カテゴリ:イギリスの花( 39 )

イギリスで 紅葉狩り

夏時間も終わり めっきり陽が短くなりました
10月も今日でおしまいです

お庭には 恐ろしいほど 堆積した 落ち葉
あまりにも ひどいので 格闘を はじめたけれど
巨大なビニール袋が 3ついっぱいになったところで
きりが無いことを 確認。。。
落ち葉と 格闘ではなく 愛(め)でに行くことに(^^

a0107981_2415565.jpga0107981_242870.jpga0107981_2422359.jpg











a0107981_2434466.jpga0107981_2425314.jpga0107981_2432733.jpg











a0107981_243859.jpga0107981_2435849.jpga0107981_2423715.jpg











イギリスは 基本的には 「紅葉」というより 「黄葉」
ツタ以外には 赤くなる葉は 少ないのですが
珍しく 日本の「もみじ」を コレクションしている 森林公園があります

紅葉狩りというと 山の中というイメージなので
平地の芝生の上のもみじは ちょっと不思議な気も しないではありませんが
やっぱり きれい ☆
緑の針葉樹や 黄色の葉の中 ひときわ際立つ
燃えるような紅色に 皆カメラを向けていました

日本なら
「さぁ この後 温泉にでも~」 というところですが
それがないのが ちょっとだけ残念。。。 (><)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-11-01 03:13 | イギリスの花 | Comments(4)

おいしくないけど 好きなもの

7月のイギリスは バラが終わり
「ラベンダー」 の季節が やってきました


a0107981_039558.jpg


a0107981_039392.jpg












紫色の きれいな グラデーション
視覚から 嗅覚から 癒されます・・・
a0107981_040433.jpg

それでは 味覚からも・・・
「レモン&ラベンダーのケーキ」 →a0107981_0402979.jpg

う~ん 味覚からは あまり癒されないかも
ラベンダーは 食べると ぼりぼり ぼそぼそ 。。。 (^^;

食べるほどでは ないですが
「ラベンダー」
大好きな花の 一つです☆





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-07-12 01:39 | イギリスの花 | Comments(0)

バター好き?

この季節
「私が主役☆」 とばかりに 咲き誇る 薔薇もいいですが
地味花好き の私にはたまらない
脇役ながらも どうにもかわいらしい お花がいっぱい

a0107981_3183561.jpga0107981_319678.jpga0107981_3214398.jpg










a0107981_3201593.jpga0107981_3462785.jpg







a0107981_3204630.jpga0107981_3332575.jpga0107981_348914.jpg










どこの芝生にも 我が家にも 沢山咲いている
「バターカップ」(黄色の ぴかぴかした 小さなお花) に 「デージー」
咲いたと思うと またすぐに ガーデナーさんに
芝もろとも 刈られてしまうので
たまには救出(?)して 小さなグラスに 。。。

このバターカップの花を あごの下にかざして
あごが 黄色く光れば 「バター好き ♪」
... こちらの子供たちの 遊びだそうです ^^
かなり ぴかぴかした 花びらだから
きっとイギリス人は みんなバター好き。。。

イギリスはバターをはじめ 乳製品が とても安くて おいしいけれど
ついつい食べ過ぎてしまうのが たまにきず
そういえば 大分続いていた 日本の 「バター不足」 解消したのでしょうか?



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-06-23 04:12 | イギリスの花 | Comments(2)

ケルムスコットマナーと チェルシーバンズ

「ウィリアム・モリス」
ケルムスコットマナー
彼が 1871年から亡くなる1896年まで 暮らした家

a0107981_01284.jpg
この家が 一般に開放されるのは
4~9月の間の 水曜日
きっと 水曜日以外は 誰とすれ違うこともなさそうな
静かな Kelmscott 村
この地に 相応しい 大きくはないけれど
とても 居心地のよさそうな お家です

でも
ここに住んでいたのは モリスと彼の妻に 二人の子供たち そして ビジネスパートナーで 画家の ロセッティ

ロセティは モリスの妻の恋人でもあったというから
随分 微妙なバランスで暮らしていたことでしょう.... a0107981_062423.jpg


モリスのデザイン柄に あふれた各部屋には
彼が 詩人であり デザイナー・ 成功した実業家であり
アーツ&クラフツ運動 の提唱者・ 社会主義者
であったことなど についての 展示が多数

彼の着ていたコートや 使いかけの絵の具など
彼の存在を ごく近くに 感じる展示物が 多いので
なかなか楽しめます

a0107981_041223.jpg
この ケルムスコット
車でないと 行けないような とっても不便な場所なのに
モリスファンの 日本人が多いのか
入った瞬間 しっかり 日本語パンフレット を渡されました (^^;
でも 中の展示には さすがに 日本語の解説はないので
ひたすら 英文読解 ・・・かなりスローです・・・

さて
近頃めっきり 英語拒否気味の 頭を癒してくれたのは

バラがとってもきれいな お庭と 「チェルシーバンズ」 (^^
ぱさぱさの 「チェルシーバンズ」 が多い中
ここの チェルシーバンズは かなりの高得点 ☆
昔 流行った 「シナボン」 思い出しました。。。
a0107981_071178.jpg
この 小さな写真だと 分かりづらい と思いますが
上の 花瓶ののった テーブルクロスや
紅茶ののった トレーや ナプキンもみな
モリスのデザインの パターンです
リバティープリントなどで ご存知の方も 多いはず

モリスについては 知っているようで知らないことばかり
いい お勉強になりました

チェルシーバンズ おうちで 作りたくなりました(^^




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-06-16 00:47 | イギリスの花 | Comments(2)

Rose Week

6月のイギリスの主役は 「バラ」
どこへ行っても 競うあうように バラが咲き乱れています

Winchcombe にある 「Sudeley Castle(スードリーキャッスル)」 では
まさに 今が 「Rose Week」

ヘンリー8世の 6番目の夫人 キャサリン・パー が住んでいた このお城
ここの その名も 「クィーンズガーデン」 には
チューダー時代からの オールドローズが 多く植えられています


a0107981_0455089.jpga0107981_0465615.jpga0107981_0472248.jpg












a0107981_0475091.jpga0107981_0481866.jpga0107981_0492729.jpg











a0107981_0494424.jpga0107981_050186.jpga0107981_0503162.jpg











そのまさに 「咲き誇る」 姿は Queen の存在感 ☆
これだけあると その姿香り に ちょっと気おされ気味の私は
思わず 「地味花 好き」 を再認識 (^^;

でも ほんとうに 圧倒される 美しさ。。。です







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-06-13 01:27 | イギリスの花 | Comments(0)

bluebell

「 ブルーベル のきれいな頃だよ。。。 」

のんびり 草を食む 羊や 牛を 横目に
家から 車を走らせること 約30分
着いた所は 静かな林の中....

咲いていました 「ブルーベル」
その名のとおり 小さな 紫色のベル型 のお花

a0107981_5103449.jpg



ひとつひとつは 派手な花ではないけれど
一面に広がる様は まさに 紫色のカーペット


a0107981_5173033.jpg



.... 本当に 見渡すかぎりの ブルーベル...




a0107981_515676.jpg



この日は イギリス特有の ぐずついた曇り空
そこに 新緑の間から 陽が 一瞬 差し込んできました...

.... 息をのむ 光景です



a0107981_5115085.jpg


息をのんだ後 は
思わず ため息 です・・・





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-05-10 05:37 | イギリスの花 | Comments(0)

tulip tulip tulip


チューリップには 8000種類以上の 品種が あるそうです
花びらが 丸まったもの フリンジになったもの
芍薬のように 花びらが たくさん重なっているもの などなど...
先日 あまり期待せずに行ってみた 小さな ガーデン
そこで あまりの チューリップの 美しさに 圧倒されてしまいました...

日本の 花壇に整然と 植えられた チューリップとは違って
他の植物に 混じって 植えられていることで
より その色の 鮮やかさや
すくっと伸びた 姿勢のよさ が強調されていたせいも あるかもしれません

a0107981_2234399.jpga0107981_22343314.jpga0107981_2236625.jpg










a0107981_22398100.jpga0107981_22393710.jpg







a0107981_22401836.jpga0107981_22403799.jpga0107981_2562129.jpg










これまで どこか子供っぽい花 のように思っていた 「チューリップ」
ですが この写真 よく見ると
それぞれ なかなか 艶っぽい 雰囲気を 持っていると思いませんか?
[PR]
by lesgalettes | 2009-04-28 03:36 | イギリスの花 | Comments(2)

春のお散歩


春一番を告げる 黄色のお花の 次は
紫色の花々が 次々と 顔を 出してきました
淡い紫から 深い紫まで 姿形もさまざま ・・・

a0107981_3493490.jpga0107981_347252.jpga0107981_347504.jpg











a0107981_3495769.jpga0107981_3503370.jpga0107981_351899.jpg













a0107981_3512794.jpga0107981_3514556.jpg







お散歩して 疲れたらガーデンのカフェで
紅茶と カスタードたっぷり ブレッドバタープディング (^^

そして 素敵な 花嫁さんも・・・
この日は お天気もほんとうに良くて
きっと 素敵な 結婚式になったことでしょう。。。^^
[PR]
by lesgalettes | 2009-04-07 04:11 | イギリスの花 | Comments(0)

snowdrop

イギリスに 春の訪れを 真っ先に告げるお花
「スノードロップ」

週末 「Rococo Garden 」 へ行ってみると
先日の 雪にもまけず
その小さな 可憐な花は そこにいました
a0107981_0453681.jpg

日本では「待雪草」 の名で 知られている 「スノードロップ」
そのちょっと 神秘的な姿のせいか いろいろな 言い伝えが あります
a0107981_0461383.jpg

「エデンの園から追放された アダムとイブが 雪の中を 彷徨っていると
悲しむイブを 慰めるために 天使が 雪に息を吹きかけ
それが 地面に落ち 春の兆しを告げる スノードロップ となった・・・」

「雪には はじめ 色が無かった
そこで 雪は 花々に 色を分けてくれるよう 頼んだが
どの花にも断られ 唯一 スノードロップだけが その色を分けてくれた
そこで 雪は 春真っ先に咲く 栄誉をスノードロップ に与えた・・・」 などなど

a0107981_0463714.jpg

スノードロップの花言葉は
「希望」 「なぐさめ」

昔から 人々は
この小さな 純白の花を 見つけたとき
「長くて厳しかった冬から ようやく抜け出せるわ~♪ 」と
ウキウキ したのに 違いありません

雪解けでどろどろのガーデンを 長靴で歩く人たちも みな
ニコニコ 嬉しそうに 眺めていました (^^
[PR]
by lesgalettes | 2009-02-17 01:27 | イギリスの花 | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧