違うもの、、、
冷蔵庫をのぞくと 余った卵白を発見
そうだ メレンゲルーラードにしよう
エルダーフラワーのシラバブをたっぷり巻き込んだら絶対美味しそう~!
a0107981_885839.jpg

シラバブをフィリングにしたことはないけれど
きっとしっかりたてれば大丈夫なはず
まぁ 失敗してもおやつだし(笑)
Give it a go!

まずは卵白をフワフワに泡立ててメレンゲを作り
薄く延ばして オーブンに入れている間に シラバブ作り

a0107981_89938.jpg


薄いメレンゲは表面サクッと 中ふわふわに焼き上げます
まるでマシュマロのようなメレンゲはイギリス人の大好物☆
ここにさらエルダーの香高いふんわりシラバブを盛りに盛り
無理やり巻いていきます
さぁ 出来た ♪
断面を見るまで分らないけれど とりあえず大丈夫そう(笑)
a0107981_891963.jpg


大成功~☆
トーンの違う白と白が美しい
口の中でメレンゲとシラバブがシュワシュワ溶け合うなんとも楽しいメレンゲルーラードの完成
その日運よく(?)遊びに来たメレンゲ好きな友達と
「結構ありだね」 美味しくいただいたのでした(^^

a0107981_883027.jpg


さぁ 次は何を作ろうか






にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-28 08:07 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

Lemon & elderflower drizzle cake

ミルキーホワイトの小さなちいさな花が集まったエルダーフラワー
そっと両手で持つと ふっわふわの触り心地
まるで溶けない初雪のようで
とってもハッピーな気分になれるのですが~
a0107981_20574452.jpg


連日のコーディアル作りでそろそろ 感動も薄れてきたので(笑)
この日はエルダーフラワーの香りいっぱいのケーキでも焼くことに
何にしようかいろいろ考えたものの
結局一番簡単な 「レモン&エルダーフラワーのドリズルケーキ」 に決定

a0107981_20575637.jpg

手の込んだフランス菓子は美味しいけれど
イギリス菓子の場合は大抵 simple is best

スポンジにはレモンの皮とエルダーフラワーコーディアル
a0107981_2058791.jpg

たっぷり染み込ませるシロップにも やっぱりレモンとコーディアル
そして シロップには普段は粉砂糖を使うけれど この日はグラニュー糖に
そうすると いつものカシャッという繊細なレモンドリズルの糖衣より
もう少ししゃりっと しっかりした食感の
a0107981_20581976.jpg

エルダーフラワーの香りもしっかり感じられるグレーズになります

こんなケーキがテーブルにあったら お茶の時間が待ち遠しくて仕方ない☆

近頃よく思うこと
お菓子ってこんなに簡単で美味しくていいんだっけ?
それともわたしの味覚が相当 プリミティブに返っている??





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-25 09:29 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

エルダーフラワー

先週先々週と重い腰をよいしょっと無理やり持ち上げ イギリスに行ってきました
その話しは後ほどするとして~

その前の週 晴れている日は毎日せっせせっせとコーディアル作り
きっと旅行から帰る頃にはエルダーのお花は終わってしまっているから

a0107981_1462926.jpg

帰国してから植えたので 5年も経っていないはずの我が家のエルダー
たいして栄養もなさそうな庭の端っこで やたらすくすくと育ってくれています
「伸びすぎだよ~」 としょっちゅう刈り込まれるのに負けじと
ぐんぐんぐんぐん空へ向かって お隣さんヘ向かって伸びていきます
「あれ摘みたい」~と思う大きな花の房は もう2階の窓からとったほうがよさそうなほど
a0107981_146441.jpg

なんだか今流行りのスティックカリフラワーでも茹でているような画ですが
一応 エルダーフラワーコーディアルを作成中の様子

a0107981_1465387.jpg

レモンとクエン酸を加えた熱々シロップに 大量のエルダーのお花を漬けて24時間
ただそれだけ
誰がどんな魔法をかけているのか分らないけれど
あまりいい香りとも言えなかったあの生のエルダーフラワーが
まるで上質なマスカットのような
なんとも言えない爽やかでフルーティーな香りに大変身☆
a0107981_147355.jpg


今年のコーディアルもかなり上出来
自画自賛!

a0107981_14352498.jpg


昔からヨーロッパで 万能薬として活用されてきたエルダー
抗アレルギー作用や 抗酸化・ 抗炎症に血液の循環促進 etc... さまざまな効用があるらしいけれど
今の時代なら 抗ストレスや安眠効果などのほうにより期待☆
このえも言われぬ花香
梅雨時期のちょっとブルーな気分も ぜ~んぶ吹き飛ばしてくれます

a0107981_1472512.jpg


炭酸で割った爽やかな エルダーフラワーのコーディアルは
イギリスでは アルコールがNGな人のための 夏のウエルカムドリンクによく登場します
他にも使い方は工夫次第でさまざま
ジントニックの香りと甘み付けにちょっぴり入れても美味しいし
かき氷のシロップにしても美味しい
ケーキやデザートの材料にももちろん使えるし
冬ならお湯で割ると 本当に風邪予防に良さそうなお味

そんなこんなで我が家の冷蔵庫(特に野菜室)は いつも季節のもので作った
コーディアルやチャツネでいっぱい☆
それにワインやら大量レモンなどが入るものだから
野菜の入る余地が、、、ほぼない状況(^^;)
イギリスみたいな気候なら チャツネだってクリスマスプディングだって
その辺の戸棚に入れておいても平気だけれど
ほぼほぼ亜熱帯のような昨今の日本の夏や梅雨時期を考えると
ついついなんでも冷蔵庫に入れたくなってしまいます

今欲しい物☆
ワインセラーならぬ チャツネやコーディアルセラー
よく瓶の裏に書いてある 「冷暗所にて保存」 っていうその冷暗所が欲しい~




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-22 10:04 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

ローズショートブレッド

「これお庭に咲いたバラなんです」
教室に来てくださる方から お花をいただくことがあります
わたしにとっては お庭のお花を摘んで 花束を差し上げられるって
夢のようなこと
うちの植物たちじゃ 「お料理に使ってね」 ってハーブの束をあげるのがせいぜいですから

それもこんなに綺麗なバラ
こういう時 「キレイ」 って言葉しかでてこない語彙の少なさに
いつもブログを書きながら もっと本を読まないとね、、反省、、

a0107981_1056781.jpg

そんなことはさておき

美しいものは
散る様も 実にアートで

しばらく花びらを片付けることができませんでした (^^;

a0107981_10561724.jpg


一方
我が家の茨のように生い茂った1本の(1本だったはずの)バラは~
まぁ それなりにおてんばは おてんばなりに 愛らしくはありますが
こんな感じ

a0107981_10563126.jpg

そしてバラを見ていたら やはり花より団子
やおら作り始めた ローズのショートブレッド


a0107981_1152078.jpg

ローズシュガーをたっぷり入れて
でも 安い石鹸みたいな味(香り)には ならないように

ローズ味のお菓子って 好みがあるけれど これならきっと大抵の人は大丈夫
そんな優しい 自然な味

さぁ 紅茶を淹れよう☆




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-16 10:55 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

残ったビールで、、、

5月のレッスンの間
ウエルッシュレアビットを作るのにエールを毎日一瓶あけるものの
使うのは半分弱
みんなに「飲まない?」と聞いても意外と遠慮して あるいは車の人も多かったりで
結局残るエール
最初の数日はひとり夜に飲んでいたものの それもだんだん飽きてきて
次第にお肉やお魚のビールソースなどを作り始めます
でもエールは加熱して生クリームとあわせても意外と苦味が残るため
シンプルなソースにはあまり向かないよう

a0107981_1045526.jpg

そこで次に作り始めたのは 料理本の中に見つけたBeer bread
全粒粉と重曹とお塩を入れたボールに ビールを加えるだけという 超お手軽ソーダブレッド
まぁまぁ
うん
でもやっぱりエールじゃ苦すぎる、、、
a0107981_10451427.jpg

じゃあやっぱりこれかな
Fochabers gingerbread
スコットランドの小さな町の名がついたジンジャーブレッド

a0107981_10452563.jpg

エールとドライフルーツそしてブラックトリークルがたっぷり入った
ジンジャーブレッドフリークのわたしが本当に美味しい、、、といつもしみじみ思うケーキ
a0107981_10453562.jpg


これにはエールがぴったり
フルーツを漬け込むとかではなく
生地に直接しゅわしゅわしゅわ~っと混ぜてあげます

ジンジャーや他のスパイス類と合わさって
苦さは残らず 味の深みだけ残る感じ
他のジンジャーブレッド同様 すぐには食べられず数日おいてからが食べ頃

a0107981_10454522.jpg

Fochabers ・・・
未だに正確な発音が分らない
知り合いのイギリス人に聞いても スコットランド出身の人に聞いても分らない、、、
この町までおいでってことかな?
古いお菓子だからもう見つけることはできないかもしれないけれど~

a0107981_10455534.jpg

こんなマニアックなお菓子ではなく
ビールを使うイギリスケーキの代表と言えば 「ポーターケーキ」
ドライフルーツたっぷりのいわゆるフルーツケーキの一種
でも作り方は ボイルドケーキや バラブリス風に お鍋が登場するタイプ

a0107981_10461337.jpg

このケーキに使うのは その名のとおりエールではなく
ポーター(普通のエールよりもっと色や味の濃いビール)

スタウト(ギネス)を使うギネスケーキとあわせて
詳しくこちらに書きましたのでご覧下さい~

a0107981_10462593.jpg


これまたフルーツケーキ・ジンジャーケーキ同様のおあづけ系ケーキ
焼きあがりの素敵な香りをかぎながら 食べられるのは
数日後、、、




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-10 10:42 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧