2017年 06月 07日 ( 1 )

ウエールズのトースト と イギリスのトースト


先月のウエルッシュレアビットのレッスンの時に使ったのは
重すぎず軽すぎずのサワードウのパン
周りにシードがまぶされていて チーズともよく合いおいしかったのですが
これといってパンに決まりはなく~
食パンでも カンパーニュでも(穴が大きすぎると チーズが落ちちゃうけれど)
以前 ピクニックに持って行ったような バゲットの縦スライスでも

a0107981_10383188.jpg


日本の甘いふんわりパンはチーズに負けちゃいますが
そうでなければ 基本 なんでもOK
この日の朝は ブラウンのしっかり食パンがあったので
ウエルッシュレアビット
a0107981_10384382.jpg

朝ごはんらしく ポーチドエッグをのせたバージョンは Buck rarebit と呼ばれます
ふつうのウエルッシュレアビットは ウエールズ語で CAWS POB
卵をのせると 「Caws pob a wy」
う~む 難しい、、

a0107981_10385528.jpg

黄色に黄色
元気が出そうなウエールズのトースト

一方 イングランドのトーストといったら?
色々ありそうだけれど 最初に思いつくのは やっぱり「ビーンズオントースト」
缶詰のベイクドビーンズを温めて ただトーストにどば~っとのせて食べるという
摩訶不思議な というか 微妙な食べ物
a0107981_1039586.jpg

実はわたし ベイクドビーンズはあまり大好き~という食べ物ではないのですが
Waitroseのものは 比較的大丈夫なので ごくまれに気まぐれに食べます
でも食べて 思うのは う~ん なんてはっきりしない味、、、、
トーストは百歩譲っても ジャケットポテトのベイクドビーンズがけは絶対ないな、、
思うのです
一度チャレンジしてみたけれど やっぱり味がない上にのどが詰まって入っていかない
もちろんベイクドビーンズはイギリスの国民食のひとつですから
悪く言うつもりは毛頭ないけれど
毎回なんだかな~と思う食べ物のひとつ(^^;
じゃあ食べなきゃいいのにね
a0107981_10391512.jpg


でも次はもしかしたら美味しく感じるんじゃないかって、、、
子供の頃嫌いだったものが大人になって好きになるように

そう言えば 子供の頃は
生クリームもチーズケーキも
豆類全般(枝豆もお味噌も サヤエンドウもグリンピースも全部)も
カレーライスもみ~んな苦手だったなぁ
今は全部大好きだけれど
半熟卵もダメだったから ビーンズオントーストなんてもってのほか
レーズン類もダメだったから バラブリスもウエルッシュケーキもきっとNG

おとなになって良かった☆




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-07 17:37 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧