パンで作るお菓子

前回 サマープディングとタルトタタンについて書きながら
「あ~これがあったっけ」 と思い出したお菓子がありました
ちょうどサマープディングと タタンを足して割ったような
「アップルシャルロット」

洋菓子好きの人が 「シャルロット」 といって 頭に思い浮かべるのは きっと
ビスキュイ生地の中に ババロアを流して固める冷たいケーキ
でも イギリスのシャルロットは 大分様相が違います

まずは中に詰める フィリングの準備
りんごに砂糖やバター レモンやシナモンを加えてピュレ状に加熱 それだけ
そして さらに簡単なことに
ビスキュイの代わりには なんと食パン そのまんま☆

a0107981_9465741.jpg

溶かしたバターを食パンに塗りながら 型に敷きこんでいきます
本当は 大きく作るのだけれど 今日はなんとなく 小さいものと 中くらいに分けてみようかな・・
そして 先ほどの食パンの中に りんごを詰めて
またパンで蓋をしたら オーブンへ~
a0107981_947113.jpg

パンがこんがり狐色になったら 出来上がり☆
型には前もって バターを塗って お砂糖をまぶしつけておいたので
外側はラスクのような風味の焼き上がり
a0107981_9471999.jpg

温かいうちにいただきます
スプーンをいれると 中には 優しい味のりんご
ね これちょっと 温かいバージョンサマープディングのようではないですか
パイ生地より お腹に優しそうだし 冬にはもってこい

材料はパンとバターとりんごなので 朝ごはんにもなりそうだけれど
小さく作って 温かいカスタードを添えれば デザートにもOK
サマープディングより パン感が出るので 人によってはちょっとボリューミーかもしれないけれど(笑)
a0107981_9473176.jpg

大きめに作ったほうが フィリングに対するパンの割合が少ないので より軽い感じです
かのアントナン・カレームが ビスキュイにババロアをつめるスタイルを作るまでは
フランスでも このパンにフルーツをつめるスタイルが 「シャルロット」だったそう

「シャルロット(フランス語で貴婦人のかぶる帽子)」 に似ているからその名がついた
というのが定説だけれど
イギリスでは かなり前からこのお菓子は存在し その名前の由来のほうも
ゲーテの小説のヒロインの名前から とられたとか
ヘブライ語で「schaleth」 という カリカリのクラストのなかに甘くてスパイスの効いたドライフルーツをつめたものからきているとか~
ジョージ3世の王妃の名前に由来したとか 諸説あるよう

なんにせよ 昔の人の 残りもののパンをおいしいお菓子によみがえらせるその術に
ほんとうに感服します
だってこれが残りもののパンだった なんて信じられないくらい美味しいお菓子が
他にもたくさんあるのですから~

今月のレッスンでは その中から
「ブレッド&バタープディング」
「トリークルタルト」 を 紹介しています ^^

☆☆お知らせ☆☆
1月13日(祝)10:00~ レッスン空席できました



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2014-01-08 10:54 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧