カテゴリ:レッスン( 149 )

ミニアフタヌーンティーレッスン

今月はミニアフタヌーンティーレッスン
スコーンに ケーキ
そしてサンドイッチを作ります

a0107981_17345193.jpg


アフタヌーンティーには欠かすことの出来ないサンドイッチ
日本だとサンドイッチはもう食事
3時のお茶のお供という感じはしませんが
お茶のお供にバター付きパンなどを食べるのは イギリスでは紅茶文化と変わらないくらいなが~い歴史がある習慣
さすがに生活環境も変わった現代 イギリスでもサンドイッチといえばランチなどの食事ですが
いまだアフタヌーンティーのときだけはお茶のお供です
a0107981_17341584.jpg

それにしてもカントリーサイドのアフタヌーンティーに行って 圧倒されるのはそのボリューム
それだけで軽く1食分はありそうで いつも思わず笑ってしまいます^^
でもそれを期待している自分がいて お上品に出てくると 寂しくなったりして(笑)

定番は キューカンバーサンドに チェダーチーズもしくはハム&チャツネ
エッグ&クレスに スモークサーモン&クリームチーズ
そして 「コロネーションチキン」

a0107981_17334883.jpg

1953年 今のエリザベス女王の戴冠式のパーティーのため
お料理担当をおおせつかった当時のコルドンブルーロンドン校校長のRosemary Hume氏が考案したお料理です
1935年のジョージ5世のシルバージュビリーの時に供された Jubilee chicken をベースに考えられたといわれていますが
いずれこのお料理がイギリスの家庭料理として広まったのは彼女のおかげ
スパイシーすぎないカレー風味のマヨネーズ味は誰もが好む味
元のレシピはもうちょっと手が込んでいますが
今日はイギリス家庭でよく作られるお手軽バージョン
マヨネーズに カレー粉・マンゴーチャツネにレモンやグリークヨーグルトなどなどと
ゆでた鶏肉を合えるだけ
ディナーの一品ではなく サンドイッチにはこれで充分☆
a0107981_173357100.jpg

ちなみにお料理として出す時は ライスサラダが添えられるのが定番です
イギリスでは 日曜日のローストチキンが残ってしまった時など
月曜のランチのサンドイッチの具や夜ご飯として これまた定番(笑)

レッスンではスコーンにイングリッシュマドレーヌ・・・
今日はいつになくいっぱいやることがあるので
サンドイッチはこのコロネーションチキンサンドとキューカンバーサンドで手一杯
またいつか 時間をかけて美味しいサンドイッチを作りたいな、、、

a0107981_1734584.jpg

さぁ ようやく今日の3品出揃いました

お好きなアフタヌーンティースタンドを選んでもらって
楽しい盛り付けタイムです^^
と言っても これだけだからあっという間に終わっちゃうけれど
でも自分専用のアフタヌーンティースタンド なんか楽しいですよね

a0107981_17342356.jpg


サンドイッチが地味な分
イングリッシュマドレーヌのまっ赤なチェリーやスコーンのジャムの赤に助けてもらって
なんとか可愛らしく、、、

それにしても見た目より大分ボリューミーだったよう
(途中イングリッシュマドレーヌの切れ端や サンドイッチの耳をみんなでつまみ食いしているせいかもしれないけれど)
粉ものばかりですもんね
紅茶で膨れるし
a0107981_17344361.jpg

今回のミニアフタヌーンティーレッスン
それなりに楽しんでもらえたようで良かったのですが
一番要望が多かったのは アフタヌーティーのスタンドの作り方教室をして欲しいとのリクエスト
簡単だし 近頃は日本でもスタンド用の金具も手に入るし できなくはないのですが
何気に1枚穴を開けるのに時間がかかるので 皆めいめいのスタンドを作るのは
うちのキッチンでやるには結構大変

a0107981_17361341.jpg

作り方のデモと あとはみんなでちょっとずつ体験してもらい
各自おうちで好きなお皿でやってみましょう~的な感じでよければ いつか出来ると思いますが

もちろんその時はお茶付き イギリス菓子付きで (^^




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-10-04 08:35 | レッスン | Comments(0)

9月恒例スコーンレッスン

我が家のレッスンは 毎回好きなときに都度都度来てもらうシステムなので
何月から何月でワンクール はい全部終わったのでディプロマを渡して終了です
というようなことはないのだけれど
イギリスから戻って また始めたのが9月からということもあり
わたしの中だけでいつも9月は新学期の気分☆
だから基本に戻って 毎年9月は決まってスコーンを作ります

でも毎回同じではつまらないので 基本のスコーンプラス 毎年ちょっとずつ違うもの
セイボリーのスコーンだったり
チェリーだったり りんごの大きなラウンドスコーンだったり
時には プレーンでイギリスの粉との比較をしてみたり、、
去年はクレソンのスコーン
a0107981_15184357.jpg


で 今年はスコーンといえば やっぱりアフタヌーンティーよね ということで
ひとりひとり ミニアフタヌーンティーのセットを作ることに~
スコーンとサンドイッチ
そして ケーキは1つでもわりとラブリーに主張してくれる「イングリッシュマドレーヌ」

基本のプレーンのスコーン
材料も作り方も本当に簡単なのだけれど
シンプルなだけに悩みを一番聞くのがこのスコーン
美味しく、、というかみな 好みの味 好みの型があるので納得がいかないのかもしれません

a0107981_15185659.jpg

とりあえずわたしは自分の一番好きなスコーンを伝授します(^^
とにかくシンプル いわゆる普通のイギリスの家庭のスコーン
先日 三越の英国展に来ていた湖水地方のティールームのスコーン作りのお手伝いをちょっとしていましたが
やっぱりシンプルイズベスト を再認識
美味しいスコーンに 何も特別なものや作り方はいらないな~と
あ でもたまにご褒美的に使ったら楽しい特別なものがあるとしたら
それは今回もレッスンで使った中沢乳業さんのバターミルク
他のもので代用も出来るけれど あったらより美味しい(^^)
これ イギリスで売っているバターミルクにそっくりなので

a0107981_1519468.jpg


イングリッシュマドレーヌは約3年ぶりに登場
相変わらずイギリスではめったに目にすることはありませんが
このレトロな風貌から ビンテージ風ティールームのブームにのり
雑誌やレシピ本などにはずいぶん登場するようになりました

a0107981_15191379.jpg

こちらの作り方もいたってイギリス的
ヴィクトリアスポンジのような生地が完成したら 最後に加える大さじ1杯のお湯
これがかる~く生地の中のバターを溶かし 全体をゆるくなめらかにしてくれるので
小さなダリオール型にも入れやすくなるという、、、
なんて大胆というか 雑な作り方(笑)
でもそこが楽しい ♪
a0107981_15192257.jpg

今時ドレンチェリーなんて日本のケーキ屋さんでは目にしないし
昭和なイメージだけれど
うちに来てくれる人はみなイギリス菓子に毒されている(?)ので
「可愛い~!!」 と言ってくれる
それもまた うれしい ^^
でもほんとうは イギリスでnatural colour glace cherry として売っている
もう少しダークな落ち着いた色のドレンチェリーが欲しい、、
だんぜんいい雰囲気になるので、、
a0107981_15193029.jpg


お次はおまけのサンドイッチ作り☆
そしてお楽しみの 盛り付けタイム ♪



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-10-01 15:17 | レッスン | Comments(0)

Brandy snaps

7月のレッスンのもう一品は「ブランデースナップ」

光を透すほどに薄いジンジャー味のビスケットはまるでレースのよう
どっしりが基本のイギリス菓子にこんな繊細なお菓子があったのね~と
ちょっと意外に思う方も多いブランデースナップ

水玉のSusie Cooper のお皿にちょこんとのせられたブランデースナップは
いつものイギリス菓子よりは 少々おすまし顔に見えるから笑っちゃいます^^
a0107981_22494724.jpg


ジンジャーブレッドの一種とは言いつつ
サクッととしたビスケットとは違い カシャッと割れる食感のお菓子
見かけよりは生地の作り方は簡単で小さなお鍋ひとつでできてしまいます
a0107981_2250095.jpg


バターとお砂糖・ゴールデンシロップを煮溶かし
そこにブランデーとレモン果汁で風味付け
後は小麦粉とジンジャーパウダーを混ぜるだけ
これを小さじ1杯ほどずつ 天板に落としてオーブンへ
a0107981_2250959.jpg

5分を過ぎると 生地は泡立ち広がっていくので
程よい色に色づいたらオーブンから取り出します
ここからが面白いところ
生地がまだ熱いうちに持ち上げて くるりと木のスプーンの柄に巻きつけていくのです
だいたいオーブンから取り出して 30秒くらい経った頃がちょうどいい頃合
早すぎるとびろ~んと生地が伸びて破けてしまうし
a0107981_22501765.jpg

遅すぎると 生地はカチンと固まって曲げることが出来なくなってしまいます

最初はみんな 「きゃ~熱い」 「やだ上手に出来な~い」 「壊れた~」 と大騒ぎですが
否応なく どんどんオーブンから焼けてくるブランデースナップ
そのうちまるでブランデースナップファクトリーのように
皆で妙にスムースな分担作業が繰り広げられるように、、(笑)

a0107981_22502715.jpg

基本形は 泡立てた生クリームを筒状のブランデースナップに詰めたものですが
マフィンカップなどをひっくり返したものにのせて固まるのを待ち
アイスクリームなどの器にすることも

a0107981_22503636.jpg


レッスンではバニラアイスクリームをのせて ルバーブのソースをたらり
器もパリパリ割りながらアイスクリームと一緒に食べれば
これだけで ただのアイスが 食感も楽しい立派なデザートに☆

a0107981_22504382.jpg


筒状のブランデースナップはクリームを詰めたら すぐに湿気てしまうので
ほんとうは早く食べなくてはいけないけれど
少しソフトになったブランデースナップも 実はそれはそれで美味しかったりします^^

今回のレッスンで取り上げるまで ちょっと存在を忘れかけていたブランデースナップですが
久々に作ったらやっぱり楽しい☆
アイスクリームなど冷たいデザートの美味しいこの季節
我が家でもしばらく活躍しそう
日持ちを考えると 本当は湿気の少ない冬のほうが向いているのだけれど(^^;)

ブランデースナップについてはこちらに もう少しくどくど書いているので
ご興味ある方は是非どうぞ ♪





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-08-01 18:45 | レッスン | Comments(0)

Summer vegetable tart

7月のレッスン
なにか あまり粉粉していない 今の時期でも美味しく食べられるもの。。。
なんて考えた結果 決まったのは
「サマーベジタブルタルト」 と 「ブランデースナップ」

a0107981_1553833.jpg

どっしり粉感たっぷりで 温かい紅茶にぴったりのものが多いイギリス菓子
湿気たっぷりヘビーな暑さのこの季節 日本で食べたいものは結構限られます
そんなこんなで毎年7月は
去年の 「ズッキーニチョコレートケーキボイルドオレンジケーキ」 はさておき
(一応これも考えた末の夏向けケーキ、、)

キャラメライズドオニオンタルト& ルバーブトライフル
コーニッシュパスティ レモンポセット
などなどと
セイボリー系ペストリー& クリーム系デザートという組み合わせ

a0107981_15523327.jpg

「サマーベジタブルタルト」 分りやすく言えば 夏野菜のキッシュ
もちろんイギリスでも 「キッシュ」 という単語は使いますが
「タルト」 の響きのほうがよりイギリス的で好きなので 「夏野菜のタルト」
ナスにズッキーニ
トマトに枝豆・ スナップエンドウ
何を入れてもいいけれど 今回はそんな組み合わせ

a0107981_15524163.jpg

ズッキーニとナスは 最初にオリーブオイルとガーリックで軽くソテーするし
最期にチーズも入るので 味的には充分満足できるけれど
お野菜だけの時に わたしがよくするのは
ペストリーにハーブを少し加えること
ハーブは フレッシュでもドライでもよく
フィリングにあわせて タイムやローズマリー
あるいはエルブドプロヴァンスのようなミックスでもOK
a0107981_15525074.jpg

ちょっぴり加わるだけで 焼き上がりの風味が格段に違います
粉好きのわたしはペストリーだけでもずっと食べられるくらい美味しい(笑)
もちろん型に敷いて余った生地は チーズでもふって焼いてあげれば立派なスナックに☆
ハーブの香りのおかげでプレーンのペストリーより
気持ち爽やかに食べることが出来るので 夏におすすめです

a0107981_1552599.jpg

でも用意してあるのがプレーンの生地だし、、、という時は
ペストリーを空焼きした後 フィリングをのせる前に
底にバジルのペーストや タプナード・ チャツネなんかを塗ってあげてもよし
シンプルな具にしたい時は そんな一ひねりで こっそり美味しさUP

a0107981_15531779.jpg


「キッシュは大好きだけれど 買うと結構高いし
自分で作るとなんか失敗しちゃうし~」 そんな声を毎回聞いた 今月のレッスン
そして みんなで作った後は
「ここでみんなで作るとこんなに簡単にできちゃうのにね~」って(笑)

そう 一度憶えてしまったらこんなにお役立ちなレシピはありません
フィリングをちょっと代えるだけで がらりと雰囲気が変わるので
春夏秋冬 その季節季節の旬の素材を使ったり
冷蔵庫に余っているチーズをいろいろ混ぜちゃってもいい
a0107981_15532611.jpg

今日はメインにしたいなと思ったら ベーコンや サーモンなどをたっぷり入れたり
ワインのお供になら ブルーチーズとクルミに洋ナシなんかでも楽しい
フィリングの組み合わせは そのシチュエーションや 一緒に食べる人の好みに合わせて
いくらでも考えられるから
それこそバリエーションは星の数ほど

今の季節の前菜になら
空豆とグリンピース・枝豆と フェタチーズをちょっぴり入れた
グリーン1色なタルトも爽やかでいいし
アスパラガスだけだって 結構あり

もう考え始めると 作りたい(食べたい)組み合わせが 溢れ出てきます
そして願わくば焼きたてタルトの隣には しっかり冷えた白ワイン(笑)

今月のもう1品 ブランデースナップについては次回に~




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-07-29 17:51 | レッスン | Comments(0)

レッスン準備

毎月大体2週間レッスンをして 2週間お休みというサイクルを繰り返しているのですが
そのお休みの間に 次のレッスンの試作をしたりレシピをまとめたりと準備をしています
そして
試食の時 どんなテーブルにしようかなと考えるのは大抵 レッスン初日前日
それより前に考えると 「あ~でもやっぱりこっちがいかも~」 などと悩んでしまうから(笑)

せっかくみんなで作るお菓子
一番美味しく見えるような器はどれだろう
ティールームや器屋さんではないので限りある選択肢
しかも 相当偏りまくりの 自分好みのものばかりときているから
まぁ自ずと決まってくるのですが

先月は 近頃出番の多い 優しい色合いのこのティーセット
いつも 「どこのですか?」 と聞かれるけれど
Handpainted 1947 それにサインは書いてあるものの
窯元はどこか分らないな~と 思っていたら

a0107981_1852289.jpg

今回 みんなで試食している時
「これ ミントンって書いてありますよ」
あらまぁ ほんと よ~く見たら手書きのサインの下にこっそり、、、

デザインが気に入ればあまりメーカーや年代など気にしないので
こんな事も多々
レッスンでは食器に限らず とにかくいろいろ詳しい方が多いので
いつもわたしのほうがお勉強させてもらっています(笑)

さて ティーセットが決まったら お次はお菓子をのせる器
クランペットだから 木のブレッドボードがいいかな
それとも~
そう言えばこんなものがあったっけ

a0107981_1855439.jpg

引っ張り出してきたのは アンティークの 「ブレッドプレート」
少し高さがあって すり鉢状にお皿の部分が引っ込んだこの形は
ヴィクトリアンの頃によく使われたパン用のお皿
このお皿を使うなら あの 「ブレッドフォーク」 も使うと きっと楽しいな
このブレッドプレートと同じようなお花の刺繍の あのテーブルクロスを使おう
などと テーブルはだんだん決まってきます

そしてお花
お花屋さんで買ってきました~的な美し過ぎるお花を飾るほどの部屋でもないので
例え小さくとも 人から見たら雑草みたいに地味でも(笑)お庭に咲いていれば
なるべくお庭の花を使うようにしています
a0107981_15424238.jpg


この高温多湿の亜熱帯のような気候のもと
我が家のジャングル化した庭で
今 元気に咲いているのはレースフラワーたち
今年は いつもの白を押さえ
ブラックとピンクのレースフラワーがわたしの背丈を優に越え 風に揺られています

a0107981_185747.jpg


お庭ではあまりに地味すぎて 遠くから見ると
咲いているのか枯れているの分らないブラックのレースフラワーは
近くで見ると シックでわたしは好きな雰囲気のお花

あとは何か クランペットとレモンドリズルケーキに関するもの
本や写真などを机の上に並べて お部屋の準備は完成
お掃除は、、、相当適当(笑)

a0107981_1861760.jpg


そうそう 今回はわたしがクランペットのピアス ↑ をしていたの気付きました?
わたしが 「見て見て~」ってアピールしたクラスもありますが(笑)
バターも溶けて美味しそうでしょ (^^)




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

[PR]
by lesgalettes | 2017-07-10 18:02 | レッスン | Comments(0)

Crumpets

6月のレッスンのもう一品は 一度食べたことがある人は大好き
知らない人は知らない(当たり前か、、、じゃあ 知る人ぞ知る) クランペット

イギリスの実にトラディッショナルなお茶菓子
ティーケーキとこのクランペット
最初は何でこんな甘くもないパンがお茶のお供になるんだろう
と思ったものだけれど トレーにのせられた紅茶とバター付きパン
慣れてくると そこにはたまらなくゆったりとしたイギリス感があります(笑)
a0107981_20333399.jpg

クランペットはイーストで膨らませるパンの一種
というとハードル高そう!と思いがちですが
大丈夫 作り方はと~っても簡単 (やっぱり口癖 (笑))
パンケーキと手間も作り方も変わりません
くるくるボールで混ぜるだけ
あとはぶくぶく発酵してくるのを放置して待つ ただそれだけ
a0107981_20334212.jpg


熱したグリドル(ベイクストーン)にリングをのせて 発酵した生地を流します
フライパンでも焼けますが
イギリスの道具を見て触って 実際に体験して欲しいので ここはやっぱりグリドルで
数分すると 泡がぶくぶく
その泡がはじけてきたら さぁひっくり返し時
裏側もきれいに色づいたもう完成
意外と簡単でしょ(^^)
a0107981_20335014.jpg

クランペットの特徴は プツプツ開いた大小沢山の穴
そしてとにかくモチモチの食感

作る前はなんだか難しいんじゃないかと訝しがっていたみんなも
失敗経験がある人たちも
「こんなに簡単なら おうちでも出来そう~」(^^)
a0107981_2033593.jpg

イギリスのスーパーで買ってくるクランペットより
100倍美味しいクランペットが出来上がりました☆
ほんとうにいい焼き上がり

a0107981_2034737.jpg

焼きたてほかほかクランペットなんて イギリスでもめったに食べられません
イギリスで出てくるのも 大抵は トースターかオーブンで温めた既製品のクランペットですから

さぁお楽しみの試食タイム
この無数に開いた穴に
たっぷりのバターとゴールデンシロップを染みこませてパクリ
a0107981_20341632.jpg


モチモチを噛み締めるとじゅわ~っとお口いっぱいに広がるバターとシロップ
幸せのひとときです(笑)

バターとゴールデンシロップが王道ですが
もちろん トッピングはお好みで
バターとジャムでも レモンカードでも
朝ごはんなら バターとマーマイトを塗って
その上に 目玉焼きやポーチドエッグやベーコン
あるいは豪華にスモークサーモンとスクランブルエッグなんていうのもある組み合わせ

先月訪れたイギリスでも ちょっとクランペットが気になって
朝ごはんに数回食べてみたりしました
そちらもとっても美味しかったので また後日ご紹介します~



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-07-07 10:31 | レッスン | Comments(4)

Lemon drizzle cake

6月のレッスンは レモンドリズルケーキとクランペット

梅雨のじめじめを吹き飛ばすに これほど最適のケーキとないと思っているレモンドリズル
どこまでも甘酸っぱく爽やかで
イギリスケーキにもかかわらず キメ細かく軽やかで

そして何より 作るのが恐ろしく簡単!
これが何より
a0107981_10313895.jpg

レッスンで 毎回わたしが口癖に言っているようなのが
「ほんとうに簡単であっという間に出来ちゃうの 」 らしく
今回も説明でそんなことを言っていたら
毎回そう言ってますよ って それこそ何度も突っ込まれたという、、、

a0107981_10314812.jpg

でも ほんとうに笑っちゃうくらい簡単なんですもん
このレモンドリズルケーキ
イギリスに行ったばかりの頃にこのケーキを知り合いに教えてもらい
イギリス菓子ってこういうことなんだと体感した思い出深いケーキ

a0107981_10315892.jpg

簡単って言う意味ではなく
お菓子づくりも 毎日の日常のひとコマ
食事の1品 サラダやスープを作るのと まるで一緒
気負わず 楽しく作ればいいんだよ という そういうイギリス菓子のスタンス
魅力を教えられたケーキ

a0107981_103274.jpg

だから教えられたとおり
オールインワン
ぜ~んぶ 粉から卵・バターに牛乳・お砂糖まで ボールに入れて数秒混ぜるだけ
バターにお砂糖を白っぽくなるまですり混ぜて~
分離しないように卵を少しずつ加えます~なんてセオリーはここでは消滅

a0107981_10321866.jpg


それでこんなに美味しいケーキが出来るのだから
こんなに嬉しいことはない
作っている時はみんな半信半疑 疑いの眼だけれど
食べて驚きの レモンドリズルケーキ

焼き上がりに染み込ませるこんなにというほどのレモンのシロップ
カシャッと割れる薄い表面のアイシングと
きめの細かいふわふわのスポンジの絶妙なバランスったら
フランスのウイークエンドなんて 目じゃありません

イギリス菓子バンザイ(笑)



☆★お知らせ★☆

8月25日26日 恒例のチャリティーお茶会を開催します
ご参加受付は7月19日(水)21:00頃の予定です






にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-07-04 16:25 | レッスン | Comments(0)

ウエールズ特集~ウエルッシュレアビット~

5月のレッスンのウエールズ特集
甘いものをふたつ作るので もう1つはセイボリータイプの
「Welsh rarebit」 (ウエルッシュレアビット)
ウエールズのウサギという意味ですが ウサギ肉は入っていません
でも このちょっと手間をかけたチーズトーストは
まるでウサギ肉のステーキを食べているような満足感
とろけるスライスチーズをひらっとのせて焼いた日本のチーズトーストとはわけが違います
a0107981_10343998.jpg


一般にウエールズの名物とされていますが
基本はチーズトーストですから イギリス中どこでもお目にかかることができます
このレアビットの特徴はなんと言っても
チーズのほかに ビールとマスタード・ウースターシャーソースが入る点
特にエールやスタウトといった苦味の効いたビールを使うので
チーズの後ろにほのかに苦味が利いた大人っぽい味

a0107981_1035110.jpg

作り方は人それぞれ
今回レッスンでは一番まじめ(?)に ベシャメルソースを作る要領で作っていきます
牛乳の代わりにエールを使い イングリッシュマスタードとウースターソースを加え
しっかりしたベースができたら そこに削ったチェダーチーズを加えて溶かし込みます
あとは 軽くトーストしたパンにたっぷりのせて 焦げ目がつくまでグリルしたら出来上がり
もっと簡単にしようと思えばできるけれど
やっぱりこの作り方が一番美味しくできる気がします

a0107981_10351293.jpg

ちなみに簡単バージョンはと言うと~
全ての材料をお鍋に入れて 全部溶ければそれでOKというのもあるし
加熱もせずに 全部ボールに入れて 手でぐちゃぐちゃ混ぜるだけでOKなんていうものも
そう言えば以前 Betty's のクッカリースクールで教えてもらったレシピは
その手で混ぜるだけ方式

そして名前は ウエルッシュレアビットではなく Betty's らしく Yorkshire rarebit
ヨークシャーのビールとチーズを使うからですって(^^)
この時 授業で使うように言われたのは Theakstons Yorkshire Ale
ベティーズのティールームでも人気の一品ですが このエールを使っているのかもしれませんね

a0107981_10352249.jpg



今回のウエールズ特集レッスンは どれも簡単だけれど
出来上がりはそれなりにどれも手をかけたように見えるし
味はもちろんとっても美味しく かなりお役立ちのものばかり

「どれが一番好きだった?」
「う~ん どれもそれぞれ美味しいから選べない、、」
そんな声が嬉しい5月のレッスンなのでした~





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-04 19:34 | レッスン | Comments(0)

ウエールズ特集~ウエルッシュケーキ~

5月のレッスンのもう1つの甘いもの
「Welsh cake (ウエールズのケーキ)」

なんてシンプルな名前でしょう
言ってみれば English cake (イギリスケーキ) Scotish cake (スコットランドケーキ)
Japanese cake (日本のケーキ) みたいなもの
1つのお菓子の名前と言うより 総称みたいですよね

むかしウエールズに行ってきたイングランド人が
「この前ウエールズに行ったら すっごい美味しいケーキがあったんだよ」
「なんていうケーキ?」
「なんか難しい名前だった」
「じゃあウエールズのケーキだから 『ウエルッシュケーキ』 でいいよ」
みたいな、、?(笑)

a0107981_11505248.jpg

ウエルッシュケーキのウエールズ語の名前は 「Picau ar y maen 」
意味は cake on the stone
その名のとおり ウエールズで伝統的に使われてきた調理器具
「ベイクストーン」 あるいは 「グリドル」 と呼ばれるものの上で焼かれるから
でも「Picau ar y maen」 なんて バラブリスと違ってそのまま使うには難しすぎる名前
「ウエルッシュケーキ」 になってしまったのも納得(笑)
a0107981_1151082.jpg

これはわたしも大好きなお菓子の1つ
バラブリスと同じく ハンドミキサーやフードプロセッサーのような賑やかな道具を使わず
基本 ボールと 手か木のスプーンがあればオッケーという
心穏やかに作れるお菓子
できることならこういうお菓子だけを作っていきたい と思うくらい(笑)
a0107981_11511492.jpg

バターとお砂糖を増やした ちょっとリッチなスコーンのような生地を
型で抜き あとはグリドルでのんびり焼きます
焦らずじっくり。。。
両面こんがり色づいて 中までしっかり火が通ったらグラニュー糖をまぶし
はい出来上がり☆

焼きたてはもちろん美味しいけれど
荒熱が取れ 余分な水分が飛んでからのほうが
独特のほろっとした食感が楽しめてわたしは好み
a0107981_126697.jpg


スコーンまでいらないけれど
ビスケットよりはちょっとケーキっぽいものが食べたい
でも手でつまめるようなもの、、、
そんな気分の時にぴったりのウエルッシュケーキ

ウエールズのマーケットにでも行けば
まるでお好み焼き屋さんのような大きな鉄板で焼きながら売っているけれど
そこまで行かずとも ロンドンでもスーパーなどで袋入りが売っていますから
もし お出掛けの予定があったら是非お試しを☆








にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-02 21:49 | レッスン | Comments(2)

ウエールズ特集~バラブリス~


今月のレッスンは ウエールズ特集
「バラブリス」に「ウエルッシュケーキ」 そして 「ウエルッシュレアビット」

a0107981_10301017.jpg

バラブリスはバラブリスでも イーストタイプではなく
ベーキングパウダーで膨らませるタイプは本当に簡単☆
ここのレッスンで作る中で 一番簡単なんじゃないかと思うほど
だって前の晩 ドライフルーツ類とお砂糖を入れたボールに紅茶を注いでおきさえすれば
あとは スプーンでぐるぐる粉を混ぜるだけなのですから~
a0107981_10302073.jpg

詳しくはこちらに書いていますが
もともとはウエールズの中でも北部はイーストで膨らませるパンのような生地
南部は膨張剤で膨らませるケーキタイプが主
だから南部のものには名前も本当は別にあって bara brithではなく
ローフケーキを意味する「teisen dorth」
今はお手軽なこのケーキタイプも含めて 全部 「バラブリス」 ですが、、
ティールームなどで出てくるのも 大体このタイプ
a0107981_10303080.jpg

イギリス菓子にしては珍しく バターも油脂も一切入らないバラブリス
焼き上がりはちょっと固そうに見えますが
たっぷり入れる紅茶とドライフルーツのおかげで あら不思議
翌日には全体に色も濃くなって水分が馴染み
表面に艶が出てしっとり~
薄くカットして バターをたっぷり塗っていただくのがお約束☆
a0107981_10303917.jpg

バターも入れないで こんなに簡単で こんな美味しいのなら
普段苦労して作っているケーキってなんなの~もうこれでいい~という声が多数(笑)
バターや卵を前もって室温にしなくっちゃとか
卵を入れたら分離しちゃったとか~ それなりに気を使いますもんね(^^
バターたっぷりのケーキもそれはそれでとっても美味しいのですが
イギリス菓子を始めると いかに手を抜けるか いかに気楽に美味しいケーキを作れるかに
傾倒していく気持ちは非常に分ります(笑)

バラブリス作りを一瞬で終え
オーブンに入れたらお次は 「ウエルッシュケーキ」 ☆




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-05-31 21:29 | レッスン | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧