トライフルとキャラメライズドオニオンタルト

さて では本題の今月のレッスンメニュー「ルバーブトライフル」について
日本ではなかなか美味しいトライフルにめぐり合うのは難しいので やっぱり自分で作るのが一番☆

個人的な好みで 先月に引きつづきルバーブ押し
甘みと酸味のバランスが最高で 本当に美味しいんです 「ルバーブトライフル」
なのでどうしてもルバーブがシーズンのうちに食べてもらいたかったのでした

まずはルバーブをざくざくカット
少しのお砂糖を加えて軽く煮ておきます あっという間に煮崩れるので簡単☆

a0107981_1025854.jpg
マデイラケーキ(一番プレーンなケーキ)を敷き詰めた器に シェリーを染み込ませ~
シェリー酒はドライやミディアムを使う人もいるけれど 私は断然 cream(スイートタイプ)派
ケーキに飲ませていると 思わず自分も飲みたくなるけれど そこは我慢がまん。。。
先程のいい感じにソフトになったルバーブをたっぷり上にのせます
続いてはカスタードものせて~
ちょっと冷やしたら あとは軽くとろみをつけた生クリームをのせてまた冷やすだけ

a0107981_10252148.jpg

なんてお手軽☆
そしてアレンジも自由自在
大人向けの お酒たっぷりのものは 「boozy トライフル」または 「tipsy トライフル」なんて呼ばれます
普通にいちごやベリーじゃつまらないと言うのなら
チョコレートスポンジ+キルシュ+ブラックチェリー+カスタード+生クリームで
「ブラックフォレストトライフル」
フィンガースポンジ+トフィーソース+バナナ+カスタード+生クリームで 「バノフィートライフル」
とにかくあるもので適当に作ってもなんとなく美味しくなってくれる優れもの

a0107981_10254549.jpg

大きな器に作れば豪華ですが 取り分けた姿が美しくないのが難点
今回は食べやすく一人用の器に作ります

イギリスのアンティーク屋さんでよく遭遇するのが 足のところがくるっと反り返ったデザートボウル
セットでも売っているけれど 柄違いのほうが楽しいかな といつも1つずつ買っています
まるで受け皿のようになっているので スプーンを置いてもいいし
イギリスのようになみなみにクリームを注いで 溢れても大丈夫~的な(笑)

お次は「キャラメライズドオニオンタルト」
これはBetty's のクッカリースクールで習って以来のお気に入り
タルトといっても甘いタルトではなく セイボリーのいわゆるキッシュのようなもののこと
とにかくシンプルな材料が新鮮です
なんと言っても フィリングは名前のごとくキャラメライズドしたオニオンだけですから。。。
a0107981_10255639.jpg

味の決め手は玉ねぎと共に炒めるたっぷりのフレッシュのタイム
そして最後に加える白ワイン
あまりに地味なので
ついついチーズやらベーコンやら入れたくなるのは分かりますが そこは我慢
このタルト 何かを加えれば加えるほど普通のありきたりのキッシュに近づいて行きますので要注意です

どのお菓子やパイを作っても
「これに何かを加えるとすると?」
「何かに置き換えるとすると?」 という質問が多いのですが
こればっかりは 何も加えないほうが美味しいなと思ってしまうレシピです。。。
a0107981_1026683.jpg

アツアツより 荒熱が取れたころが食べごろ
冷えた白ワインと共に前菜にぴったりの軽さです
チーズが入っていないため冷えても固くならないので 温めなおさなくても大丈夫
ピクニックや 持ち寄りパーティーなんて時にも便利です
a0107981_10261526.jpg

ボリューム的に今回のメインはトライフル
オニオンタルトはスターターといったところでしょうか


今月のレッスンも無事終わり
来月は夏休み~
皆さんはどんな夏を過ごされるのでしょうか
とにかく中途半端ではないこの暑さ 体力を消耗しないよう
わたしのように甘いものをいっぱい食べて この夏も乗り切ってください ^^
a0107981_10262480.jpg

暑くとも甘いものと粉ものだけは いくらでも食べられてしまうわたし
夏痩せ 夏バテはまだありがたいことに未経験ですが そろそろいい年なので 気をつけて行こうと思います

今月で一応 教室再開丸3周年
これもひとえに 暑い日も寒い日も台風の日も お越しいただく皆さんのおかげです
こんなマイペースなレッスンに 遠方からもったいないくらいの交通費をかけてきてくださる方には
それに見合う内容か少々不安になることも いまだありますが
遠い近いにかかわらず とにかく貴重な時間を割いていらしてくださる皆さん全員に
心より感謝しています

☆いつも本当にありがとうございます☆





☆お知らせ☆

9月のレッスンの日程はいつもよりちょっと遅くなりそうですが
7月28日or 29日にはUPする予定です
少々お待ちを、、、




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-07-27 02:23 | レッスン | Comments(3)
Commented by machiko at 2015-07-27 16:43 x
いつも楽しみにしています。
足がそりかえったガラスの器がとても興味深かったので、しばらくぶりに思わずコメントいたしました。
アンティークとのことですが、いつ頃のものなのでしょう。こういうデザインがその時代の流行りだったのでしょうか。ブログで書いてらっしゃるように、受け皿的な意味もあったのでしょうか。
Commented by lesgalettes at 2015-07-28 09:16
machiko さん こんにちは☆
私も詳しくないのですが、あのタイプのデザートボウルは古い物だとヴィクトリアンから、新しいものだと1980年代の物までみかけます。現行品でも作られているのかは〜?です。トライフルなどのデザートの他にグレープフルーツ用にも使われていたので別名grape fruit dishとも呼ばれます。あの反り返った脚は半割りにしたグレープフルーツをスプーンで食べる際に溢れる果汁をキャッチしたり、スプーンをおいたりする役割もあるのだとか〜可愛らしいシェイプですよね^ ^
Commented by machiko at 2015-07-29 19:37 x
lesgalettesさま
十分詳しい説明ありがとうございます。
グレープフルーツも入れるということは、イギリスのグレープフルーツは小振りなのでしょうか。
見れば見るほどとてもユニークでかわいいデザインです。
ひんやりガラスが冷えたトライフルがとてもおいしそうです。
おいしそうなお菓子とすてきなテーブルコーディネイトと興味深いお話をこれからも楽しみにしています。


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧