バノフィーパイ

さて 「バノフィーパイ」 について~

今ではイギリス中どこでも見つけることが出来るバノフィーパイですが
40年前はイーストサセックスにあるレストラン The Hungry Monk Restaurant
でしか食べることが出来ませんでした

Eastbourne から5マイルほど離れた小さな村にあるそのレストランは
17世紀に建てられたというなんとも落ち着いたコージーな佇まい
バノフィーパイはここの ランチやディナーのデザートとして出されていました
a0107981_109442.jpg
一応予約していったものの他にはほとんどお客さんの姿もなく
お店の方も優しい方で とってものんびりした記憶があります
が 残念なことに 2年程前に閉店
今はホリデーコテージとなっています
静かでいい所ですから バノフィーパイを偲びながら(?) 滞在するのもいいかも知れませんね(^^

a0107981_1095363.jpg

そして当たり前ですが ここのバノフィーパイが本当に絶品☆
たっぷりの生クリームにもかかわらず ぺろりと食べられる恐ろしさ
(イギリスの乳製品は本当においしい・・・)
そして コーヒーがとてもいい仕事をしていたのです
だから わたしも仕上げは チョコレートではなくコーヒー豆で。。

時代の流れにより オリジナルのお店が消えてしまったことは寂しいですが
このハングリーモンクレストラン 太っ腹なことに そのレシピを公開してくれているので
こうやって遠く離れた日本でも美味しいバノフィーパイを作ることが出来ます
なんてありがたいことでしょう
a0107981_1010199.jpg

レッスンでもオリジナルにのっとって作っているので 敬意を表して
Banoffee Pie ではなく 「Banoffi Pie」 と表記
(イギリスでは今はBanoffee のスペルが一般的ですが
ハングリーモンクでは Banoffi のスペルを使っていました)

オリジナルの味を大切にして欲しいという思いから公開していたと言うレシピのおかげで
皆が作ることができ 余計に人気が広まったのですね
うちがオリジナルだからとシークレットにするより ずっといいのかも(^^

では ここでイギリスのコンデンスミルク事情を見てみることに~
a0107981_10101637.jpg

いちごやかき氷にコンデンスミルクをかけないイギリス人
用途の多くは 「ミリオネアショートブレッド(ショートブレッドにトフィーとチョコレートをのせたもの)」
か「バノフィーパイ」
つまりいずれもコンデンスミルクを一度 トフィーにする必要があるわけなので
スーパーの棚のコンデンスミルクの隣には
すでにキャラメル化させてあるコンデンスミルクが必ずおいてあります
もちろん ラベルは「バノフィーパイ」 裏にはレシピまで
こちらはゆでずにすぐ開ければいいので イージーオープン缶
コンデンスミルクのほうはそのまま茹でるかもしれないので 缶きりで開けるタイプの缶
もちろんイージーオープンの缶でもお湯は入らないとは思うのですが
気分的に安心ですよね(^^

ハングリーモンクがつくった「バノフィー」 と言う言葉
あまりにも一般的になったため今では 単語として辞書に載っているほど
そしてスーパーをちょっと眺めてみると ありました バノフィー味のケーキトッピング
バナナとトフィーの粒々が入っているからバノフィー味(^^
ついでにバノフィーとは記載されていなけれど
ジャミードジャーのバナナ&トフィー味も発見
a0107981_10102643.jpg


バナナとトフィーとクリームの最強の組み合わせ
まだまだイギリスお菓子としては 42歳は中堅どころですが
おいおいトラディッショナルなイギリスプディングとして紹介されるようになることでしょう~☆



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2014-10-28 11:12 | レッスン | Comments(4)
Commented by なお at 2014-10-29 11:38 x
バノフィーパイ、食べたことないです(泣)。すっごくおいしそうーー。食べてみたいですー。山盛りの生クリームもふわふわでおいしそう。イギリス、やっぱり生クリームも味が違うんですね。。。コンデンスミルクといえばチューブのを買っていちごにちょっとかけては余って捨てる、ってパターンしかないので、へえーと思いました。
Commented by lesgalettes at 2014-10-30 15:19
なおさん☆
バノフィーパイ食べて欲しい〜コンデンスミルクで作るトフィーって案外あっさりしてて食べやすいんですよ。パンに塗って食べたくなる感じです^_^
Commented by nicecuppatea at 2014-10-30 19:12
こんばんは。忘れていた英国プディングの記憶が引き出しから引っ張り出されてきました~!!こんなにおいしいのにどうして日本にないのだろう、と思ったイギリスのプディングがトライフルとバノッフィパイでした(まだお子ちゃまだったのでしょうか。生クリームものばかり)。ただ、食べることも、見ることもなくなってはや10年近く。こちらのブログを見るまで、静かに記憶の底に沈んでおりました。それがやおら思い出されて無性に食べたくなっちゃいました(^^;コンデンスミルクでトフィーが作れるなんて!!全く知りませんでした。レシピもあるのなら、思い切ってつっくって見るのもいいかもしれない…ああ、食べたい…
Commented by lesgalettes at 2014-10-31 08:38
nicecuppatea さん☆
トライフルにバノフィーパイ、どちらも軽くて大人も大好きな味ですよね、私は同じ生クリーム系でもショートケーキなんかより断然好みです(^^)なかなか外では見かけないので、これは思い切って作ってみてください~☆


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧