マナーハウスのアフタヌーンティー 3

バースのアイコン的存在の ロイヤルクレセントは
1767年に建築家 ジョン・ウッドにより建てられたジョージ王朝様式建築の傑作
世界遺産の一部ともなっているこのロイヤルクレセントの ちょうど真ん中あたり 16番に
Royal Crescent Hotel があります
マナーハウスとはちょっと違うけれど
歴史ある瀟洒な館でのアフタヌーンティーということで
ここもついでにご紹介~

a0107981_23225319.jpg

この有名なテラスハウスの前に 一体車をつけていいものかと迷っていると
ホテルからドアマンが出て来て 車を動かしてくれました
この弓状の建物の内部は 一体どんなことになっているのかというと
そこにはフロントと ちょっとしたラウンジがあるのみ
奥へと進むと 驚くことに目の前にちょっとした緑のガーデンが広がります
その奥にあるのがホテル部分
a0107981_23231114.jpg

ラウンジはちょっとく暗めなので お天気さえ良ければお庭で頂くのがお勧めかも
紅茶はいろいろ面白いものがあります
名前が気になりオーダーした Black Mystic Buddha は
紅茶に リコリスやレモングラス ・ サマーベリーなどのブレンド
若干黒味がかったその紅茶は意外とさっぱり
a0107981_23233335.jpg
ケーキもシンプルながら お味は上等
木の葉型のパッションフルーツのタルトも ラズベリーとチョコレートのケーキも
ともに酸味が効いていて飽きずにいただけます
一番上段には スコーンと並んでバースバンズ(バース名物のちょっと甘めのパン)
どうしても似かよりがちのアフタヌーンティー
こういうちょっとした特徴のあるものがプラスしてあるとうれしいですね☆
バースの喧騒から外れて ゆっくりした時間が過ごせます



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2012-04-29 02:22 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧