ビートルートブラウニーwith チリ

パラパラ雑誌をめくっていたら
なんだか気になるレシピを発見

「Beetroot chocolate brownie with chili」
(ビーツ入り チョコレートブラウニー 唐辛子風味)
「まぁ なんて美味しそう!」 と思うほど若くはないものの
ビーツ好きを自称する身としては 興味心と食い意地には勝てず~

a0107981_18303277.jpg

材料もあるしなぁ~と
つい作ってみてしまうわけです (笑)
ビーツのピュレに溶かしたチョコレート
ベルベッティーな深紅色と なめらかなテクスチャー
a0107981_18304131.jpg

カイエンペッパー(チリ)も恐る恐る投入
これをいれずしてはこのレシピを試す意味はないわけですが
やっぱり辛すぎて食べられないのは避けたいですから

ついでにどうしようか使い道に困っていた
お砂糖とチョコレートとチリペッパーの入ったミルを 上にゴリゴリとトッピング
お砂糖ではなく お塩だったら 余計にこのブラウニーには合うのにな、、と思いつつ

a0107981_18305044.jpg

案の定 上にふりかけたお砂糖とチョコレートは溶けて消え姿は見えず~

さぁ 懸案の辛味はどうでしょう~
近頃はチリ入りやお塩入りのチョコレートも珍しくはない時代だから
たっぷりのビーツとチリが入ったブラウニーだって別にそう際物ではないのかもしれないけれど
おうちで作るお菓子としてはいかがなものか
リピートするほど美味しいのか~

a0107981_1831012.jpg


これがですね
実は結構おいしかったのです
またすぐ作ろうと思えるほどに、、、
普通イギリスのブラウニーのレシピって わたしですらも慄くほどに砂糖が入るのですが
そしてそのおかげで あの独特のしっとり感が出せるわけですが
これはビーツのおかげでそれほど砂糖を大量に加えなくとも ビックリするほどしっとり
そして 辛さは食べ終わった後 舌の上に意識を集中すれば
そう言えばほのかにピリッとするような、、、その程度
次はもうちょっとだけ 余計に加えてみてもいいかもね そんな感じ

コレステロールの薬を病院でもらいながら
「またケーキばっかり食べているんでしょう~
作ってもいいけれど 食べちゃダメ」 そんな無茶を言う病院の先生に
それはムリというものよ~と心で思いつつ 「は~い☆」 と 毎回調子よく返事をして帰ってくるのですが
ビーツとチョコレートのダブルポリフェノール効果があるこんなケーキなら許されるかも??



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-07-18 07:53 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧