ポークパイとパイパーティー

近頃 ピクニックやおうち飲みでのおつまみにと 時折登場していた 「ポークパイ」
質問が多かったので 今日はちょっとその作り方を簡単にご説明☆
ポークパイはイギリスでは昔から食べられてるいわば国民食(?)のひとつ
ピクニックに持って行ったり オードブルに登場したり
パブのプラウマンズランチについていたり 毎日食べると言うものでもないけれど
イギリスでは折々遭遇する食べ物
Melton Mowbray のものがもっとも有名で
ここで作られたメルトンモウブレイポークパイはイギリス各地のスーパーでも買うことができます

「ポークパイ」 というくらいだから 要は豚肉のパイなのだけれど
他のパイ類とはかなり違います
まずは特徴的なのがそのペストリー
a0107981_10145684.jpg

「ホットウォータークラストペストリー」 と呼ばれるそのペストリー 作り方がとっても不思議
ラードと水をお鍋で沸かし 沸騰してラードが溶けたら
その熱々のラード水を粉に入れて混ぜる~というもの
しかもその生地が冷めると固くなり使えなくなってしまうので
温かいうちにすぐに伸ばして形作る作業をしなくてはいけないのです
冷やして冷やして作る他のペストリー類とはまったく対極の作り方
そこに詰めるのは
刻んだ豚肉とベーコン・ スパイスやハーブ類などなどで
この辺は作り手によってさまざま
この時は生のセージをたっぷりと 残っていたピスタチオを刻んで食感をプラス
a0107981_1015351.jpg

ペストリーを敷いた型にこのお肉をぎゅうぎゅうに詰め込んでペストリーで蓋をしたら
あとはオーブンへお任せ
生のお肉を深い型にたっぷり入れるので 大きいものになると
2~3時間の焼き時間は当たり前

今回は型を使って焼きましたが
この生地は他のバターを使ったペストリー類と違って 焼いている途中も形があまり崩れないので
焼き型は使わず 粘土のように手でペストリーを形作り
そこにフィリングを詰めて焼くこともあります
そのタイプのものは Hand-raised pie と呼ばれ よりトラディッショナルな作り方
a0107981_10151199.jpg

さぁ~ようやくポークパイが焼きあがりました
でも食べることができるのは まだまだ先
数時間おいてポークパイが完全に冷めるのを待ちます
そして ここからがまたポークパイのポークパイたるところ
お肉が焼けて縮み ペストリーとの間にできた隙間に コンソメゼリーを流すのです
だから蓋にはそのための大きめの穴を開けておくことを忘れてはいけません
そして待つこと一晩
完全にゼリーが固まったら ポークパイのようやく完成
こうしてせっかく固めたゼリー
間違っても温めて食べてはいけません~というのがお分かりいただけると思います^^

a0107981_10151894.jpg

ちょっと手間と時間がかかるし
イギリスならいくらでもお肉屋さんで美味しいポークパイが売っているので
手作り派はそうめったにお目にかからないけれど
これがおうちできたらちょっと自慢できる そんな一品

そしてこの日はこのポークパイが恋しい~というイギリス出身のN氏と一緒に
ポークパイパーティー☆

a0107981_10152586.jpg

ついでに他にもパイを色々作ってパイパーティーと相成りました

スターターは グリルしたお野菜を色々詰め込んだキッシュとポークパイ
メインは「ステーキ&エールパイ」とポークパイ(笑)
ステーキ&エールパイは これまたイギリスのパイ料理の代表選手
エールビールでじっくり煮込んだ牛肉のパイ
a0107981_10153462.jpg

そしてデザート
もちろんパイです^^
この時期はなんと言ってもアップルパイ
イギリスでは定番の組み合わせ 「アップル&ブラックベリーパイ」
生のりんごとブラックベリーに お砂糖とコーンスターチ少々をまぶしてパイに詰め込んで焼くだけのお手軽パイですが
熱々にバニラアイスを添えていただくのは本当に幸せ☆
a0107981_10154484.jpg


今回はビーフ&エールパイにはパフペストリー(日本でいう折りパイ)を使いましたが
アップルパイにはショートクラストペストリー
バターたっぷりのハラハラパイより
粉感多めのサクサクショートクラストペストリーの方が好きだから(^ ^)

それにしてもポークパイにしても他のパイ料理にしても
イギリスの人に食べてもらうのは お菓子と違ってちょっと緊張します
きっと子供の頃から慣れ親しんだ味があるだろうし それは
わたしがこうだよねって思い込んでいる味と全然違うかもしれないから〜
でもまぁ今回は一応なんとか及第点をもらえたようなので ほっと一安心
甘〜く採点してくれたのだと思うけれど …

お料理はいつも適当だから味の保証はしませんが パイ料理が食べたくなったら
またいつでもどうぞ☆
ちなみにリクエストされたカンバーランドソーセージは無理です!




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-11-21 08:40 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)
Commented by chakotea at 2016-11-22 18:20
31 years in Japan. 31 years.....dreaming of the Pork Pie Day that never came. But it came! Not only that but, in all pure honesty, I had the best Pie I have ever had and a wonderful day to wrap my memory up in safely for the future......until the next time, that is! Thank you Mariko.
I take back what I said about the Chicken & Mushroom Pie!!!!!!!
N
Commented by lesgalettes at 2016-11-23 20:56
chakotea さん☆
I'm glad you enjoyed chicken & mushroom pie as well! Next time chako will make it for you, and 'the best pie ever'... that's the best words for me to make me happy always, thank you so much:) So you are wellcome anytime you miss pork pie! to N


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧