プレーンスコーンと プレーンスコーン

先週金曜日 散り行く桜を惜しみ 近所の大学の構内で駆け込みお花見☆
ブランケットに紅茶のポット
バスケットにはスコーンと レモンカードと ルバーブのジャムを詰め込んで~

スコーンは2種類
プレーンと そしてプレーン・・・
違うのは 「粉」
日本の小麦粉と イギリスの小麦粉
a0107981_20525691.jpg

この日のお花見は5人
イギリスで知り合って 帰国後もこうやってたま~に集まって、、というメンバーだから
イギリスの味 懐かしがってくれるかな と
そして 最近あまりに食べ過ぎたせいか 違いがかえって分からなくなってきた私に代わり
分析してくれるかなぁ~なんて (笑)

分かりやすいように 日本のものは 「J」
イギリスの粉には 「B」 と写真にいれてみましたよ ↓ (^^
a0107981_20521973.jpg

ベージュがかっているのが イギリスの粉
同じになるよう フードプロセッサーで作ってみました
バターを加えた粉に 同じ量の水分を加えて~

あらまぁ なんて手触りの違うこと、、、こんなに違いましたっけ?
日本の粉はしっとりべたつく感じ
イギリスの粉は もっと水分足したいな~くらいの固さにまとまりました
この水分の吸収の速さと べたつかなさは さすが
イギリスの小麦粉は たんぱく質の含有量が10%前後のものが多く
だいたい日本の中力粉と同じくらい
粒子も粗いので 手触りもサラサラ
日本の小麦粉の あのおしろいのようにまとわりつくキメ細やかさはなく
砂時計の砂のように 指の間からサーッと落ちていくような粗さ

今回使ったイギリスの粉は 「セルフレイジングフラワー」という ベーキングパウダー入りタイプ
イギリスでは スコーンにしても ヴィクトリアサンドにしても
このふくらし粉入りの小麦粉をよく使います
ふるわなくてもいいし お手軽ですからね^^
使ってみないと どのくらい膨らむか分からないのが玉にキズ ではありますが。。。
a0107981_2052315.jpg

しかも うちに残っていたのは賞味期限切れ間近の ふくらみが悪くなっているであろう粉(^^;
でも とりあえずベーキングパウダーは加えずに 焼いてみました

やはり ちょっと膨らみは弱いけれど 一応許容範囲
面白かったのは 日本の粉(国産薄力粉)のほうが ラフな肌質
セルフレイジングフラワーのほうが つるっとした滑らかな立ち上がり
a0107981_20524395.jpg

割ってみると 色合いの違いはあれど
弾力や 質感はあまり大差なし 若干イギリスのほうがしっかりしているかなという程度
香りは 違います
日本の粉ほうが 甘い香り
味も 日本の粉のほうが甘さを感じます
でも正直 焼く前の生地のちがいと比べたら 焼成後の差はそれ程でもなし
目をつぶって食べたら 分からないかも、、、

と思いつつ みんなの意見を聞くと
日本の粉のほうは 口の中ですぐに溶けてまとわり付くような感じがする~
イギリスのほうが 粉の味がする・・・etc

日本の粉を国産ではなく 普通の薄力粉で作れば
もっと分かりやすい違いが出たのかもしれませんね
きっと もっとふんわりした仕上がりになったはず

でもね 最近思うんです
「イギリスで食べるスコーンは 本当に美味しい
イギリスの粉で作るスコーンと 日本の粉で作るスコーンは全然違う」 なんてよく言うけれど
国産小麦で作ったスコーンとは そこまでは大差ないんじゃないかと
ただ 確実に違うのは イギリスの空気(気分)と雰囲気
例えば 高級ワインを散らかった部屋で ご飯茶碗に容れて飲んだ場合と
素敵な空間で きちんとしたワイングラスで飲んだ場合とでは 絶対に味は違って感じるように
人間が感じる食べ物の味は
それ自体の成分だけではなく いろいろなものが作用して脳に伝えられるから
イギリスで食べるスコーンが 美味しく感じるのは仕方がないといえば仕方がない。。

ふむ 。。
何を言いたいのかよく分からなくなってきましたね
まぁ 要は わたしは国産の粉で作ったスコーンも
イギリスの粉で作ったスコーンも 両方好きということです(笑)



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2014-04-15 00:05 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)
Commented by 山口もも at 2014-04-16 09:14 x
スコーン焼き比べ、おもしろいですね~。

私も安田さんの意見に賛同で、国産小麦粉で作るスコーンとイギリスのスコーンは近いなーと思いました。
今は、日本でもあちこちで小麦粉を作る方もいらっしゃって、地粉も手に入りやすくて嬉しい。私が手に入れた国産小麦(自家製でご自宅で粉もひいているもの)はイギリスの小麦粉と同じくらい灰色がかっていました。
国産小麦で、うどんやお焼きを作らず、お菓子を作る。というのが、日本の新しい小麦粉文化となりますかね??
Commented by lesgalettes at 2014-04-16 20:55
ももさん☆
土曜日の粉の説明の際、地粉だと近いものが作れますよ〜と聞き、実はちょっとホッとしてました。なにせ、その前日あまり変わらないよな、、、と思っていたところだったので^^;
近頃日本ではパン作りには国産小麦というのがブーム。お菓子にも派生しつつあるとおもいますよ☆
それにしても製粉まで自家製の粉いいですね!


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧