カテゴリ:イギリス散歩( 53 )

ヒースの咲く季節

イギリスを訪れたら 日常とかけ離れた豪華なお屋敷で 非日常感を味わうのもいいのですが
別の意味で俗世間を忘れ 心洗われる思いをするのが 自然の美しさ

それがもし夏ならば~
コッツウオルズののどかで牧歌的な風景や コーンウォールの青い海などもおススメですが
一度是非訪れて欲しいのがノースヨークシャーにある
North York Moor National Park

a0107981_831575.jpg

ヒース(ヘザー)の茂る荒涼とした風景が一瞬頭に浮かびますが 夏は別世界
柵がないので道路にまでひつじさん達がはみ出して 食事に夢中
ここでは明らかに彼らが住人で 私たちがお客さん
遠慮しながらゆっくりと通らせてもらいます
「何かご用?」 と言いたげに こちらを眺めているものあれば
全く関心を示さず一心不乱に草を食む住人たち
a0107981_8311448.jpg

↑ あれ 一匹カンガルーが混じっている?
尻尾をカットしてもらえなかったのですね(笑)

小説「嵐が丘」のごとく 荒涼としたイメージのノースヨークシャー
秋以降は寒々とした風景が広がりますが
その分 夏のこのパープルのカーペットが広がったさまは
息を飲む美しさ
「息を飲む」 のは ため息が出るより わたしの中では一段上
その上に「思わず涙が出る」くらいの〜というのがありますが
今回はその中間くらい(笑)
そして 「鳥肌」 はまたちょっと違う感動パターン
a0107981_8451092.jpg

さて
小学生の時 初めてドキドキしながら読んだ 「ジェイン エア」 (妙に迫力がありますからね)
最近読んでいないけれど この眺めを知ってから また改めて読み返したらきっと
解釈や頭に浮かぶ絵は違うのかもしれません
忙しい 忙しい って
ほんとうに本が読めないほど忙しいのかな
ネットをみる時間はあるのに?とちょっと反省、、

紫のマントをかぶったムーアを越えると 次の村が現れます
この辺りの楽しみのひとつはヴィレッジホッピング

a0107981_8313747.jpg


特別この村に行こうとか 考えていなくとも 次々現れるそれぞれに魅力的な村々
突如現れる観光客にティールーム
みな夏を楽しんでいます

そしてまた ヒースの咲き誇るムーア
ヘザーのはちみつでも買っていこうか、、、
紫の中の白いひつじさん 見えますか?
a0107981_8314946.jpg

ヒースのお花は近づくとこんな感じ
日本でも最近はよく見かけるようになりましたね
いかにも乾燥にも強そうな茎にびっしりとピンクの花が付いています
よく見ると ピンクの中にオレンジがかったものなど花色はいろいろ

a0107981_8315879.jpg

ヨークシャーの豊かな丘陵地帯を背景に草を食む 顔の黒い立派な角を持つひつじさん
そしてヒースの花
何年か前にリニューアルされたヨークシャーゴールドのパッケージそのまま
ちなみに赤いパッケージのふつうのヨークシャーティーのほうは
ヨークシャーの雄大な景色の中でクリケット という風景
a0107981_832818.jpg


色々飲んで結局ここに戻ってくる安心の味 「ヨークシャーティー」
このパッケージを見るたびに ヨークシャーのこの光景を思い出します☆



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-10-18 08:30 | イギリス散歩 | Comments(0)

Highclere castle

チャツワース・ ハドンホールと続いたお屋敷シリーズ
今回は Highclere Castle です
ハイクレアキャッスルと聞いてもピンと来ない方は多いかもしれませんが
ここは 皆さんご存知 「ダウントンアビー」 の撮影が行われた場所

敷地2000ヘクタールというハイクレアは
ゲートをくぐってからもお屋敷ははるか彼方
どこまでも羊さんが牧草を食む牧歌的な光景が続きます~
a0107981_9491939.jpg

劇中ではクローリー家の住むダウントンはヨークシャーのRipon やThirsk の間位という設定でしたが
お屋敷の撮影はここ ヒースロー空港から西に1時間弱車で走った辺りにある Highclere Castle
ダウントンの町の撮影は
オックスフォードシャーのBampton 辺りで主に行われていました


車で走ること数分
ようやく遠くに見覚えのある姿が
a0107981_9492759.jpg

1679年からCarnarvon 伯爵家の住まいであるこのハイクレア城
もちろんいつでも一般公開しているわけではなく 入ることができるのは
夏の間やクリスマスの頃 あるいは何かイベントがある時など 限られた時期のみ
この日はたまたま イギリスから帰るという日で
夕方のフライトだしそれまで何しようかしら~と思っていたところ
そう言えば ヒースローに行く途中にハイクレアがあるけど 夏だから開いているかも~
と思い出したのでした
でも 実はここの入場券は前売り制
相変わらずの人気のため 何ヶ月も前からチケットはSold out
a0107981_9493520.jpg

ホームページを眺めては また行けないわね なんて思ってしまうのですが
でも実は よ~くHPを眺めると Walk up ticket なるものの記載が、、、
これは 確実ではないけれど 運がよければ入れるわよ~という当日券のこと

その日の朝 B&Bの奥さんが 「今日はどうするの?」 と言うので
ハイクレアに行ってみようかと思って~と言うと
「あそこの息子さんとうちの息子が この前まで同じ学校に通っていたのよ」
「素敵だから行ってみたほうがいいわよ、でもチケットある?」
「もうソルドアウトだから買えないんだけど 当日券がある日もあるっていうから~」
「お屋敷の中には入れなくとも Open day なら敷地には入れるし
外から見るだけでもすごいから行ってみるといいわよ」

a0107981_9494355.jpg

じゃぁ時間もあるし ダメもとで行ってみるね~ と来てみた訳なのでした
チケット売り場 :
「今日は当日券あります?」
結果
「ハウスだけ? エキシビションは?」 とあっけなくOK ^^

残念ながら屋敷内は撮影禁止ということで
全く写真はないのですが 基本 あのドラマそのままです
豪華ではあるけれど 華美すぎずとても住み心地の良さそうな 落ち着く雰囲気のお屋敷
眺めながら
そう言えばこの回廊を アンナとメアリーたちが死体を運んでいたわよね~なんて思い出したり、、
ここにいる人たちはきっとみなそれぞれ
ドラマの印象的なシーンを思い起こしながら見学しているのでしょう^^

ダウントンアビーの大ファンと言うわけではないけれど
それなりに浸りながら歩いていると 急に目の前に 妙に現実感溢れるカフェが出現☆
a0107981_9495284.jpg


そしてナショナルトラストのカフェテリアを髣髴とさせる さっぱりしたカウンターには
異常に大きな この旅間違いなくダントツサイズのスコーンが、、、
クロテッド&ジャム付きで やけにお安いし、、、
一応買っておこうか

ハイクレアでもアフタヌーンティーはあるにはあるのですが
それはアフタヌーンティー込みの入場券を持っている人のみ
そのチケットは数ヶ月前にソルドアウトしてしまうのです
でも~
カーソンさんやモールズリーさんのような人が運んできてくれるお茶を想像してはいけません
ハイクレアのアフタヌーンティーは予想を裏切りかなりラフ
場所はお屋敷内ではなく コーチハウスで こんな感じ です
気取ってなくていいけれど(^^)
a0107981_950138.jpg

なので みんな適当にお茶やサンドイッチを買ってきて 外のテーブルでパクリ☆
サンドイッチやジュースにまでしっかりハイクレアキャッスルのシールが貼ってあるので
「ここはハイクレア」 感は味わえます(笑)

ギフトショップもやはりこれでもかとハイクレアグッズが沢山☆
少々俗っぽい感もありますが
この300もの部屋を有するお屋敷やガーデンの維持費その他にかかる費用はきっと想像を絶するもの
ロンドンの国会議事堂と同じ設計者によるこの歴史的遺産でもあるハイクレアキャッスル
次の世代に残すため 優雅さの陰ではドラマの時代も今も変らずさまざまな苦労があるのでしょう

HPには Lady Carnarvon のブログもあり
リアルダウントンアビーの生活が垣間見れて興味深いですよ☆



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-10-14 17:48 | イギリス散歩 | Comments(0)

Haddon hall

前回のチャツワースハウスから車でほんの20分ほど走ったところにあるのが Haddon hall (ハドンホール)
中世の佇まいをそのままに残すこのお屋敷
なんとその歴史は1086年まで遡ることができるとか

a0107981_1628583.jpg

キラキラ眩しいチャツワースハウスと対照的に かなり落ち着いた趣のこちらは
わたし的にはかなりツボ

14世紀の姿を残すキッチンでは 時折実際にオーブンに火が入れられ
パンなどが焼かれることも

a0107981_1629978.jpg


Banqueting room をはじめ屋敷内には見事なタペストリーが壁に飾られています
a0107981_16291976.jpg


そのタペストリーと並んで 部屋を彩っているのが さりげなく飾られた花々
暗めで落ちついた部屋を背景に いかにも外で摘んできましたという自然な
でもセンスある活け方が この中世のお屋敷全体を生き生きとさせていたのが
かなり印象的でした
a0107981_16293161.jpg

天井のプラスターやシンプルだけれど重厚なパネリングの壁が美しいLong Gallery は
天気の悪い日も多いダービーシャーの気候の中で運動不足ならないようにと 作られたのだとか

a0107981_16294028.jpg

ガーデンテラスに出ると思わず声がでるほど美しい景色が目の前に広がります
あんなに色とりどりのお花が部屋部屋に飾られていたのが納得のお庭
a0107981_16295167.jpg

8月も半ば過ぎと言うと 大分くたびれた感じか はたまたワイルドになりすぎているところも多い中
ここはなんでしょう~
整いすぎず ラフすぎず
気分が明るく リラックスするようなガーデン
a0107981_1630145.jpg

建物といい ガーデンといい
予想の何倍も素晴らしく、、、久々にため息もののお屋敷

a0107981_16301034.jpg

眼前に広がるピークディストリクトの緑の丘陵もなんともお見事
日頃ガチャガチャしたものばかり見ている目と心のお洗濯、、(笑)
a0107981_16351323.jpg

ハウスもその周りの自然もほどよく保存されているここは
映画やドラマの撮影も多く行われているようです
「ジェーンエア(Jane Eyre)」(2011年)
「エリザベス (Elizabeth)」(1998年)
「ブーリン家の姉妹(The other Boleyn Girl )」(2008年) などなど
イギリス好きなら観ている方も多いはず
a0107981_16302981.jpg

言い古された表現だけれど まさに一幅の絵
ずるいくらいに 見事な風景です(^^;
a0107981_16304562.jpg

そうそう 「ハドンホール」 と聞いて もしかしたらお屋敷より
ミントンのあの有名なパターンを思い浮かべる方も多いでしょう
a0107981_16305554.jpg

あの柄は ここのチャペル内部の壁面の絵と
ホールのタペストリーに着想を得て1948年にデザインされたのだとか
言われてみれば 似ていますよね
a0107981_1631427.jpg


そう言えばうちもどこかにハドンホールがあったはず、、、
a0107981_16311268.jpg

あまり好みの柄ではないと思っていたれど
思い出がプラスされて ちょっぴり親しみがわいたので
久々登場☆
ハドンホールブルーのほうがより あのイメージに近いかな?




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-10-11 08:02 | イギリス散歩 | Comments(0)

Chatsworth house

時折 思い出したように書きはじめるイギリス旅
今回は お屋敷編

Bakewell の街から 車でほんの15分ほど走ったところにあるのが
Chatsworth house (チャツワースハウス)
イギリスの邸宅の中でもトップクラスの知名度を誇るこのチャツワース
天邪鬼なのですねきっと あまりに有名すぎるがゆえにこれまで スルーしてきました
なので実は初訪問

門をくぐったはずだけれど
見渡す限り 緑とひつじ
a0107981_11593877.jpg

車で随分走って ようやく遠くにお屋敷が見えてきます

とにかく広く広く
すべてが 大きく壮大で

a0107981_11594826.jpg

そして 豪華 、、、
今もなお デボンシャー公爵ファミリーが住まうこの邸宅
余白を恐れるがごとく 手の込んだ装飾と
贅を尽くした調度品やコレクションで埋め尽くされています
a0107981_120381.jpg

イギリス中
世界中からの観光客が写真を撮り そしてため息
a0107981_1159562.jpg

日頃の暮らしとの あまりの別世界ぶりに
うらやむという気持ちにさえなれず
こんな部屋で寝についたら 一体どんな夢を見るのだろうかといぶかしむ、、(笑)
a0107981_1201373.jpg

1600年代に建てられたこのお屋敷
「Pride and Prejudice」 に登場するMr.Darcy のPemberley の館は
ジェイン・オースティンがここを頭に描きながら書いたと言われています
a0107981_1202283.jpg

さて問題です
この部屋に一体何本のろうそくがあるでしょう?
そんなクイズを出したくなるような そんなダイニングルーム
a0107981_120313.jpg

一度使ったろうそくは使用人の部屋や家事室などへまわされたのかな
ここまで整えられていると ろうそくの長さも揃っていなくてはいけない気がして
そんな想像をしてしまったり、、、

ガーデンも言わずもがな 恐ろしく広く(105エーカー・・・)
遠めに見ただけで全て見るのは一瞬で諦める(笑)
a0107981_1204588.jpg


ブレナムパレスや ダウトンアビーで有名な Highclere その他有名どころのお屋敷のガーデンを設計した
風景式庭園の第一人者 Lancelot Capability Brown によるもの
駆け足で見るところではないのでした
お時間あるならゆっくり庭園を散策し
アフタヌーンティーを楽しんだり 一日かけて楽しむことをおススメいたします^^




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-10-07 07:59 | イギリス散歩 | Comments(0)

Beamish Museum さんぽ③

Beamish museum アルバム☆

a0107981_9424743.jpg
a0107981_9425635.jpg
a0107981_943671.jpg
a0107981_9432031.jpg
a0107981_9433348.jpg
a0107981_9434338.jpg
a0107981_9435226.jpg



どの写真がお好きですか?

私はもちろんどれも好きだから選んだのだけれど~
ラスト2枚の静かな感じが特にお気に入り
この古いオーブンで実際に焼いてくれたパーキンも美味しかった、、、
お菓子も静かな感じのものが好きなようです







にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-09-27 08:55 | イギリス散歩 | Comments(0)

Beamish Museum さんぽ②

ビーミッシュミュージアムの広い敷地内には 町があり村があり 農場があって炭鉱があり
それぞれそこに暮らす人々の生活が再現されているのですが

これは1900年代の炭鉱に勤める人々の家の中の様子
a0107981_93804.jpg

キッチンでは炉に火が入り
テーブルの上にはジャム作りの準備が~
a0107981_9381312.jpg

ところどころにその当時の姿をした人がいるので
使い方の分からない道具や 当時の暮らしについてなど
質問すれば答えてくれます
珍しい丸い扉のオーブンは イングランド北東部この辺り独特の形なんだとか
a0107981_9382538.jpg

下の写真は町に住む幾分裕福な人のお宅の様子
白いテーブルクロスの上には ビスケットとティーカップ
お茶の準備がされています
装飾品も増え 先ほどの生活感溢れる家々とは大分雰囲気が異なりますね
a0107981_9384060.jpg

町には銀行や出版社・ 自動車修理工場や辻馬車屋さん
パブやティールームなどがあり
活き活きと稼働中^^

商店も沢山ありますよ
a0107981_9384971.jpg

ヴィンテージの瓶や缶などのコレクターにはたまらない食料品店では
紅茶やビスケットなどを買うことができます
a0107981_939322.jpg

オーブンからいい香りの漂うベイカリーでは
焼きたてのビスケットやケーキ パイなどを買って公園で食べるものよし
a0107981_9391269.jpg


こちらは薬局 ↓

a0107981_9392489.jpg

ブルーやグリーンのカラーボトルが並ぶ薬屋さんでは 目を奪われるもの多し
アンティーク屋さんでよく見かける用途の分からないガラス類や陶器類の正体は
ここで聞けば結構謎が解けます

a0107981_93933100.jpg

↑ 眼球を洗うアイバスも沢山並ぶときれい(笑)

よろず屋さん
色々気になるものも多いけれど やっぱり目が行くのはプディングの型やキッチン関係
a0107981_9394641.jpg

ここも謎のグッズがあったら なんでも聞けちゃう便利な場所
リビングミュージアム お勉強(?)になります☆

a0107981_9395954.jpg

町でとにかく一番込み合っていたのは キャンディーや懐かしお菓子の揃う
オールドスイーツショップ
店内はお菓子を買う子供たちでにっちもさっちも行かない状態だったので
奥の工房へ~

a0107981_940840.jpg

ここでは実際に Boiled Sweets (いわゆる普通の固いキャンディー類)を昔ながらの方法で作っています
甘~いいい匂い (^^
a0107981_9401723.jpg


今お兄さんが作っているのは
きっと ボイルドスイーツ定番の 「ルバーブ&カスタード」 キャンディー
赤と黄色が特徴の昔からの人気フレイバー

さぁ~ぼちぼち歩き疲れたけれど
まだまだ広いビーミッシュ、、、この日も異常にいい天気
そろそろ引き上げたいような もっと見たいような~




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-09-23 19:36 | イギリス散歩 | Comments(2)

Beamish Museum さんぽ①

ヨークシャーを越え さらに北に進むと
Durhamという 世界遺産にも指定されている大聖堂とお城で有名な街があります
そこをさらに通り過ぎ Newcastle の手前辺りにあるのが 今回目指す「Beamish Musem
「オープンエアミュージアム好きなの~」 というと
「じゃあビーミッシュに行ってみて」 と何度も言われていたところだったので
今回はかなりワクワク (^^

到着すると 8月の夏休みということもあり 入り口に珍しく行列が~
a0107981_9315378.jpg

程なくして入場
ゲートをくぐるとそこはいっきに 100年200年タイムトリップした世界
オープンエアミュージアムまたは リビングミュージアムとは
昔の暮らしを地域ごと再現したミュージアムのこと
イギリスには結構たくさんあり これまでもいくつかご紹介してきましたが
ここはその中でもその規模(350エーカー!)と その膨大なコレクションで有名な場所
a0107981_932783.jpg

レイトビクトリアンからエドワーディアンにかけての街の様子や人々の暮らしぶり
古いところではジョージアンの生活までも 実際に生きた姿で見ることができるとっても楽しい空間
まぁ 分かりやすく言えば 日光江戸村のようなもの(?)
とにかく 普段はアンティーク屋さんでしか見かけないような道具が
あ~こんな風に使うのね なるほど~などと感動できる場所なのです^^
a0107981_9321776.jpg

一度足を踏み入れてしまうと そこは100年前の路面電車やバスが走り
当時の格好をした人が歩き
a0107981_932312.jpg

石畳の上を馬車が闊歩し
実際に線路の上を蒸気機関車が走り抜け

a0107981_9324119.jpg

広い農場で働く人がいれば
学校や教会へ行く人
道端でおしゃべりする当時の主婦の姿

a0107981_9325172.jpg

移動遊園地やら
当時の姿のフィッシュアンドチップス屋さんなどの食べ物屋さんまでなんでもあるので
子供達から ノスタルジーに浸るおじいちゃんおばあちゃんまで
心行くまで日がな一日楽しむことができます
a0107981_933127.jpg

歩きつかれたら ファームや村の公園でのんびりピクニックを楽しんだり 寝そべったり
ティールームでケーキやお茶を楽しんでもいいし

a0107981_9331611.jpg

もちろん町にはパブもありますから お父さんはちょっとビールを一杯☆なんてことも

a0107981_9333917.jpg

わたしはもっぱら甘~い香りに引き寄せられて 昔のキャンディーなどを売るスイーツ屋さんや
美味しそうなビスケットやケーキが並ぶパン屋さんなどに釘付け(笑)


いつの頃からかデジカメで写真を撮るようになって 写真をプリントアウトしなくなり
昔のようにたま~にアルバムを眺める楽しみがなくなった今
わたしの旅のアルバム代わりのこのブログ
今回も好きな写真が多すぎてやたらと枚数が多くなっていますが
今しばらくお付き合いくださいませ☆


つづく~





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-09-20 17:37 | イギリス散歩 | Comments(0)

アンティークフェア

我が家のイギリス旅の楽しみのうち その1/5くらいを占めるのが アンティークさがし
毎回 休暇の日程が決まると まずはその期間にアンティークフェアがどこでやっているかを探します
で それによっておおよその行程を組むというパターン
南でも北でも どこでもOK
行ったことのない地方ならなおのこと楽しみも増えます
a0107981_852474.jpg

今回はイングランド中部周辺
Staffordshire や Lincolnshire 辺りのフェアをいくつか~
会場は大きなフェアの場合 郊外のshowground と呼ばれる広いスペースのことが多く
車を停めたらしばしゲートまで てくてく、、、
買い物をして荷物が多くなっても もうここまでは戻りたくないので
買い物をするぞ~と気合の入っている人はみな カートなどをごろごろ引いて持って行きます

a0107981_853448.jpg

アンティーク好きの多いイギリスのこと
それぞれの小さな街でも 毎週末とか月1とかのペースで小規模のアンティークフェアは行われるのですが
そういった場合は大抵 入場料はフリーだったり £1~3くらい
今回訪れたような大きなフェアになると初日は£20
2日目以降は£5 そんな感じ
ディーラーの人や いい物を見つけたい人はもちろん初日や早朝に訪れますが
なんとなく眺めたいわ~という時は 2日目でも全然OK
とにかくストール数が多いので これが絶対欲しい~というターゲットが決まっていないのであれば
欲しいものは必ず出てきますから

a0107981_854277.jpg

アンティークフェアのよさはなんと言っても宝探し的なワクワク感と効率
小さな町にならひとつくらいしかないアンティーク屋さんが
大きなアンティークフェアになると 膨大な数のお店をいっぺんに見ることができるのですから
旅の身にはうれしい限り
~といいつつ住んでいる頃も 週末になるとしょっちゅうどこかのフェアに行っていましたが(笑)

a0107981_855227.jpg

↑ アウトサイドのストールの裏側: そのストールホルダーの人達のバンが停まっています

今回いくつか巡ったフェアは ストール数2500や3000
とてもじゃないけれど 1店1店眺めていたら1日ではとても見切れません
謳い文句は one of Europe's biggest antiques fairs
(ヨーロッパでもっとも大きなアンティークフェアのひとつ)

a0107981_86594.jpg

アウトサイドのストールはガラクタも多いのですが
お散歩気分で歩くのはとても楽しい (^^

インサイドのストールは シルバー類や少し高価なものがメイン
こちらはキラキラしていてまたとっても楽しい(笑)
a0107981_862360.jpg

フェアによってその扱う商品の傾向が決まっていて
コレクタブルズやヴィンテージをメインに扱うラフなフェアから
ゼロの桁が二つくらい間違っているんじゃないかと疑う
むやみに手を触れてはいけないお品が揃う
ファインアンティークフェアまでさまざま
今回の写真はいくつかのフェアが混ざっていますが どれもわりとラフなものばかり
気楽です(^^)
a0107981_863542.jpg

一日中歩き回ると 当然お腹もぺこぺこ
室内のキャンティーンはじめ 表にも屋台が並ぶのでみんなそこで一息
特に今回は フェアに行く日に限っていつも嘘みたいに暑いピーカンDAY
コーヒーよりもあ~冷たいビールが欲しい~そんな日ばかり

a0107981_864816.jpg

お店の人たち 特にアウトサイドのストールホルダーの人たちはもうリクライニングチェアに腰掛け
「ホリデーだよホリデー☆見て こんなに焼けちゃったよ」
なんて言いつつビールを飲みながらの商売
なんとも気楽すぎる体制
日本じゃありえない光景です (笑)
a0107981_8719.jpg

フェアも午後になると
「どうしてそれ?」「何故?」という品をみな嬉しそうに抱え 最後のひと見回し
これいいけれど もっといいのがあるかもしれないから 後でまた戻ってこようなんて思っていると
大抵 「やっぱりあれにしよう」 と折角戻っても売れてしまっているか
どこで見たか思い出せなくなっているか、、、
a0107981_871498.jpg

こういったアンティークフェアは大体毎年同じような周期で繰り返されており
固定の店舗を持たないディーラーさんが ぐるぐるイギリス中をまわっていることが多いので
同じフェアに行けば 同じブースに同じ顔 なんてことがしばしば
いい加減 顔や好みも覚えられ(日本人だし憶えやすいのでしょう~)
雑談の後は
「今日はこんなのあるよ」 と買わされてしまうという~いいお客さんです(^^;

a0107981_872658.jpg

あるフェアに行った日 その近くの村のB&Bに辿り着くと~
「どう 今日はいいものあった?」
すっかり見透かされています(^^
分かられているのなら~ということで 遠慮なくその日の戦利品を部屋に持ち込み
梱包開始☆
a0107981_873617.jpg


フェアでは大抵 商品は新聞紙やらプチプチやらで適当にぐるぐる巻きにされて
ビニール袋にポイと入れられるので なんだかすごい荷物の山
なので買ったものをそのまま車に積んでいくと 旅行後半ではまるで夜逃げの車のように
荷物でいっぱいになってしまうので ときどきちゃんと詰め込んでいかないと大変なのです
この日の一番のお気に入りは写真左上の 木の丸い物体
これは昔のキッチンによく置いてあった 「ナイフシャープナー 」
「どうしてそれ?」
なんて人の好みはとやかく言えませんね(^^;)






にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-09-17 08:04 | イギリス散歩 | Comments(0)

Cake Off @ Bowood house

さあて 爽やかに始まった The Great British Food Festival
a0107981_11294112.jpg
午後に入り お腹も満たされた頃
チャレンジステージと名付けられた会場では テーブルが並べられ なにやら準備が始まりました
そこに集まってきた 屈強な?体格のいい男性陣たち
始まったのは 「Men vs Food」
ソーセージの大食い競争です(笑)
よ~い スタート! の合図に みな一斉に長~いソーセージをもぐもぐもぐもぐ・・・
a0107981_11295169.jpg
これがですね~
みんな遅いんです(笑)日本の早食いとはえらい違い
頑張っているけれど なんかゆっくり
これを見ていた全然大食いじゃないうちの旦那さん曰く 「一本目だけなら勝てるなぁ~」

~と平和な大食い大会の後は ビックリするくらい適当な
「グレートブリティッシュチーズオフ」なるイベント
名前は相当立派ですが
小さくカットしたチェダーチーズを数種並べて味見し 安いものから高いものまで あるので
1本の爪楊枝でどんどんテイストしていき 最後にお気に入りの番号の付けられた紙コップに
その爪楊枝をポイといれて投票すると言う、、、
a0107981_11300854.jpg
もうただの よくあるいつものマーケットのチーズの試食の雰囲気ですが。。。
これをやっているうちに 空模様はさらに怪しく とうとう雨が降り出しました
とりあえず 投票(?)だけ済ませ クッキングのデモンストレーションをしているテントに逃げ込みます
チーズの結果発表の頃は 誰もその場には残っておらず
なんとも???な 「チーズオフ」。。。
なんて適当! なんてイギリス的!(笑)

さてさて 「チーズオフ」も 「メンvs ソーセージ」も本当はどうでもいいんです
わたしが見たかったのは 「Cake Off」のほう
今回のお題は ヴィクトリアサンド
腕に憶えありのベイキング自慢たちが 腕によりをかけたヴィクトリアサンドを持って集まってきました
a0107981_11301953.jpg
例の人気テレビシリーズ The Great British Bake Off が始まって以来
イギリスは空前のベイキングブーム
7シリーズ目になる今年のGBBOもまた オリンピックの閉会を待って いよいよスタートしました
日本ならそろそろ飽きられそうなものですが
このブームの息が長いのも実にイギリス的でよいところ

a0107981_11303441.jpg
その日の朝 B&B で今日は何をするの?と聞かれたので
「今日は Bowood にこれを観に行くの~」という話をし
「ところで ブリティッシュベイクオフ好き?」と聞いたら
にやりと笑い「Everybody loves that !(みんな好きよ~)」
きっとそうなんでしょう(笑)

さて テーブルには エントリーされた15個ほどのヴィクトリアサンドが並びました
審査員は腕のタトゥーもいかつい スキンヘッドのお父さん率いるファミリーなどなど
多彩な(適当な)面々
a0107981_11304334.jpg
審査員は先ほどまで 募集していたので やろうかどうしようか悩んだのですが
どうやらならなくともテイスティングできそうだったので 一番前に陣取って
心安らかに楽しむことに
コメントさせられたら困っちゃうな~なんて小心者なので(笑)

そうこうしているうちに 雨はいよいよ本降りに
とてもじゃないけれど見ていられる状況ではなくなり
なぜかみな雨を逃れて 屋根のある審査員の脇やら後ろのほうに集まり始め~

a0107981_11310561.jpg

一緒に試食をしているものだから
誰が審査員やら普通の人やらもうワケが分からない状況に(笑)
知らない人と 「何番が美味しいね」「本当?まだそれ食べてないかも」
「もう食べ過ぎて全部同じ気がしてきた~」
どんどんまわってくる試食に さすがの周りのイギリス人たちも
「ダメ~もう食べられない~」

a0107981_11311575.jpg
親たちがギブアップしてからも 最後まで頑張って食べていたのは 子供たち
あ~その胃袋が もう一度欲しい!

あまりの土砂降りのせいか
ケーキの甘いにおいに酔ったのか
係りのおばさまのケーキのカットの仕方がだんだん雑になってきました、、、
っというか もう後半はやっつけで ぐちゃぐちゃですから~
a0107981_11312375.jpg
↑ この上のケーキはいちごより大きい立派なラズベリーを周りに貼り付けた
見た目一番ゴージャスだったヴィクトリア
テイスティング後半
胸がつかえてきたと見える人たちが 「ラズベリーだけ食べたいよ~」
とラズベリーだけをはがしていった結果 なんとも無残な姿に、、、
もうなんでもありの 「ケーキオフ」です
でも 「もう食べられな~い」なんて知らない人同士笑いあってワイワイできるのは
この甘いものの力
ケーキのもつ魔法のようなもの
a0107981_11313323.jpg
この素敵な Cake Off のWinner はこの親子^^
商品はケンウッドのミキサー☆ ご覧くださいこの誇らしげな表情
これでまたお母さんと一緒に 美味しいヴィクトリアサンドをみんなに作ってくれることでしょう
木のスプーンならぬ ハンドミキサーは さしずめ現代の魔法の杖

あまりに楽しすぎて
この直後にアフタヌーンティーを控えていることも頭から追い出して
めいっぱい味見を楽しんでしまったヴィクトリアサンド
ホテルのアフタヌーンティーはどこでもできるけれど このケーキは今しか食べられませんからね ☆
どれも意外と違いがあって美味しくて
でも どれもあのイギリスの粉の香りとざっくり感は共通で
美味しくフランス菓子風になってしまったホテルのアフタヌーンティーでは食べられない
手作りの家庭の味
わたしがほんとうにみんなに食べて欲しいなぁと思う イギリスの味
誰かが後ろで 「TEA~~!!(紅茶が欲しい~~!) 」なんて騒いでいたけれど
あの場に紅茶があったら きっと最高の(?)ティータイム
とりあえず 1年分はゆうにヴィクトリアサンドを食べました (^^

学んだこと : 次回は紅茶を持っていこう!






にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村





[PR]
by lesgalettes | 2016-09-13 11:28 | イギリス散歩 | Comments(0)

Food festival @Bowood House

のんびり草を食む羊さんを横目に 田舎道を車を走らせ
緑のトンネルを抜けた先にあるのが Bowood house
a0107981_10023087.jpg
この辺りは以前暮らしていた所からも近いので 懐かしい景色を見ながらのドライブ
ガーデンの見事なしゃくなげで有名なこのお屋敷ですが
今日は一転 いつもと大分雰囲気が違います
a0107981_10025360.jpg
この週末ここで行われるのはまたまたフードフェスティバル
食への関心が高まり 1年中どこかで行われているようになったフードフェスティバルですが
やはり夏が本番☆
青い芝生におおらかに車を停めて いざ出陣 w
a0107981_10030442.jpg
オープンエリアには ホットフードの屋台や
ビールやピムス・ ワインなどを売るバーが並び
大きなテントの中には 地元の名産品などのローカルフードを売るお店などが
所狭しと軒を連ねます

a0107981_10034426.jpg
今回見ていて面白かったのは ひとつの商品に特化して売るお店
パイ専門店などは前からよくありましたが
ソーセージロールだけをいろいろな種類売るお店だったり
フラップジャックや ブラウニーの専門店
どこも聞いたことのないようなユニークなフレイバーがあって 興味津々^^
a0107981_10035454.jpg

「スティッキートフィーフラップジャック」とか「バノフィーブラウニー」とか
なんだか2倍美味しそうで食いしん坊の私はつい買ってみたくなってしまいます
2倍甘いっていう危険性もありますけれど、、、

a0107981_10041079.jpg
こういったストールエリアは 要は大きなファーマーズマーケットのようなもの
地元のチーズやチャツネを食べるのも忘れずに ☆

a0107981_10042761.jpg
それにしても イギリスの田舎のフードフェスティバルに行くたびに思うのですが
なんて贅沢なイベントスペースなんでしょう
お屋敷だったり お城だったり
そこで好きなだけ お散歩したり 食べたり飲んだり 寝そべったり 日がな一日過ごせるなんて
イギリスに住んでいると普通のことが
今考えると夢のよう~
a0107981_10043750.jpg
みな思い思いの場所に 適当にイスとテーブルを並べ
太陽を浴びながらだらだら過ごす そんな日曜日、、、
a0107981_10044698.jpg
さっき B&Bでフルイングリッシュブレックファストを食べたことも忘れ
そしてこのあと午後にアフタヌーンティーを控えていることも 忘れることにし
ビールやサイダー パイにタルト
さっきのあれも美味しそうだったけれど 買ってこようか? そんな相談、、、

a0107981_10045969.jpg
そして ぼ~っと人を眺めていると みんながそれぞれ幸せそうに笑っていて
思わずこちらも 笑顔になってしまうんです
a0107981_10050979.jpg
前回ご紹介した ベイキングフェスティバル同様
このThe Great British Food Festival (すごい大そうな名前ですが)でも
会場にはバンドの生演奏や 子供達向けの遊具やケーキ教室
もちろん 例の 有名シェフによる料理のデモンストレーションもあります
ここにも引っ張りだこの 去年のベイクオフ優勝者の Nadiya の姿が~
あの番組の人気のほどがうかがい知れますね
a0107981_10052079.jpg
さて この日の天気予報は午前中晴れ 1時過ぎから雨の予報
結構天気予報は当たるので 空を見ていると おやおやにわかに黒い雲が登場
怪しい雲行きになってきました~
でも 今日のこのイベントに来た一番の目的はこれから始まる 「Cake Off」
オープンエリアのこのイベント 果たしてどうなることか~

続きはまた次回に☆



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-09-10 10:02 | イギリス散歩 | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧